勝負師の競馬徒然草

馬券と闘い、JRAと闘い、回収率向上を目指すブログ

大して興味も無いけどグランプリ


枠順が確定し、奇跡的に今日は時間があるので、一応記事にしてみよう

決して予想ブログでもなければ、勝ち馬当て記事でもない
いうなれば、クソクソJRA批判と、なんだろね的なボヤキの内容である



今回の中山グランプリ
出走馬の父親で仕分けすると・・・・・


ディープインパクト      7頭
ハーツクライ          3頭
ステイゴールド        3頭
スズカマンボ         1頭



16頭中14頭がサンデーサイレンスの仔を父に持つ馬達だ


残りの2頭も母系がサンデーサイレンスなので、出走全馬がサンデーサイレンスの血を持つ馬達による競走である事が分かるのだ


更に12頭が社台の生産馬


サンデーサイレンスを配合するのに、一番上手いのは誰だ?争い

史上最高のメンバーとか、クサレマスゴミは持ち上げているが、死ぬほど面白くないグランプリである





調教師にしても

角居        3頭出し
池江        3頭出し
須貝        2頭出し

その他も、社台コバンザメ調教師のオンパレード



しばらく競馬から離れているが、より一層ひどくなってるやんけぇー
ほぼオワッテルな、ニッポン競馬





こんなグランプリは、人気など気にして馬券を買っても、クソ面白くも無い
なので、面白くなったらイイな、という願望で馬券アプローチを試みる



過去10年のグランプリで、1番人気でブッ跳んだのは2007年のメイショウサムソンのみ
この年のグランプリは、勝負師はマツリダゴッホからシコタマ儲けたのでよく覚えている、ついでに儲けた翌日、まだ小さかった我が娘が公園で遊具から落っこちて、顔面をケガする事故があったので、更によく覚えている

周りからは 『〇〇さんが儲けすぎるから、娘さんがケガしちゃったじゃないっすかぁ、可哀そうに・・・・』 と何十人にも言われたので、ムカツクがホントに良く覚えている


この中山グランプリというレースは、9月以降2戦消化というのが理想
特に、JCをパスして天皇賞から直行する馬が、配当面で非常にオイシイ


【天皇賞直行のグランプリ優勝馬】
ドリームジャーニー
ダイワスカーレット
マツリダゴッホ



では、優勝馬の9月以降出走回数を列記


オルフェーヴル      2回
ゴールドシップ       2回
オルフェーヴル      2回
ヴィクトワールピサ    3回
ドリームジャーニー    2回
ダイワスカーレット    1回
マツリダゴッホ       3回
ディープインパクト    2回
ハーツクライ       2回
ゼンノロブロイ      3回


9月以降に4回使っている馬は皆無で、3回がヴィクトワールピサとマツリダゴッホとゼンノロブロイの3頭

それぞれの3回の着順を見てみよう


ヴィクトワールピサ        4着       7着      3着
マツリダゴッホ           7着       1着     15着
ゼンノロブロイ           2着       1着      1着





3歳馬は菊花賞優勝馬が直行で挑む以外は全てイラナイので、今年は3歳馬を考慮する必要は無い


更に天皇賞直行馬も、ラブイズブーシェが出ないので1頭も居ない



今年は金鯱賞からの馬が4頭も居るというヘンな年




9月以降に2回使った、前走JCとエリザベス女王杯からの馬で検証しよう


ワンアンドオンリーは菊花賞優勝馬でなく、尚且つJCに出走しているのでイラナイ
ジェンティルドンナは5歳牝馬の好走例は皆無で、全くイラナイ

フェノーメノ、秋2回で、天皇賞・JC共に1.0秒前後の敗戦、コレは非常に買いである

デニムアンドルビー、秋2回、フェノーメノ同様馬券的には積極的買い

エピファネイア、秋2回、前走JCで走りすぎ、前掛かりな気性だが、コーナー6回のバイアスは合うだろう、しかしこんな人気する事が分かっている馬は買っても儲からない

ジャスタウェイ、秋2回、前走JCでも能力を発揮、中山では割引だし、何よりヤネがクソ中のクソである、ましてや人気確実だし、こんな馬を買わないのが馬券の肝である

メイショウマンボ、秋2回、元々鉄砲はダメだから2.0秒3.0秒負けようが、そんなものは一向に関係がないが、ジャスタウェイ以上にヤネがクソクソだから、全くイラナイだろう


