2010年10月

2010年10月29日

 緊急告知です。

10月31日に予定されていた、C&R BIG1コンテストですが
台風14号の影響により、日程が変更されました。

11月7日 に開催されます。

今年の紅葉は例年に比べて遅れているため11月7日頃が
紅葉狩りにベストとおもわれます。


siosakana at 17:04 

2010年10月28日

3c48b5a7.jpg塩原の山々を錦に染める紅葉の季節が来ました。紅葉狩りも楽しいですが、
この時期もう一つの楽しみが有ります。それは渓流魚達の産卵です。
我が家の前を流れる箒川では、山女達の産卵床があちら、こちらで見られます。外部から見えにくい場所ではひっそりと岩魚達の産卵が見られます。
写真の場所は?沢と箒川合流部で?沢の吊り橋直下です。この場所では
毎年大岩魚が産卵しており、今回の魚は三年前から同じ場所て゜産卵しています。魚長は40超で牝です。今年も元気な姿が見られた事が大変嬉しいです。
今年はさらに嬉しい事が、写真の場所付近にもう一か所大岩魚の産卵が見られました。二か所で35~40超の大岩魚が6~7匹もいました。
大岩魚が生んだ子供たちが元気に育つ事を祈る日々です。
山女・岩魚の産卵が終わるとC&R区域で虹鱒達の産卵が始まります、すでにカップリング行為も見られる時があります。この時期は山々だけでなく川の中も
見てください。運が良ければ魚達の産卵が見られます。

追) C&R BIG 1  コンテストの日程延期
  10月31日(日)に開催予定のC&R BIG 1コンテストですが台風14号の影  響により。11月7日に変更されました。
  


siosakana at 08:46 

2010年10月19日

14eef8b1.jpg10月18日に箒川支流にヤマメ・イワナの稚魚放流を綴りましたが
それを見た知人から、もだし(一般名:ならたけ)、の写真を見たいとの
問い合わせが多数有りました。
塩原は大自然豊かな町です。岩魚・山女だけではなく、春は山菜(こごみ・タラの芽)夏は(みず菜・乳茸)秋は(キノコ類)などの自然の恵みが釣りの合間に採れます。
今回の写真は、稚魚放流の帰り、道なき道の山中で見つけた、もだし、です。
我が家ではさっそく、キノコ汁+キノコ飯で頂きました。うんまいものです。
家族全員で自然に感謝です。又キノコ採りにいぐべー・・・!!


siosakana at 10:28 

2010年10月18日

973ceaf8.jpg漁協のオジサンと地元釣りクラブの有志で10月18日に箒川支流(四支流)にイワナ・ヤマメの稚魚6,000匹の放流が実施されました。
集合場所へ着くと、熊はどうだ、出ているのか? と熊の話で持ちきりです。今年は各地で熊の被害が連日のようにニュースをにぎわしており、熊よけの鈴を持ってはいますが心中穏やかでは有りません。
二班に分かれ、稚魚の入った袋を軽トラに積み込み、放流場所の車止めまで移動。放流箇所が各班7~8箇所ほど有るため、急ぎます(のんびりしていると稚魚が死んでしまうからです)今年も、山を下り・藪を漕ぎ・河原で滑り、ながら背負い籠で稚魚を運びます。・・・放流後の道なき道の登り、これがキツイ。
カラータイマーがピコン・ピコンと鳴り始め、熊出没は頭の中からすっかり消えていました。又オヤジギャグも出なくなり、出るのは玉の様な大粒の汗だけです。
毎年の事ながら・・・シンドイ。
そんな時、放流からの帰り道に地元で「モダシ」と呼ばれているシメジ類のキノコが大量に収穫できました。疲れはしましたが自然の恵みに感謝しながら無事に今年の稚魚放流が終了しました。

siosakana at 14:37 

2010年10月15日

74b9a8cd.jpg






C&Rエリア情報◆

 

塩原温泉C&Rエリアも各河川の禁漁にともない、多くのお客さんが

 

釣りを楽しんでおります。

 

秋の紅葉(まだちょっと早いかな)を楽しみながら釣りはおすすめです。

 

◇放流

 

10月23日(土)と31日(日)に放流を予定しております。

※天候・河川状況のより変更する場合があります。

 

◇コンテスト

 

恒例イベントの「第7回ビックワンコンテスト」を10月31日に開催いたします。

 

〇日釣り券(子供は無料)購入者が対象です。

 

〇部門は3部門で「成人男子」 「成人女子」 「子供」(小学生以下)

 

〇副賞は無料宿泊・次年度の遊漁券等々です。

 

〇審査方法は長さ(cm)を競うものとする。

 

〇計測は「ブレス」横の駐車場、前11:00〜12:00まで。

 

〇表彰は「ブレス」横の駐車場、正午12:00からです。

 

※コンテスト特別ルール

10月31日日の出〜午前中のみ、釣り上げた一番大きな魚一匹のみ確保しておいて良いものとする。

2匹目以降は小さい魚を速やかに放流するものとする。



siosakana at 10:27C&Rエリア放流 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