しらちゃん日記

マラソンとトレイルランと時々犬猫な日々

近所のネコモン

車の下から出てきたかと思ったらバイクの上に飛び乗ったよ。地域猫で、けっこう人にはなついています。

20161206a


20161206b


(2016/12/4(日)撮影)

はだの丹沢水無川マラソンで富士山を眺める

20161204a


ほとんど写真をとらなかったので選手用の豚汁を撮影したものをアップ。遅くにもらったせいか豚がはいっていなかったな(笑)。きょうは女房と一緒にはだの丹沢水無川(みなせ)マラソンのハーフマラソンを走ってきました。夫婦そろって今年で7年連続。私のタイムは1時間51分21秒とふるいませんでした。左足のケガが治っていないので完走で満足です。

このレースでは雪で真っ白になった富士山を眺めることができます。7.5km過ぎ、8.5km過ぎ、9km地点の3箇所です。最初の地点は前方ではなく横に見えるので、坂を登るのに必死だと気がつかない可能性が高いです。回りの人たちと「見えた見えた」と言いながら走っていましたが、「下を向いて走っていてはだめですね」と言っていた人がいました。どうしても上り坂で視野が狭くなりがちなので、初めて参加する人はしゃきっとして富士山が目に飛び込んでくるのを待つべきでしょう。

スタートはCブロック(1時間45分ぐらいの申請)のほぼ後尾でしたが、ロスタイムは46秒でした。ゴールは正面にフィニッシュゲートが見えたところで曲がり、600mぐらい走ることになります。

行き帰りともに無料シャトルバスが出ますが、帰りはゆっくりと水無川(みずなしがわ)の横の遊歩道を歩くのもいいと思います。会場から秦野駅まで約3kmです。

20161204b


【大会概要】
・大会名:第12回はだの丹沢水無川マラソン
・開催日:2016年12月4日(日)
・開催地:神奈川件秦野市の秦野市中央運動公園
・開催者:秦野市、秦野市陸寿尾競技協会
・交通:小田急線秦野駅ないしは渋沢駅から無料シャトルバスあり。秦野駅からの方が便数が多い。
・種目:ハーフマラソン、5km
・コース:水無川の脇から走り始め、大倉(県立秦野戸川公園)までぐるっと回るコース
・距離表示:1kmごと
・給水:ハーフマラソンで3箇所
・計測:ランナーズチップ
・記録証:当日発行
・参加者数:不明だが3000人くらいか?
・参加料:ハーフマラソンは4000円、5kmは3000円
・参加賞:半袖Tシャツ、不二家のお菓子パック、リンレイのトイレクリーナー(不二家とリンレイは大会の特別協賛)、ゴール後にカントリーマアム2個とアミノバイタル
(最下部の写真を参照)
・大会URL: http://www.hadano-minase.jp/

20161204c

パク・バンイル構成・演出『冬物語』

20161203


座・高円寺2で演劇を見てきました。ウィリアム・シェイクスピアの『冬物語』で、上演は本日12月3日(土)とあす4日(日)にそれぞれ2回。私が見たのはきょうのマチネー(14時から16時半)。シチリア王を演じる安藤慶一は『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』に出ていた人ですね。アングラ的なコメディー演劇はごくたまに見たことがありましたが、シェイクスピアは初めてでしたよ!

2015年にウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)に出てリタイアした時に、リタイアした者同士でコンビニで夜を明かして友だちになった人がこの舞台に出ていて、鑑賞のお誘いを受けました。原作を読んでからと思って松岡和子訳のちくま文庫版を買っていたのですが、ラトビア旅行でどたばたして読めず。読んでいなかったので逆に新鮮な気持ちで鑑賞することができたかもしれません。原作はこれから読みます。「読んでから見るか、見てから読むか」(古い!)は後者となりました。

加藤則芳『メインの森をめざして』の深い味わい

20161123


だいぶまえの8月11日(山の日)に読み終えた本ですが、とてもすばらしい書物だったのでblogで紹介しておきます。加藤則芳『メインの森をめざして アパラチアン・トレイル3500キロを歩く』平凡社、2011年、2800円(+税)