ラキシス
中山こそ初だが、小回り内回り共パフォーマンスを落とさない馬なので、バイアス自体は問題ない
持続力での斬れ味勝負には非常にシブトイ適性を示す
栗東での最終追いもラスト加速Lapで調子落ちは無い
なにより強調材料は、角居師がクリスチャン・デムーロを、エピファネイアでもなく、デニムアンドルビーでもなく、この馬に乗せる事だ

川田が引き出す能力が80であれば、クリスは250ぐらいを引き出せる



クソ面白くも無いグランプリで、唯一買ってもイイかなぁー、と思える馬

他に買いたい馬は、フェノーメノゴールドシップしかいないが、ラキシスの単勝でレースを観戦で良い



社台の、社台による、社台の為のレースで、サンデーサイレンスだらけの運動会を真剣になんて買ってはいられんばい!!!






時間が出来たから、更新でも・・・



勝負師が若かった頃、年長者と付き合うのは非常にウザく、『クソオヤジの言う事なんか、聞けっかよ』と思っていた
しかし、自分がクソオヤジとなってからは、若者と付き合うのは非常にウザく、尚且つ疲れる・・・

ふと思うと、勝負師は若い頃から、カネは底知れず欲しかったし、イイ女を何人も所有したかった、車はイタリア車に乗りたく、クルーザーやゴルフ場をも所有したいと思っていた
だが、若者は  女は面倒   カネは要らない   寝てれば幸せ   食うのはハンバーガーでイイ  などと言っている

ガツガツした若者って居ないのか????出会いたいものだ
ウチの社員も個人主義というか草食系というか、オッサンになっても若いネーチャンを口説き倒す勝負師を見て、冷ややかな表情を浮かべる

いっちょ前の社会人になってから他者批判を行えっコノヤロウ!!!!!

っとまぁ、ボヤキはこのへんにして

今週は天皇賞
競馬から遠ざかっている勝負師に、 『面白い馬が現れた』  という情報を齎した古い友人が居た
その馬の名前は エイシンヒカリ

なるほど、リプレイを観るが、気風の良い小細工無しの逃げ、直線でのヤンチャぶり
確かに面白い
馬に我慢させる事だけに終始する現代競馬に対するアンチテーゼのような馬だ
暫く注目したいが、ブッ壊すのだけは関係者は避けるように願いたい






天皇賞
かつてこのレースでは、笑っちゃうほど人気馬がコケ、根本や大崎ショーちゃんが勝つという、非常に楽しい面白いレースであった
グリグリが思いっきりスッ飛ぶというのは、自民党が惨敗する時ぐらい痛快な気持ちである

さて勝負師的アナーキー考察に入る
断っておくが、予想ブログでは無いし、真剣に読むと頭がおかしくなるので、注意して閲覧して欲しい


まず、過去10年天皇賞での1番人気成績
4・3・1・2

複勝率は80.0%で、馬券の中心は1番人気馬なのか??

跳んだ2頭は下記
ブエナビスタ(5歳時)
スイープトウショウ(5歳時)

つまり、ピークを過ぎたかつて強かった牝馬を1番人気にしてしまう、ドアホウ馬券ファンが居る時に限り、1番人気馬は負けるのだ


天皇賞好走馬の前走という観点では、毎日王冠が挙げられる
これは、毎日王冠というレースに比重が置かれるという事より、間隔と、更に重要なのは距離延長で臨む馬が良いという事、距離短縮の京都大賞典・オールカマーからの転戦馬は、軒並み惨敗を重ねている

この天皇賞というレースは、悪徳主催者の意図によって馬場が改修されるたびに、その適性を変貌させている

80年代後半から90年代に於ける適性はスピードであり、90年代後半からは暫くスタミナを問われるレースとなった、そして最近はまたスピードに偏重する傾向なのである
今年がどうなのかは、秋開催の府中に鍵がある


毎日王冠経由馬
スピルバーグ
ダークシャドウ
ディサイファ
ペルーサ


終わってる7歳馬2頭はシカトとしても、ガイジン馬主が恐れ多い天皇盾を奪取する可能はゼロなので
毎日王冠経由馬では、スピルバーグだけが残る



次に宝塚記念直行馬は下記
ジェンティルドンナ
デニムアンドルビー
トーセンジョーダン


5歳牝馬はお客さんだし、8歳馬はカンシカ(完全シカト)、デニムアンドルビーにしても狙いは次なのは間違いないので、この組からは拾う馬は居ない



次は札幌記念経由馬
ラブイズブーシェ

いかにもローカル配合で、実際に小回り平坦か洋芝の適性が高い、坂のあるキレキレ府中でパフォーマンスを上げる事は無い



ココを完全に狙って来ているイスラボニータ
クラブ法人で重い配合だがエピファネイア
3歳時に好走しているフェノーメノ


例えばシンボリクリスエスの芝2000m以上1000万条件以上、過去5年で抽出すると、勝率は5.7%
回収率は軒並みドン底だ
確かにモンテクリスエスとかエピファネイア自身は勝っているが、レースレベル自体に問題があるので、血統的裏付けによって好走した訳では無く、単に相手が弱かったから能力で勝ったに過ぎない


