2016年10月

2016年10月29日

10月28日C&Rエリアに大型虹鱒100圓鯤流しました。

今日の塩原は風が強い日ですが外気温は13℃とちょっと暖かい日です。
放流開始時には各所に釣り人の姿が見えましたよ。
風に苦労している様です。

今日の放流風景


錦帯岩です。大型虹鱒と釣り人です。
(バケツの中を覗き込み・・・でっけ~~~・・・と喜んでいました)


今日の魚
錦帯岩の釣り人


松屋裏の釣り人と放流風景です。
(松屋裏の放流は人による手渡しです。)


露天風呂前の釣り人
松屋裏の放流



大岩プールです。遊歩道にはギャラリーの観光客です。


大岩プールの放流


駐車場前の放流風景です。


駐車場の放流



バス旋回場前の放流と、テンカラ釣り師です。


バス旋回場の放流
テンカラ釣り


次回放流: 11月5日 朝8時

放流魚: 大型・超大型虹鱒。

※11月6日はC&RのBIG1コンテストです。対象は虹鱒です。
 詳細は漁協のチラシ又はホームページでご確認をお願いします。



siosakana at 09:40 

2016年10月27日

C&Rエリアに放流を実施します。

日時 10月29日(土) 朝8時〜
放流魚 大型虹鱒
放流量 100

※ 紅葉が始まった塩原です。例年より一週間遅れかな・・・?
  
 風が吹くと川面に落ち葉が流れて木の葉が針掛かりして釣りずらい季節の始まりですね。

 今日(10/27) C&Rエリアの松屋裏を覗いてきました。流れる落ち葉の下に大型ニジちゃん達の
 
 姿が沢山見えました。

 魚は豊富です。

 
※ 11月6日はC&Rエリアの「BIG1コンテスト」です。
  今年のチャンプは誰になるのか、楽しみです。
  紅葉の中での釣り大会は絵になりますよ。
  暖かい日であれば良いのですが。


siosakana at 14:54 

2016年10月22日

C&Rエリアの釣り人が10月に入り、多数になってきました。

この事に伴い、釣り人なのか観光客なのか分かりませんが一部の方で駐車マナーが悪い、と

地元の方や釣り人から指摘が出て来ました。

バス旋回場の駐車場でマナー違反が目立つようです。ここは市内の定期バスの旋回場

であり、一部は地元の方も御使用中です。

※ 他の車の前裏側や斜め駐車、バス旋回場のゴミ置き場やその横の電柱付近、
タイヤ屋さんの車の前裏側及びバス走行ライン (バス停を含む) には駐車はしない様にお願いします。


この場所は漁協も駐車場としてお借りしているため、悪いうわさが流れると使用禁止になる

可能性があります。

バス旋回場よりは下流になりますが、駐車場があるため無理に車を止めないで

空いている場所を御使用になる様に、ご協力をお願いします。

駐車方法も含めて釣りマナーであると認識をしています。

皆でマナー・ルールを守り、楽しい釣りをして頂きたいと思います。

釣り人各位の御理解と御協力をお願いします。


siosakana at 17:28 
今日(10/22)もヤマメの産卵を見て来ました。
写真の撮影者は漁協ポスターの撮影者です。
毎年この時期に魚の情報を伝えて撮影をお願いしています。

昨日とは別場所のヤマメ達です。
カッパが川に付いた時には既に大型山女魚を見つけて撮影していました。
昨日の場所とは100mほど下流になります。


今日の山女魚です。小型に見える魚でも
推定20cmは有ります。

ヤマメ三匹

ヤマメ二匹


他の場所にいた45〜50cmの超大型山女魚
上部から慌てて撮影したため、乱反射+上半身の写真になります。
体が細いため産卵は終わった山女魚かな

超大型山女魚


※ 尺越え山女魚が何匹いるのやら、とにかく大型山女魚の産卵が目立つ箒川です。
 産卵床も川100mほどで16か所もありました。
 

siosakana at 15:17 

2016年10月21日

今日(10/21)の午後は時間が取れた為、箒川本流でのヤマメの産卵状態を
確認しました。

今年は暖かい日が続いたためにヤマメの産卵も若干遅れ気味ですが
川中を見ると沢山の産卵床が確認できました。全て山女魚ですね。
そんな中で、とんでもないサイズのペアーも見えました。


ヤマメの産卵状態


ヤマメの産卵床・・・小砂利が綺麗です。周辺にはここを含め5箇所の
産卵床が有りました。

ヤマメの産卵床


他の産卵床にいた、親山女魚です。1匹だけ確認できました。

産卵床の山女魚


これも他の場所にいたヤマメのペアーです。サイズは20〜25cmほどです。

ヤマメ


凄い大型山女魚です。サイズは目視で40cm、ヒレや婚姻色が綺麗なヤツです。

大型山女魚


大型山女魚のペアーです。目視で40cm、2匹で仲良く泳いでいます。
(岸際のヨシの中を出入りしており、見つけ難い魚です)
この様な大型山女魚のペアリングを見たのは初めてです>

大型山女魚のペアbsdm

今年も沢山のヤマメ達が子孫を残すために産卵をしています。
この環境を永久に守っていきたいですね。




siosakana at 15:43 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