友だちがFacebookで紹介していたのを見て買いました。二段組み638ページというあまりのボリュームに持ち運びを躊躇して、読み始めるまで時間がかかりました。読み始めたらあっというま。ページ数が気にならなくなりました。

「メインの森」は「メイン州の森」という意味です。アパラチアン・トレイルには北上ルートと南下ルートの2種類がありますが、気候などの条件から圧倒的に北上ルートが多いようです。北上ルートのゴールがメイン州のカタディン山。この本は著者(2013年没)が2005年にアパラチアン・トレイルを北上ルートでたどった151日の記録です。

このトレイルに挑戦しているとびっくりすることは、いつでもどこでも「トレイルエンジェル」と呼ばれる人がたちが出てくることです。アパラチアン・トレイルのハイカーのための無償での搬送や食料提供をおこなう人たちのことです。と、それだけ書くと単純なアメリカ礼賛のように思えるかもしれませんが、著者はアメリカのキリスト教原理主義、貧富の差、共和党政権による自然破壊などにもするどく言及しています。やはりこういうトレイルや自然をめでる人たちにとっては、民主党政権から共和党政権に変わると落胆が大きいみたいで、ドナルド・トランプが大統領になったら、そりゃ生きた心地がしないだろうなといま思いますよ。

この本を読んで初めて、加藤氏が信越トレイルをたちあげたひとりだと知りました。信越トレイルの公式ガイドブックを本棚から取り出してみたら、加藤氏の名前がありました。信越トレイルが開通した時に公式マップを買ったのですが、まだ行けていません。そろそろ本気で考えないとな。

アパラチア地域で、スコットランド系やアイルランド系の移民が祖国の音楽をだいじにしながら生きているという記述を読んで、そのことをテーマにした『歌追い人』という映画(2000年、日本公開2003年)を思い出しました。これは本当にいい映画で、サントラCDも買ったな、と思っていたら、この本のなかでもその映画に言及していました。

こうやっていろいろな知識や体験がつながっていくのが楽しいな。

つくばマラソンは33kmからあとは歩いてしまったよ。。。

昨日11月20日(日)は毎年恒例のつくばマラソンに女房と参加してきました。タイムは4時間54分33秒でした。タイトルのとおり歩いてしまいました。スタート地点までのロスタイムが1分2秒という条件の良さと、中間点で1時間51分10秒というタイムで、サブフォーはぐらいはなんとかなるかなと思っていたのですが、27km地点で女房に抜かれ、33kmでエネルギーがなくなりおまけに腰痛と左足の痛みがかなり出てきたため歩きに切り替えてしまいました。左足は7月のおんたけウルトラで足裏の筋肉を切ったところです(症状としては足底腱膜炎のようですが医師の診断は筋肉断裂)。一夜あけて左足の底にはちょっと異物感がありますが、歩行には問題はなし。レース3日後の水曜日にヨーロッパ旅行に出かけるので、足をひきずるような事態にならなくて良かったです。

この大会は昨年からウェーブスタートになりましたが、昨年3段階だったウェーブが今年は4段階になり、昨年飛躍的に改善されたスタートロスが今年も改善されました。

昨年:9:00、9:10、9:20(A〜Cが9:00、DとEが9:10、Fが9:20か? 説明がなかったので不明です。) 私は9:10のスタートのDブロックの最後尾でスタートロスは1分53秒。

今年:9:00、9:06、9:13、9:20(AからHまでの8区分で2区分ずつのスタート。) 私はEブロックのうしろ気味の方でスタートロスは1分2秒。

(エントリー時の申告タイムは今年は4時間で申請。昨年は3時間45分ぐらいだったかもしれません。ウェーブスタートが導入されるまでは、4時間のランナーで約5分かかりました。)