フジキセキなどは2000m以上の距離での好走馬は、ほぼ人気馬しか居ないので、積極的に買っても儲かる訳がない
つまり、距離に適性が無い事は明らかである
ただまぁ、魔術師クリスを配した陣営の意気込みはハンパでは無い事は見て取れる


フェノーメノは適性はあるし、能力も高い
しかし、京都の天皇賞からの直行馬はジャガーメイル・トーセンジョーダンをはじめとして、惨敗の山を築いている
要は、直行が予定通りであった場合を除き、ダメダメなのである
それに、狙いは次だろう

ココを勝った勲章より、次の勲章の方が種付け料はハネ上がる
叩きの馬にカネを投じてはならない




面白いのはマーティンボロ
かわいそうに、コロコロとヤネを替えられ、血統もブランドも能力も一流なのに、クソ調教師が社台の顔色ばかりを覗っているので大成しないが、今回は川田で臨むので買うのは面白い
勝っても人気にならないこの馬のようなタイプは、勝負師は非常に好物である

坂のあるコースでの勝利は中京のみ、東京は初見参で課題山積だが、クソ人気馬を買ってレースを観るよりよっぽど健全なのだ





マーティンボロから入って
来ないとは思うし、購買意欲は殆ど無いが勝負がかりのイスラボニータ
天皇賞請負調教師のスピルバーグ
能力でフェノーメノ
押さえの押さえでエピファネイア

この4点で良い

いや、スピルバーグとの1点で良い

なんならマーティンボロの複勝を1000万円ぐらい握って観戦するのも良いなぁ~~



って、馬券に1000万投じるなら、会社の設備投資に回すに決まってる

今の競馬に本気になるってバカげてるだろ?

あぁ、みんなバカだったね、ごめん


チャンチャン





ご無沙汰ダービー


まったく、独立する時に周りの人間が言っていた

『サラリーマンの方が楽』    『独立したら休みなんか無くなる』



結構、テキトーな事を言ってると思っていたが、ほぼ当たっているね☆
馬券よりは簡単な予測なのだろうか????


