2015年09月

2015年09月29日

台風の増水後に2回C&Rエリアでは放流を実施しています。
水は素晴らしく綺麗で川底の小石がハッキリと見えます。
釣りをしない方でも川中の魚達が見えるほどです。

各渓流では渓流釣りが禁漁になりましたが箒川C&Rエリアの釣りは
お天気が比較的安定するこれからが本番です。
紅葉と渓流釣りが楽しめる場所は塩原箒川C&Rエリアだけと思っています。

※ C&Rエリアでは「フライ・テンカラ・ルアー釣り」専用区域です。
 エサ釣りや魚の持ち帰りは違反行為なので絶対にしないでください。

10月放流よてい

放流日; 10月3日・10日・24日・31日
放流魚; 大型虹鱒
※ アルビノ(40cm) ・ 特大虹鱒(70~80cm)も合わせて放流します。
  
放流に付いては随時にお知らせします。
渓流釣りの時間は、まだまだ、たっぷりと有りますよ。





siosakana at 22:58 

2015年09月23日

豪雨により塩原でも道路の陥没や法面崩れ、さらには河川敷の
がけ崩れなどが発生しました。
未だに立ち入り禁止状態の場所もあり心配が今後にも続きます。
そんな場所の一部ですが見て来ました。
箒川も大きく流れを変えましたが山々も姿を変えました。


※ 上塩原⇔元湯線

上塩原から元湯温泉へ行く道が、陥没や法面崩れで一時は完全孤立でしたが
現在はう回路経由で通行が可能になりました。

道路陥没の現場です。大きく陥没しており今にも赤川に崩れそうです。
赤川の「カッパ淵」の真上になります。
道路陥没


道路法面が大きく崩れました。
崩れるほどの急斜面ではなく、いつも安心して通行している場所でした。
法面崩れ2

法面崩れ


道路より少し離れた場所ですが赤川沿いの崖が大きく崩れ
土砂や木々が大量に赤川に流出したようです。
がけ崩れ



赤川発電所西側の赤川の崖が大きく崩れました。とんでもない規模です。
川沿いの土砂は4mほどの高さがあります。
崖上部は別荘地で建物の土台付近から崩れています。
別荘崩れ

別荘崩れ2



赤川発電所へいく国道との取り付け道路で法面崩れです。
通行止めになると、発電所・別荘・地元住民(5軒)が孤立します。
入り口崩れ


siosakana at 15:29 
先ほどコンビニの経営者から連絡が来ました。
内容は、と言うと・・・先に捕獲した「大岩魚2匹・ヤマメ・カジカ」を放流した。
との事でした。
※コンビニのおやじ⇒塩原漁業組合理事委員長です。

大岩魚・・・つかみ取り池の清掃時に捕まえた「尺物と40up」です。
ヤマメ・・・台風直後に打ち上げられたヤマメ達10匹以上です。
カジカ・・・台風直後に打ち上げられたカジカ(成魚)数十匹です。

全ての魚を「鮎オトリ」を入れるタンクでエサを与えながら
保護していたそうです。

全ての魚が、ひれピン、の綺麗な魚体との事で素晴らしい事だと思います。

カジカ・・・解禁時の魚ですが、これも含まれているのかな?

カジカ


尺物岩魚

尺岩魚


40cmupの大物岩魚

40cm岩魚


※10月半ばから末にヤマメ・岩魚の産卵が始まると思われるため
川を監視しながら産卵状態を確認したいと思います。
尚 今年も「発眼卵・稚魚」の放流は実施される予定です。

siosakana at 11:43 
9月21日の朝ですが、救急サイレンを鳴らしながら消防のレスキュー隊が
走っていきました。ちょうどC&Rエリアに放流している時間帯です。
漁協のオジちゃん達も、一斉に「何だ・なんだ」と気をもんでいました。
塩原は台風の降雨による被害の状態がやっと落ち着きを取り戻しつつある
ところでの、緊急サイレンですから無理もありません。
間もなく、防災ヘリも飛来し大騒ぎです。
警察・消防・地元消防団が出動して皆が塩那スカイラインに向かっていきました。
後に判明したことですが、渓流釣り師の2名が沢釣り(つる沢)に入り自力で下山できなくなり
救助を要請したとのこどです。
幸いにも2人は怪我もなく無事に救助されましたが・・・9月21日では
塩原箒川の本流、全支流(今回の支流含む)は禁漁です。
(栃木県内の全河川での渓流魚の釣りは禁漁と思います)
他県の方でした。

※禁漁時期に釣りに入る = 密漁ですよね。さらに救助を求めるなど
大変な恥をかき又関係者や家族に叱られた事とおもいます。

漁協の組合長を含め役員さん達は「もっての外だ」と激怒しています。
一部のルールを守らない釣り人によって真面目な人達まで周囲から白い目で
見られる事が無い様に注意したいものです。


この山中に「つる沢」が有ります。魚は少なく又小さい沢です。

つる沢


箒川の水位も通常値に戻りました。
写真は八幡橋上流です。・・・川がとてもきれいです。

八幡橋上


siosakana at 10:41 

2015年09月21日

9月21日午前8時よりC&Rエリアに虹鱒200kgを放流しました。
放流時に2日前に放流したニジちゃん達を目視できました。
流れになじんで元気そうです。
川中に魚が泳いでいる姿を見るのは良いものです。
この連休はお天気も良く穏やかな塩原です。
釣り人も・観光の方も多いように思います。

野立岩の東側にそびえる「天狗岩」です。綺麗でした。

天狗岩


松屋裏の露天風呂(岩の湯)へ行く道が破壊されました。
階段がなくなり、使用禁止になっています。

露天風呂階段


19日に放流した魚達と今回の魚達です。

虹鱒


釣り人の風景です。放流時には20名程の人たちが竿を振っていました。

釣り人


siosakana at 11:20 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