スタートロスが5分ってベストタイムを狙うときには痛いですよね。私はあくまでもグロスタイム派です。なのでつくばマラソンのウェーブスタートは画期的だと思います。

【少ないけれど写真集】

つくばエクスプレスの研究学園駅でバス待ちの行列。関東一帯ですごい霧が出ていたようです。

20161121a


昨年は7時37分ごろこの駅について会場に到着してからかなりぎりぎりだったので、今年は7時25分ごろに到着しました。バスに乗り込めたのが7時38分ごろ。会場に着いたのは8時5分前でした。

40km地点のランナー。6時間近いランナーですが、足取りはしっかりしていました。走っていただけ私よりましです。

20161121b


帰り道は例年どおりバスは使わずつくば駅まで2.5kmほどの歩き。紅葉を楽しめました。が、最後に中央公園でこんなものがありました。

20161121c


これ、江崎玲於奈の同像でした(呼び捨て)。楽しい散策の最後にいやなものを見たな。

【大会概要】
・大会名:
・開催日:2016年11月20日(日)
・開催地:茨城県つくば市
・開催者:つくば市、筑波大学他
・交通:つくばエクスプレス
・種目:フルマラソン、10km
・コース:筑波大学をスタート・ゴールとする変則ループコース。
・距離表示:1kmごと。
・給水:12箇所(その他私設エイドあり)
・計測:ランナーズチップ
・記録証:当日発行
・参加者数:約1万8千人
・参加料:7千円(フルマラソン)
・参加賞:地元特産品とタオルから選択(地元特産品はお菓子3種類から1個選択)
・大会URL: http://www.tsukuba-marathon.com/

TOHOシネマズ川崎で『シン・ゴジラ』のあとは歌舞伎町で放射能ゴジラ

20161113a


きょうは『シン・ゴジラ』を見に初めてTOHOシネマズ川崎に行きました。館内の通路が丸くて昔のテレビ番組のタイムトンネルみたいだなと思いました(あとで番組の写真を確認したら全然似ていなかったけれど)。奧に見える棚みたいなものはコインロッカーです。MX4Dという座席が揺れて水しぶきが飛んできて風が吹く振動体験型の上映方式なので、コインロッカーに荷物をあずけられるようにしているというわけ。通常1800円のところ3000円でした。

川崎から新宿に移動しうろうろしていて17時近くになったので、時報がわりになにか起きるなと期待して新宿東宝ビルへ急いだら、ゴジラが放射能を吐いていました。

遠景

20161113b


ズーム

20161113c


ゴジラづくしの一日でした。

にゃんこちゃんの毛づくろい(動画)

近所の野良猫(地域猫)の動画です。Twitterにアップロードしたものをリンクしておきます。

毛づくろいを始めるまで(13秒)

https://twitter.com/gingakotei/status/797778684203515904

延々と毛づくろい(13秒)

https://twitter.com/gingakotei/status/797813775466274817

(2016/10/30/(日)撮影)

生田緑地ばら苑の関門60秒前通過!

11月3日(木、祝)に女房と生田緑地ばら苑に行きました。16時までの会場で最終入苑が15時30分まで。家を出そびれてちんたらしていたせいで、向ヶ丘遊園駅からばら苑までの約1kmを走りました。府中街道からばら苑に伸びる坂があり、そこが入場口だったのですが、「30分までにここを通過すれば大丈夫ですよ」と警備員にいわれながら通過したらなんと29分。ウルトラトレイルみたいな経験をしてしまいました。おまけにその入場口からばら苑まで坂道をかけあがること約500m。疲れました。

ばら苑は春と秋の2回に開苑。秋の回は10月13日(木)から11月6日(日)でした。わりと通っているほうです。今度行く時はもっとゆっくりしたいです。

20161108a


20161108b


20161108c

手賀沼の風車

10月30日(日)に手賀沼エコマラソンに出かけた時に撮影した写真です。いつも対岸に見える風車が気になっていましたが、今回初めて近場に寄ってみました。

手賀沼に流れ込む大堀川の対岸から眺めるとこんな感じ。

20161107a


近場に寄りました。

20161107b


風車の建物の裏側にはボートがくくりつけてありました。

20161107c


ここは柏市の「水と緑のふるさと公園」です。オランダをイメージして建てたんですかね。

野川の旅で出会った動物たち

10月29日(土)に野川の源流から多摩川まで走った時に撮影した動物です。

コイ。源流に近いので水がきれい。

20161106f


カモ。上流は意外とコンクリート造りになっています。

20161106g


対岸にいた猫。野良猫かな。

20161106h


サギ。サギはけっこういます。

20161106i


カワセミのおなか側。

20161106j


同じカワセミの背中側。

20161106k


釣られていたコイ。食用ではなくて釣られては逃がされか?

