2014年11月

2014年11月29日

ae51c22e.jpg11月29日(土) C&Rエリアにニジちゃんを放流しました。
今回で11月の最終放流です。
今日は朝から雨で肌寒い放流日です。・・・ですが川中のニジちゃん達の活性は高い様であちらこちらで大型虹チャンのライズを目撃しました。
監視員さんのお話では「産卵期」も終わりに近づき魚達の活性が高くなっているとの事。産卵が終わった魚達がお腹をすかしているそうです。
(監視員さんが先日ね試し釣りを行ったところ面白い釣りができたそうです。詳細は漁協発信のメルマガを参照ください)

*写真は雨の中でカッパを着て放流する漁協のオジちゃんです。

*次回放流は 12月6日です。


siosakana at 10:33 

2014年11月22日

0603c15f.jpg11月22日C&Rエリアに大型ニジマスを放流しました。

*放流時は晴天で風もなく穏やかな朝でした。・・・気温は低いけど
今回も大型のニジちゃんです。
川中では「産卵準備」のニジちゃん達の姿がみえました。カップリングです。
元気な子供達が生まれる事が楽しみです。
今回の放流サイズは、40〜50cmです。このサイズをバケツに入れて運ぶと
尾びれでバケツのフタを吹き飛ばし暴れて大変なのよ。放流場所にたどり付く
前に脱走する輩もいますね。

*来週も放流するよ。

*写真は大暴れのニジちゃんです。


siosakana at 11:58 

2014年11月15日

dc7f874f.jpg11月15日(土) C&Rエリアに大型ニジちゃんを放流しました。
川中にいるニジちゃん達は「恋の季節」が到来で、小砂利の浅瀬に沢山の産卵床が見えます。
この時期は餌を食べるより子孫を残す事に魚達は集中しているため、尚更フレッシュな魚を入れないと釣れませんよね。
釣り人の皆さん恋をしているニジちゃん達の邪魔をしないように注意してください。又 産卵床はくれぐれも踏まないようにお願いします。生みたての魚卵がつぶれたり、流されたりします、こちらも要注意です。
産卵床は他の河底より白く綺麗になっているので一目で分かります。

写真は今日の放流で撮影た「産卵床」です。

siosakana at 09:46 

2014年11月08日

feb6daf7.jpg11月8日、箒川渓流エリアにヤマメ・イワナの「稚魚」とヤマメの「発眼卵」を放流しました。

*今日は放流続きです。C&Rの放流終了後、組合長が「お疲れさん・温かい物を飲んで一服してくれ」といつもの差し入れです。缶コーヒーを飲んでいた時に、
組合長から衝撃的に一言が・・・この後、稚魚と発眼卵の放流だ!! だと。
カッパは発眼卵の担当です。水温が低いため水中に腕を入れるのは冷たくて辛いのよ。
でもの孵化が楽しみです。12月中頃に確認する予定です。
渓流エリアではヤマメの産卵床が各ポイントで確認できました。箒川のヤマメ達も頑張っています。

写真は放流したヤマメの「発眼卵」です。



siosakana at 14:04 
b89f31b7.jpg

11月8日(土) 午前8時よりC&Rエリアに放流しました。

*川底にはヤマメと思われる「産卵床」が多数みえました。ニジマス達も早い魚は産卵が始まっているようです。とんでもなく大きな産卵床が数か所見えました。
釣り人の皆さんペアリングのニジちゃんを見かけたら邪魔しないように気を配ってくださいね。

今回の放流は大型です。写真は放流後、足元に近づいて来たニジちゃんです
。元気ですよ



siosakana at 13:47 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