2004年10月02日

イチロー、大リーグ新記録

ついに大記録達成。
政治とは関係ないが、感動したので。



【258安打のイチロー、第3打席は中飛】

 米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は1日、シアトルでのレンジャーズ戦に「1番・右翼」で先発出場。ジョージ・シスラー(ブラウンズ)の年間最多安打記録(1920年、257本)を破ったイチローは、三回の第3打席は中飛に倒れた。

 年間通算安打は258本となった。

 一回の第1打席は左前打。三回の第2打席は中前打を放った。この試合を含めて残り3試合、イチローはさらなる記録更新を目指す。

 試合は三回を終わり、6―2でマリナーズがリード。

 イチローは先月29日にレフティ・オドゥール(フィリーズ)らの254本を抜いて歴代単独2位となり、30日のアスレティックス戦で、1安打を追加。今季安打数を256とし、最多記録まであと1本に迫っていた。イチローは2001年に242本(10位)を記録。歴代上位10位のうち、イチローの2つの記録を除き、いずれも1930年以前の記録となっている。
(読売新聞) - 10月2日12時32分更新

  
Posted by sirarezaru at 12:36Comments(3)TrackBack(22)その他

2004年09月29日

北朝鮮拉致問題に幕引き?〜中山参与辞任

中山参与が辞任した。

安倍前幹事長とともに、小泉政権の北朝鮮政策を引っ張ってきた方だ。

中山・安倍両者に通じることは、自分から辞意を表明したことである。

周りの意見に耳を傾けられなくなった小泉首相へのアンチテーゼか。

党内にも確固たる基盤を持たず、頼みの周囲の側近が離れていく現在の小泉政権は非常に危うい。

現に今回の組閣にあたり、大臣就任を避けた議員も多いと聞く。

もちろん小泉政権との共倒れを避けるためだ。

すでに、次回の解散総選挙までの流れは出来上がりつつある。




是非アクセスランキングも訪れてください。



  続きを読む
Posted by sirarezaru at 22:05Comments(2)TrackBack(1)外交

年金一元化で合意

あれだけ前回の参議院選挙で争点になった年金問題であるが、あっという間に忘れ去られてしまった感がある。

年金不払いなどの深刻化が叫ばれているが、源泉徴収でもない、払わなくても罰則もない、これでは若者など携帯の滞納料金は払っても、自分の年金は永遠に払うことはないだろう。

また、一部の人間の不払いの事実が、支払っている人間の不満を誘発し、制度自体にまた悪い影響を及ぼす。

様々な面で現在の年金制度は破綻をきたしていると考える。


【<基礎年金>民主と連合「一元化目標」で合意】
民主党の岡田克也代表と連合の笹森清会長は28日、年金改革について、現行の基礎年金は全額を税で賄うことや全国民を対象とした年金一元化の方向を目指すことなどで合意。国民年金と他の年金制度との統合に慎重な連合が歩調を合わせた形だが、実施時期などは溝もあり、臨時国会に改正案を提出できるかどうかは微妙だ。
(毎日新聞) - 9月29日0時21分更新
  
Posted by sirarezaru at 17:03Comments(0)TrackBack(2)年金

2004年09月27日

日本で一番多い議員は公明党

全国には19434人の市議会議員がいる(平成15年5月現在)。
その政党内訳は、
1.公明党  2204人
2.共産党  1908人
3.自民党  1859人
4.民主党   643人
5.社民党   450人

6.無所属 11938人

となっている。(市議会議長会調べ)

公明党・共産党・社民党は市議会でも政党を名乗るケースが多いが、保守系の人間は自民党員であったりしても無所属でいることも少なくない。

しかしながら、公明党を名乗る議員が全国で一番多いことをどう思われるだろうか。

是非アクセスランキングも訪れてください。


  
Posted by sirarezaru at 19:09Comments(6)TrackBack(0)知識

小泉改造内閣人事決定

小泉改造内閣が組閣された。
前回の組閣のような派手さがないという点では、小泉首相らしさが感じられない人事かもしれない。
裏を返せばパフォーマンスをしている余裕はないということだろう。

特に郵政民営化に的を絞った組閣といいえるかもしれない。








是非アクセスランキングも訪れてください。



【外相に町村氏、郵政民営化担当は竹中氏が兼務】

 第2次小泉改造内閣が27日夕、発足する。小泉首相は、外相に町村信孝・元文科相、防衛長官に大野功統・元衆院議院運営委員長を起用した。

 焦点の郵政民営化担当相は、竹中平蔵経済財政相が留任して兼務する。このほか、谷垣財務相、麻生総務相、中川経済産業相、細田官房長官ら計6人が留任した。

 公明党からは国土交通相に北側一雄氏が入閣した。

 女性は、南野知恵子参院議員を法相に充て、留任した小池環境相と合わせて2人となった。

 若手としては、当選4回の伊藤達也内閣府副大臣が、これまで竹中氏が兼務していた金融担当相に起用された。さらに、当選3回の棚橋泰文衆院議員が科学技術などの担当に起用された。