20161106l


カラスもいたけれど撮影は省略しました(笑)

表尾根から夕方の富士山ばっちり(塔ノ岳〜二ノ塔)

昨日11月5日(土)は女房と丹沢に遊びに行きました。表尾根は久しぶりで、二ノ塔からの下りは初めてでした。暗くなってからの初めての道は危ないので避けていますが、今回やってしまいました。反省しています。林道を一本まちがえただけでなんとか下山しました。

塔ノ岳(1491m)山頂はガスっていましたが、表尾根を降りるにしたがってだんだん視界がよくなってきました。こんな感じで夕日と雲の写真をとることができました。

20161106a


暗くなる前にできるだけ進みたいと考えていました。鎖場の岩登りがあるので、そこは明るいうちに通過したい。急げ急げ。

20161106b


振り返ったら富士山。17時13分。ここでライトをつけました。

20161106c


二ノ塔(1144m)から菩提(ぼだい)に向けてくだります。最初はしっかりした登山道だったのですが、だんだんと道が荒れてきて、登山道を通っているのか作業道にまぎれこんだのか、道でないところを進んでいるのかわからなくなりました。そのうちに筋のしっかりした道に復帰できて安心、またわからなくなるの繰り返し。やはり、初めての道を夜間に通過するのはまずいです。

林道にぶつかりました。ここは表丹沢林道。本当はさらに登山道を降りて桜沢林道にぶつかるのが今回の予定でしたが、なぜかロープが張ってある。崩れていて通行止めなのか、車が入り込まないようにしているだけなのかわからず、表丹沢林道を行くことにしました。

20161106d


桜沢林道から湯花楽に行く予定が、表丹沢林道に出たので大倉まで戻りました。遅かったので温泉は断念。着替えもせず電車に乗り、はじっこにいれば匂いも気にならないだろうと踏んでいたのですが、急行がえらく混んできて、そばにいた中国人女性たちが中国語で「この人たちなんか臭いわ」と言っていたので(中国語はわからないけれどそういうニュアンス!)、各駅に乗り換えて先頭車両のはじっこに立って帰ってきました。時間に余裕を持って温泉にはいるか、最低でも着替えないといけませんな。

【コースと時間】

20161106e


小田急線渋沢駅(13:08)→セブンイレブン→大倉(13:52)→塔ノ岳(16:02)

尊仏山荘で休憩

塔ノ岳(16:23)→三ノ塔(18:05)→二ノ塔(18:17)→表丹沢林道(19:12)→大倉(20:07)→セブンイレブン→渋沢駅(20:49)

総行動時間:7時間41分
総行動距離:26.72km(Runkeeperによる計測)、渋沢と大倉の往復(約8km)と表丹沢林道から大倉まで(約5.5km)の合計13.5kmは舗装路。

ライト点灯時間は17時13分でした。

手賀沼エコマラソンはコース変更で走りやすくなったよ!

