2017年12月19日

発眼卵の孵化確認

今日(12/19)午後に放流した発眼卵の孵化状態を確認しました。
11月11日にヤマメの稚魚の放流と共に発眼卵を放流しました。
今年は気温も低く寒い日が続いています、これに伴い水温も低いですね。

※各所に放流した籠の中を確認しました。
おおよそ全域で数匹の稚魚が居る事を確認しました。
他は全て籠から無事に脱出したようです。


放流場所の最上流部の籠です。死卵が数個有りますが他は全て
赤ちゃんヤマメになりました。

卵あり

放流場所で中流域の籠です。ここでも数匹の稚魚が居ました。死卵は0個です。

稚魚


※今年の死卵数は全てで10個ほどで孵化率「99.9%」です。
 弱肉強食の厳しい自然界ですが全てのヤマメが育ってくれると良いですね。



siosakana at 15:58 
livedoor プロフィール

箒川の主「塩原河童...

  • ライブドアブログ