新人の教育では、ホントに考えられない事が続出する!!
カネはイラナイ、おネーチャンは面倒くさい、寝てる時が一番幸せ、何を食っても感動は無い



クソでしょ、クソ
んじゃ、生きる必要は無いから、〇〇でくれ・・・・・・・

そんな時に、同世代の経営者が言う
『カリカリしたってしょうがないよ、彼らを異星人或いは異国人として接しないと、コッチの頭がやられるよ』


カネを稼いで、イイ女を抱きまくり、食いたいモンを食いたいだけ喰う、寝る時間なんか勿体ない、遊んで遊んで遊び倒せぇーーーーーーーーーっ

わたしだけなのだろうか??寂しい限りだ







さて今週は東京優駿だ
このレースは買ってもイイだろう、儲けようなどという邪な気持ちを捨てて

正直、出走メンバーもよく分かってないのだが、中山で行われた過去20年の皐月賞の着順ごとの次走成績という観点で列記してみる
※次走が東京優駿以外は除外する



皐月賞1着馬           5・2・2・8      ※除外⇒2008年キャプテントゥーレ

皐月賞2着馬           1・2・2・14

皐月賞3着馬           4・1・1・7      ※除外⇒メイショウボーラーなど6頭

皐月賞4着馬           0・1・2・13     ※除外⇒コスモサンビームマイネルタンゴ2頭

皐月賞5着馬           0・0・0・6      ※除外多数

皐月賞6着馬           1・1・0・5      ※除外多数

皐月賞7着馬           0・0・0・8      ※除外多数

皐月賞8着馬           0・0・1・9      ※除外多数




ご覧のように、皐月賞では3着以内に走っていなければ全くイラナイので、上位3席の複勝率を列記


皐月賞1着馬           52.9%

皐月賞2着馬           26.3%

皐月賞3着馬           46.1%






では、過去10年の東京優駿での一番人気馬のプロフィールを見てみよう (血統とかそういう類の考察ではないよ)
2004年~2013年

 年度             前走             至る成績          東京優駿での確定着順
2013年        京都新聞杯1着         4・0・1・1                1着
2012年          皐月賞2着          3・2・0・0                4着
2011年          皐月賞1着          3・2・1・1                1着
2010年          皐月賞1着          5・1・0・0                3着
2009年          皐月賞1着          4・0・1・0               12着
2008年        NHKマイルC1着        3・4・1・2                1着
2007年          皐月賞3着          4・0・1・0                7着
2006年          皐月賞1着          5・3・1・1                1着
2005年          皐月賞1着          4・0・0・0                1着
2004年        NHKマイルC1着        5・0・1・0                1着



まとめると、皐月賞1着馬が5頭
NHKマイルC1着馬が2頭
その他は、重賞1着や皐月賞の2・3着馬



皐月賞を優勝した馬が東京優駿で1番人気になるのは、シロート投票の多いこのレースならではだが、シロートのシロート眼をもってしても、皐月賞の1着馬より強そうだ、と判断されている馬達が居る
面白いので、皐月賞の1着馬が東京優駿で一番人気になれなかった事例を解析してみよう


記憶に新しいところで昨年のロゴタイプ
この馬は、皐月賞を勝っていながら、一番人気を京都新聞杯を勝って駒を進めたキズナに譲ってしまっている
しかし、とは言っても、得票数での差は僅か10万票程度であり、まぁ一番人気同点と考えても良いだろう


2012年の皐月賞1着馬はゴールドシップ、しかし東京優駿では皐月賞で負けたワールドエースを、シロート達は一番人気に支持している
内田のインチキ騎乗があったからか??はたまたステイゴールドとディープインパクトの差なのか?歴然としない


2008年の皐月賞1着馬は、戦後に戦線を離脱
しかし、まぁ出走していたとしても一番人気はなかっただろう、何しろこの年は皐月賞で負けたマイネルチャールズが2番人気、そして芝のレースを一度も使った事の無いサクセスブロッケンが3番人気に支持されているという異常な年で、出走メンバーのレベルに問題があったという事だろう


2007年も、皐月賞をキッチリと負けたフサイチホウオーなる駄馬を、シロートファン達は一番人気に押し上げている
皐月賞を完全フロックで勝った、これまた激弱のヴィクトリーを2番人気に支持している
牝馬が勝ってしまうが、牝馬に勝たれるような低レベルメンバーであったという事



2004年も、皐月賞を低評価で勝ったダイワメジャーではなく、他路線経由の馬をファンは支持した





東京優駿に於いて、皐月賞1着馬が一番人気に支持されない時は、要するに皐月賞のレベル自体に問題があって、やむを得ずファンの食指は他路線経由や、或いは皐月賞で負けた馬に動いているという証拠となろう





では、今年はどうなのか??
皐月賞1着馬のイスラボニータという馬、勝負師自身はリアルタイムでレースを観ていないので何とも言えないが
フジキセキでクラシックのド頂点というのは、如何にも笑ってしまうほどあり得ないのではないか???
ヴィクトワールピサが3着程度だったように、走っても掲示板程度が関の山だろう

しかし、まぁ恐らくシロートファンはイスラボニータを一番人気に支持する事はほぼ間違いなさそうだ


今年の場合は、NHKマイルCの優勝馬がエントリーしていないので、選択はかなり容易となる


皐月賞で大敗しているトーセンスターダムタガノグランパアドマイヤデウスの3頭は一円もイラナイ

他路線経由で負けているサウンズオブアースマイネルフロストスズカデヴィアスアズマシャトルサトノルパンワールドインパクトもイラナイだろう

芝未勝利のエキマエはそもそも話しにならない、一体どこの駅なのか??



フジキセキはイラナイから、要するに



トゥザワールド
ウインフルブルーム
ハギノハイブリッド
レッドリヴェール


が濃厚で

ベルキャニオンショウナンラグーンワンアンドオンリーをホンの少しでイイんじゃないだろうか?



スペシャルウイークよりはキングカメハメハの適性が、このバイアスにはマッチしているだろうから

軸はトゥザワールド


ヨレイチに乗り替わっちゃった牝馬は・・・・・・うーん、このヤネは勝負師的にはホントにヘグリだと思っている



トゥザワールドから都合6点でレースを観戦しよう






更新は、また暫く無いと思います。

ではでは

記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