20161030j


きょうは女房と一緒に手賀沼エコマラソンに出てきました。これはハーフマラソンのみの大会です。タイムは1時間56分49秒。昨日のマラニックの疲れもあったし、左膝を故障中なのでこんなもんですよ。22回目の開催で、私の完走は22回目。30回が目標です。上掲の写真は2時間25分ぐらいのランナーのフィニッシュシーンです。

今年の大会はコース変更がありました。手賀大橋竣工に伴い2002年の第8回大会から手賀沼を8の字に回るコースになって以来のマイナーチェンジですが、かなりタイムは出やすくなったものと思います。

20161030k


元々のコースはフィニッシュ地点とスタート地点が1km弱離れていて完全に8の字がつながっていたわけではないのですが、この距離差が約2kmまで広がりました。北柏駅方向に向かって走り、合計3回の直角の曲がりをするところがカットされました。スタート地点も広くなったので、スタート地点までのロスタイムも劇的に削減されました。昨年と同じ申告タイムで、3分30秒が1分30秒になりました。

さらにもう1箇所変更がありました。手賀大橋を2回目に渡ったあと(今年の位置で17.4km)の部分的な折り返しがなくなり、スタート地点が短くなった分と合わせて11.7km折り返し部分が追加されました。昨年までは一車線程度の幅の手賀沼コースの折り返しで多少渋滞していましたが、今年は二車線の車道なので問題なしでした。来年は体調を整えて記録を狙います。とはいえ、以前のように33分台は無理なので、50歳すぎてからのベストね。

地元の高校生による演奏はいつも楽しいな。これは「柏音頭」とかのことでした。

20161030l


【関連リンク】

2015/11/1の日記 森谷武次著『手賀沼エコマラソン』で回想する大会21回の歴史

【大会概要】
・大会名:第22回手賀沼エコマラソン
・開催日:2016年10月30日(日)
・開催地:千葉県 柏市・我孫子市(手賀沼周辺) 会場は柏ふるさと公園
・開催者:柏市・我孫子市他
・交通:常磐線北柏駅から徒歩10分(今年から我孫子駅との無料シャトルバス運行)
・種目:ハーフマラソン
・コース:手賀沼を8の字に回る(本文参照)
・距離表示:1kmごと
・給水:5箇所
・計測:RCチップ
・記録証:ランネットでダウンロード
・参加者数:10,575人
・参加料:4500円
・参加賞:半袖Tシャツ
・大会URL: http://teganuma-eco.jp/

野川の旅(国分寺駅〜野川源流〜多摩川合流地点)

昨日10月29日(土)は野川を源流から河口までたどるマラニックをおこないました。よっきー、けんけん、ゆぅさん、津波さんとの5人。6月におこなった境川編(57.5km)の続きですが、今回は約21kmと短めのゆるゆるランでした。

国分寺駅を出て中央線北側の日立中央研究所の南端に行きましたが、野川源流の説明看板はあるものの水の流れは見えず。年に2回この研究所敷地が市民に開放されるので、いつかは源流の大池(おおいけ)を見てみたいものです。中央線をまたいで回り込んで見つけることができるのがこの写真です。一応源流としてあつかいます。

20161030a


最初のうちは川沿いには道がないのですが、川から離れないように15分ほど走ったら川沿いの道が見つかります。

20161030b


河川敷に降りるのは気持ちがいいです。

20161030c


とはいえ、河川敷は草刈りしていないところも多いので、上の歩道にあがったほうがいいところもあります。

20161030d


道なき道という感じ。子どもの遊びですね。

20161030e


歩道も味わい深いです。大きな木だな。

20161030f


野川が多摩川に流れ込んでいるところを振り返りました。二子橋を過ぎて100メートルぐらいです。見えているのはと東急田園都市線の陸橋。ここでいったん野川の旅に一区切りです。

20161030g


そのあとプラスで7kほど走りました。これは二子玉川公園のなかです。とても人工的な感じの公園ですが、悪くはないです。

20161030h


今回は仲間の家に行ってシャワーと家飲みとしました。この時間では銭湯はあいていないし、いい具合に温泉のたぐいがあるのかは調べませんでした。夏などは温泉があるのが必須なので下調べをしてくださいね。

【コースと時間】

20161030i


JR中央線国分寺駅(8:35)→日立中央研究所(8:44)→多摩川源流(8:55)→多摩川河口(11:31)
21.62km(地図はここまで)

多摩川河口(11:31)→成城三丁目緑地→小田急線喜多見駅(12:30)
7.08km

総行動時間:3時間55分
総行動距離:28.7km

【関連リンク】

2016/6/26の日記 境川の旅(高尾山口駅〜草戸山〜境川源流〜境川河口)

2009/7/27の日記 村松昭『野川散策絵巻』でたどる野川ラン&ウォーク

ポケモンがさかさになるのはバグなのか?

