2011年08月26日

東京駅八重洲口を歩いていると

おもちゃの「プラレール」の専門のお店がありました

青い線路と新幹線などの電車の模型を走らせていました

夏休みでもあって

お子さんもたくさんいました



そのお店に入ると目が輝く人がいました

「この線路のつなぎ方はまだまだやな」と言いながら

あっちを見たり、こっちを見たり

まるで子供のように見入っていました



私が

「最近流行りのはやぶさがない」というと

「いや、あそこにある」と場所を指差して

キッチリとすでに把握できていたりします

「これ、すごいね」などというと

「いや、ここのところの連結はもう少し・・・・」と

がんばって講釈を言い始めます




私が子供の頃、男の子はよくこれで遊んでいたものですよね

みんな子供のころにはいろんな夢や希望があったんだろうなと思わされました

けど、相当口やかましい子供もいたのかもしれませんね





私の子供の子供にも買ってあげようかなと思っています

葬祭コーディネーター寺本恵美子sionteramoto at 23:30│コメント(0)トラックバック(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介

・株式会社オフィスシオン 専務取締役
・儀典オーガナイザー(NPO法人FBO認定)
・1級葬祭ディレクター
(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)
・日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー
・ホームヘルパー2級

オフィスシオン携帯サイト
QRコード モバイルサイト用
最新記事