2016年05月

2016年05月28日

5月28日午前10時から予定通り、中/上塩原地区に
ヤマメ(成魚)300圓鯤流しました。

早朝より沢山の釣り人で河原が埋まっていました。
100名以上の方はいたと思います。

小生は諸用のため放流は出来ませんでしたが
早朝と夕方は確認できました。・・・夕間詰め狙いなのか
沢山の釣り人が竿を振っていましたよ。


朝7時頃の上塩原地区にある駐車場です。
この時点で30台以上がありました。

アスファルトの駐車場
駐車場1
アスファルト北側の砂利駐車場
駐車場2


夕方5時の釣り人です。・・・上塩原の河川公園前

歩道橋下です。橋から見るとヤマメの姿が見えました。

釣り人2

元禁漁区ですね
釣り人1



siosakana at 17:27 

2016年05月23日

ヤマメの追加放流を実施します。

放流日時 : 5月28日(土) 午前10時頃より
放流場所 : 中塩原(塩原支所裏の堰堤上流)~上塩原(宮島橋下流の堰堤まで)
放流魚  : ヤマメ(成魚)
放流量  : 300
遊漁券  : 全魚種期間券・雑魚期間券・雑魚日釣り券
        (C&R日釣り券は使用不可です)

※ 午前10時に集合し放流を開始します。

  場所によっては午後になる可能性が有ります。

  可能な限り細かく各場所に放流する予定です。
  
※ 放流場所は予め漁協で定めたところです。他の場所に釣り人がいても

  放流する可能性は低いですよ。

@ 放流時に「ここに放流して!!」という釣り人が多いですが、全員に公平に

   実施する事は不可能なため、漁協では放流場所を事前定めています。

尚 放流場所は、組合長・放流計画担当者の2名以外の漁協役員は

   事前には知らされていません。・・・これは間違いない事実です。

   当日の放流場所で放流量を含めて組合長より指示があります。

 ※ 他の河川では、鮎の季節ですが「塩原箒川」ではまだまだ、渓流釣り、です。
   
   釣り人の皆さん・・・楽しまなければ大損です。



siosakana at 21:59 

2016年05月15日

5月15日(日)C&Rエリアに虹鱒150圓鯤流しました。
今回の放流は、BIG1グランプリの賞品である
「竿先放流100圈廚盥腓錣擦討里發里任后
晴天で、微風の釣り日和の箒川です。

放流風景です。

今日の大型虹鱒です。40~60cmほどのニジちゃんです。
釣り人が「でかいね~~~」と喜んでいました。

大型鱒

今回の放流場所です。皆さんは説明は必要ないと思います。

放流場所

お約束の竿先(足元)への放流です。漁協のオジちゃんが
せっせと魚を運びます。

足元放流
足元放流2

放流風景です・・・いつもの作業です。

放流
ほうりゅう2


※5月28日(土)は渓流エリアの中塩原/上塩原地区に「ヤマメ追加放流300圈廚
実施予定です。

siosakana at 12:07 

2016年05月14日

5月14日(土)晴天の下で稚鮎60,000匹を放流をしました。
暖かく(暑かった)微風の日でした。
C&Rエリアを含め、箒川全域にカワイイ鮎達を箒川に泳がせましたよ。
水温(C&Rエリア)18℃と鮎にもふさわしい日です。

釣り人の皆さん「子供の鮎」が釣れた場合は速やかに放流をお願いします。


放流です。


稚鮎です。可愛いよね。10cmほどのサイズです。

鮎

いつもの放流風景です。放流後の鮎が気になり見つめています。

放流1

お互いに相談しながらの放流です。

放流2


上塩原地区の放流した時に渓流釣り師(若い方)に出会い、釣果を見せてもらいました。
魚籠には、綺麗な「ヤマメ・イワナ」が入っていました。
魚影は濃いですね。

イワナ


※ 稚鮎達が7月の鮎解禁までにスクスクと育ってくれることを願うばかりです。

明日はC&Rでの放流です。


siosakana at 20:38 

2016年05月12日

今週末(5月14日・15日)の放流予定です。

・14日(土)午後
 稚鮎の放流・・・箒川本流に稚鮎60,000匹を放流します。

・15日(日)午前8時
 C&Rに大型虹鱒150kgを放流します。
 27年度BIG1グランプリの賞品である「竿先放流100圈廚盞鵑佑泙后

数日間降り続いた雨も止み今朝は晴天の塩原です。箒川C&R及び本流とも

釣果が良いようです。特に本流では、4月の解禁時に放流した

大型イワナがポツポツ釣れています。

昨日も降雨の中で知り合いの方が、40cmクラスのイワナを含め釣れていると、

笑顔で話をしていました。

既に尺越えイワナを5匹は釣ったようです。

エサは川虫が良いようです。



siosakana at 08:24 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