20161028


時たまポケモンがさかさまで現れることがあるんだけれど、絶対にボールが当たらない。ボールが画面の下の方(つまりさかさまのポケモンの頭の上の方向)に湾曲して飛んでいってしまう。意地になってボールを投げて使い切ってしまったこともあり。10月22日にさかさのオニドリルを捕まえることができたのは奇跡だったかな。このさかさポケモン、仕様なのかバグなのかわかりません。

京王線競馬列車

きょう見かけた京王線の競馬宣伝車両です(撮影したのは仙川駅)。府中競馬場がありますからね。一枚目の写真を見ると「ほぼ実物大です」とあります。お馬さん、おっきいんですな。

20161023d


20161023e

大山で鹿3頭みっけ

昨日10月22日(土)は女房と一緒に遅めの大山登山&トレイルラン。スタートが15時を過ぎていて、下社についたころには山頂方面がガスっているのが見えて、さらに進むと小雨と霧が発生しました。16時35分に遠方に鹿をみっけ(望遠撮影)。

20161023a


上社(山頂)は17時ちょっと前に下り始めましたが、視界はかなり悪かったです。

20161023b


下りでも見かけました。2メートルぐらい先に草を食んでいるのが2頭(写真とれず)。大山の鹿は警戒心が強くすぐに逃げるのですが、逃げもせずもくもくと食べていました。塔ノ岳では鹿を見なくなったなと思ったら駆除されていたとのこと。大山の方が数が多くなったかな?

下社まで来たら、雨はそんなにひどくなかった雰囲気でした。登りは男坂、下りは女坂にすることがたいはんですが、今回は逆にしました。夜の男坂の下りはけっこうしんどいね。

20161023c


【コースと時間】

小田急線伊勢原駅から大山ケーブルカー駅(バス停)までバス。

バス停(15:18)→女坂→下社(15:54)→表参道→上社(16:46)

上社(16:56)→見晴台(17:59)→下社の下の茶屋(18:24)→男坂→バス停(19:02)→ロード(コンビニ休憩含む)→伊勢原駅(20:09)

総行動時間:4時間51分
総行動距離:15.42km(内訳:登山道8.15km+ロード7.27km、Runkeeperによる計測)

霧が出ていたこともあり、上社から降り始めてすぐにライトを点灯することになりました。

東京都民の訴え:絶対に東京オリンピックを成功させる!

おれはまじでトサカに来ているぞ。オリンピック報道だ。東京都民として言わせてもらおう。なにが問題なんだ。これだけの国際イベントを開くんだから、多少のトラブルはあるだろ。

開催費用3兆円のうち、企業の協賛金とチケット販売で得られるのは5千億円だけ。残りの2兆5千億円はメドが立たないだと。ばかにすんなよ。計算してみたことあるのかよ。たりないカネを東京都民全員で頭割りにすれば、ひとりたったの20万円。出してやろうじゃねーの。4人家族でも80万円。国際イベントなんだから安いもんだ。「東京都民」って書いてなんて読むか知っているか。「おかねもち」って読むんだぞ。

東京オリンピック招致の中心人物はだれか覚えているか? 猪瀬直樹元知事だぞ。東京に決まったとたんに歓喜であふれる中心にいたのは猪瀬だろ。それがいまやどーだ、収賄だどうだと因縁つけやがって、そのあとで報道される動画は全部猪瀬のいないシーンばかり使っているだろ。いたはずの人間が写真やら動画やらからいなくなるなんて、ソ連共産党で失脚した政治局員やSMAPの森且行みたいだな。気味わりーぜ。

