June 30, 2006

スーパーアグリ新車はドイツGP以降。ドライバーは・・・4

チームのオフィシャルな発表によると、「SUPER AGURI F1 TEAM」の新車「SA06」は、ドイツグランプリから投入することになった。以下は公式プレスリリース、

『待望のSA06が来月末にホッケンハイムで開催されるドイツGP でデビューすることになった。SUPERAGURI F1 TEAM のニューマシンは当初、フランスGP での発表を予定していたが、マシンの発表を1レース遅らせることとした。一日も早くSA06を完成させるため、チーフテクニカルオフィサーのマーク・プレストンはカナダGPとアメリカGPを欠席した。この期間にSA06 はFIA のクラッシュテストをすべて合格し、チームとしては大変うれしい知らせを受け取っている。マニクールのレースまでにSA06 のデザインと製作を完了させるという予定であったが、SA06に使用するギヤボックスのスペックを決定するのにかなりの時間を要したために、スケジュールに大きな影響が出てしまった。さらに先月、風洞施設で技術的なトラブルが発生し、すべてのモデルテストをやむを得ず5日間停止することとなった。スケジュールの遅れを取り戻すために、チームは労働時間をさらに増やすという努力を重ねたが、最終的には7月28日から開催されるドイツGP をSA06 の発表の場とするのが現実的という結論に至った。』

要するに、フランスグランプリに投入予定だったけど、ホンダがさっさとギヤボックスをよこさなかったのと、風洞がトラブっちゃったから遅れた。でも頑張ってクラッシュテストには合格したよ!!って感じでしょうか?

新車はF1速報によると、エアロダイナミクス的にダウンフォースが「SA05」から1割増、エンジンはホンダ製「RA806E」でそのままだが、エンジンを2.5cm下げれるのでこの分の低重心化によってのタイムアップが期待できる。ギヤボックスはホンダのシームレスギヤボックスだが、カーボンケーシングではなく、アルミ製のものらしい。またこれによりハイドロ系も一新。モノコックはアロウズ「A23」を流用したものだが、前後サスペンションはホンダ・ブリヂストンの協力の下、新たに開発・設計されている。

これにより、約2秒のタイムアップが期待される。ただ、それはちょっと言いすぎじゃないかと思う。でも確実に0.5〜1秒のタイムアップは出来るでしょう。

一方、フランスグランプリでのドライバー変更の件に関しては、一切報じられていない。ただ新車がドイツグランプリまで出ないので、フランク・モンタニーは母国グランプリを走れるのではないかと思う。少なくとも山本左近を旧車でレースデビューさせようとは思ってないはずだ。

まあしばらく安泰な佐藤琢磨は、次戦アメリカグランプリは本人にとっても非常に思い出深い地であろう。2004年のレースで3位表彰台を果たしており、それを知ってる現地のファンにサイン攻めに遭ってるらしい。

「昨年は残念な理由で出場することはできなかったけれど、もちろんここは僕にとって最高の想い出がある大好きなサーキットのひとつだよ。それにここのファンはとても熱心に応援してくれるのでとてもうれしいね」

と本人は笑顔でコメントしている。荒れた展開になればひょっとしたら入賞も不可能ではないかも。

siotakuf1 at 18:27│Comments(0)TrackBack(2)clip!過去の記事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スーパーアグリ、SA06をドイツGPで投入!  [ にこらすの徒然なるままに・・・part2 ]   June 30, 2006 21:50
スーパーアグリフォーミュラワンチームは自身の公式サイトでSA06をドイツGPから投入すると発表しました。 当初チームはマニクールまでにSA06を完成させる予定だったが、SA06に使用するギヤボックスのスペックを決定すむme8
2. ブリヂストン  [ CAR Mania ]   July 04, 2006 14:24
ブリヂストンブリヂストン(BRIDGESTONE)は、ゴム、タイヤメーカー。1931年3月1日、福岡県久留米市で創業。本社は東京都中央区 (東京都)|中央区京橋1-10-1。フランスのミシュラン、アメリカ合衆国のグッドイヤーに並ぶタイヤ会社世界3強の一つ。世界シェアは約20%。 社名は...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール

Red Tuka

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター
三重県の天気
トラックバックピープル