2014年12月

2014年12月20日

58602921.jpg12月20日(土)
 .筌泪疊眼卵の孵化状態確認
◆C&Rエリアへのニジちゃん放流
 
*上記二件を実施しました。路面や河原に18日降雪による積雪がウンザリするほど積もっていました。ふ化確認も放流もどちらも河原を歩く必要があり
積雪をかき分けながら実施しました。長靴のフェルトは凍りつき歩くと滑って大変危険な作業でした。(外気温−1℃で川びだれ、はしない様に最大の注意が必要です)

*ヤマメ発眼卵孵化では孵化率94%です。放流籠18個で失敗は一つだけでそれもフタが開いており籠中にヤマメ稚魚とカジカが入っていて、こいつらに卵が食われたと思われます。他の籠には死卵もなくほぼ全て稚魚になって籠の外へ出たとおもいます。

写真は放流籠で稚魚が一番多く残っていたものです。


siosakana at 16:58 

2014年12月16日

12月20日(土) 午前8時よりC&Rエリアに放流します。

さらに発眼卵(11月8日箒川本流に放流)の孵化状態を確認します。今年は12,000粒を上塩原地区〜古町地区に放流しました。
今年も昨年同様にヤマメの卵です。全ての卵が孵化して元気な赤ちゃんヤマメの姿が見られると良いのですが。

注意事項
今年の冬は寒い日が続いています。道路や河原が積雪で凍結していますので交通事故や冷たい水中で転ばない様に(川びだれ)注意してください。
今日も一面雪景色でした。くれぐれもご注意してください。


siosakana at 16:18 

2014年12月06日

cda4c44b.jpg12月6日 午前8時からC&Rエリアにニジちゃんを放流しました。
今回の魚は成魚で体長30cm程度の釣りごろの魚です。

*放流時の外気温は−1℃、水温6℃です。
放流に集合した漁協のオジちゃん達も防寒対策バッチリでした。
釣りを楽しむ方達も防寒対策をしています。
塩原は冬に突入です。箒川C&Rエリアへお越しの方は冬用タイヤ・防寒対策などをお願いします。
又 川中を歩いた後に岩に足を乗せるとフェルトが凍結して非常に滑りやすく
なります。くれぐれもバランスを崩して「ずぶぬれ」にならないように注意してください。
(川中で転び、ずぶぬれ、になる事をここの方言では「川びだれ」と言います。)

写真は福渡橋からの放流様子です。





siosakana at 14:02 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