だれが招致したかを意図的に忘れやがって、神奈川だ埼玉だ東北被災地だのが自分のところで開催したいとかいいやがって。セーリング競技の神奈川なんて、運用費用やら漁業補償のIOCと神奈川の費用分担がきまらなーとか騒いでやがる。ふざけんじゃねーっての。おまけにボート競技は韓国開催だと。ばかじゃねーの。お金持ちの東京のおこぼれがほしい貧乏人かよ。消えろ馬鹿野郎。

え、震災被災地復興のためのオリンピックだと言ったのは東京だと。あ、そうかもしれん。東京で使う電気作っていたのは福島だと。たしかにそうですね。東京の経済を支えているのは神奈川や埼玉やその他の道府県の住民だと。それはそうだな。国際都市ならアジア諸国とすこしは連帯しろよだと。もちろんそうですね。言われると反論できんな。ポリポリ。

よし、そうだ、それなら東京以外でもどんどんやろう。だいたいさ、8月の東京でマラソンなんて狂気の沙汰だからさ、東北でやったほうが暑さも多少は緩和できるかもな。被災地と関東近県でやってもらおう。いっそのこと東京以外の46道府県全部でやるのもいいな。アジア諸国にうまく分散してアジアの大都市東京の貫禄を見せつけてやっか。東京で競技はやらんでもいいんだよ。東京がカネを出すから東京オリンピック。「東京都民」って書いてなんて読むか知っているか。「いきなやつ」って読むんだぞ。

というわけで、東京はカネだけ出して、開催は国内と国外に分散してやる。きっとこれが先駆けになって、今後のオリンピックはやりかたが変わるだろう。東京が歴史を作るのだ。いいね!

【お詫び】高校を卒業したあと30年近く東京に住んでいたので、今でも東京都民の感覚が抜けないのですが、いまは実は神奈川県民です。酔っ払って書いていました。でも東京都民の気持ちはうまく代弁できたつもりです。都民拠出金の20万円には協力できなくなりましたが、東京のみなさんのお気持ちが実現すること切に祈ります。

ワイパー動いたらどうなるにゃんこちゃん

うちの近所の野良猫(去勢済みの地域猫)です。ワイパーにまたがってまったりしていました。

20161017a


20161017b


(2016/10/16(日)撮影)

尊仏山荘の新入り猫(たぶん)

塔ノ岳山頂でハイカーのそばをうろうろしていました。尊仏山荘には「みーくん(みー君、ミー君)」と呼ばれる有名な長老猫がいるのですが、その猫とは別の猫です。まさか野良猫じゃないよね。

【2016/10/17追記:捨て猫とのことです。山荘のかたから聞いた人から話がありました。山頂で動物を捨てるなよ!】

20161016a


20161016b


(2016/10/15(土)撮影)

みーくんの写真はこちら。

2014/03/20の日記 尊仏山荘のにゃんことわんこ

大倉〜塔ノ岳〜丹沢山

20161015a


きょうは女房と一緒に大倉から塔ノ岳(1491m)を経由して丹沢山(1567m)への往復をしてきました。写真は塔ノ岳から丹沢山に向かう途中の光景です。

きょうは本当にいい天気でした。塔ノ岳に着いたのは14時過ぎでしたが、山頂にはたくさんのハイカー。(時系列では、この写真を撮影したあとで、前掲の写真が続きます。)

20161015b


さすがに丹沢山となると人数はがくっと減りますが、それでもそこそこの数でした。

20161015c


塔ノ岳からの下りは眺めが最高です。立花のちょっと手前。

20161015d


鹿を見かけないなと思ったのですが、尊仏山荘のかたに聞いたところ、駆除の結果とのことでした。つまり、狩猟されてしまったということです。残念だけれどしかたないですね。

【コースと時間】

小田急線渋沢駅(11:27)→大倉(12:09)→塔ノ岳(14:19)→丹沢山(15:07)
みやま山荘で休憩

丹沢山(15:26)→塔ノ岳(16:03)
尊仏山荘で休憩

尊仏山荘(16:27)→大倉(18:34)→小田急線渋沢駅(19:12)

総行動時間:7時間45分
総行動距離:約27.2km

17:22にライト点灯。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
  • ライブドアブログ