 山崎拓・前自民党副総裁と外相を務めた川口順子氏が、首相補佐官に就任したのも今回の人事の特色だ。

 今回の布陣は、引き続き構造改革、とくに郵政民営化の実現を念頭に置いた実務型だといえる。自民党内各派閥の意向もある程度は汲んだ陣容になっている。民間からの起用はゼロ、女性は2人で、小泉内閣の発足当時に比べると変化も出ている。

 今夕、皇居での認証式を経て、同日夜に初閣議が開かれる。

 第2次小泉改造内閣の閣僚の顔ぶれは次の通り。(敬称略)

 <総務>麻生太郎(64)(留任)

 <法務>南野知恵子(68)

 <外務>町村信孝(59)

 <財務>谷垣禎一(59)(留任)

 <文部科学>中山成彬(61)

 <厚生労働>尾辻秀久(63)

 <農水>島村宜伸(70)

 <経済産業>中川昭一(51)(留任)

 <国土交通>北側一雄(51)

 <環境・沖縄北方>小池百合子(52)(留任)

 <官房>細田博之(60)(留任)

 <国家公安委員長>村田吉隆(60)

 <防衛>大野功統(68)

 <金融>伊藤達也(43)

 <経済財政・郵政民営化>竹中平蔵(53)(留任)

 <行革・規制改革>村上誠一郎(52)

 <科学技術・IT>棚橋泰文(41)
(読売新聞) - 9月27日18時23分更新

  
Posted by sirarezaru at 18:45Comments(0)TrackBack(7)政局

2004年09月25日

自民党のジレンマ〜郵政民営化

郵政民営化に向けての動きが活発になってきた。

しかし、ここに来て郵政族も黙っているわけがない。

ご存知の通り、郵便局は自民党の強力な集票団体、組織の締め付けがゆるくなっているとはいえまだその集票力は無視できない。

そのような中、全国各地の地方議会で「郵政民営化に反対する」陳情書が提出されている。もちろん提出者の主な方々は郵便局長など。

地方レベルで郵便局を中心としたこのような動きがあることは自民党として無視できないはずなのだが、小泉首相は民営化を進めている。

この自民党内に起こった矛盾、一体どのような形で収束するのかが今後の政局にも絡んでくる。

民営化を閣僚起用の踏絵にしようと目論む首相の手法も賛成をしかねるが、単に集票にこだわって民営化に反対しているように見受けられる一部の議員の行動に至っては、もっと国民のためを考えた議論をして欲しいと切に願うばかりである。

是非アクセスランキングも訪れてください。


【反郵政民営化議員を結集 旧橋本派の藤井氏ら】
 自民党旧橋本派の藤井孝男元運輸相ら衆院側の幹部ら約10人が22日夕、都内のホテルで会合を開き、小泉純一郎首相が進める郵政民営化に反対する「平成懇話会」(仮称)を発足させる方針で大筋一致した。同派に所属する82人のうち、衆院議員50人を対象にメンバーを募る方針で、今後、他派閥への加入呼び掛けも検討する。
 一方で、昨年の自民党総裁選で首相の再選を支持した青木幹雄参院議員会長を中心とする参院側への参加要請を見送ったことから、党内の一部には派閥再編もにらんだ「派中派」の結成と受け止める向きもある。
 小泉首相は今月末に予定される内閣改造や党役員人事で郵政民営化への賛否を「踏み絵」にする考えを表明しており、これに正面から反旗を翻す形で、一連の人事にも影響を与えそうだ。
(共同通信) - 9月22日22時11分更新  
Posted by sirarezaru at 11:49Comments(1)TrackBack(1)郵政

2004年09月24日

安倍幹事長が退任=小泉首相も了承

規定路線ではあったが、安倍幹事長の退任が決定した。



小泉首相の賢明の留任が実らなかったわけだが、安倍氏が、「参院選の責任」といっていた理由以外に、そこには安倍氏なりの打算が入っていると考える。

小泉ブームが花盛りの当初と比べ、現在の小泉バッシングはとどまることを知らない。もちろん、中には合理的な理由がないものも多いのであるが、そのバッシングの大半は首相自らの言動によって引き起こされているという点も否定できない。

そのような中、早く小泉政権に見切りをつけ、時期首相候補としての足固めをしたいのが安倍氏の正直ところであろう。

政権の中枢にいなければ、小泉政権がどうなろうとともに沈没することは避けられるからである。

もちろん、政局的な打算だけではなく、小泉首相と安倍氏の政策的な相違も少なからず影響はしているといえるだろう。


是非アクセスランキングも訪れてください。


【安倍幹事長が退任=小泉首相も了承】
小泉純一郎首相は24日午後、自民党の安倍晋三幹事長と首相官邸で会談し、安倍氏の退任を了承した。内閣改造・党役員人事で最大の焦点だった同氏の進退が決着したことを受け、首相は同日夕、党役員会・役員連絡会合同会議と臨時総務会をそれぞれ開き、3役人事について一任を取り付ける。その上で、同日夜に再度安倍氏と会談し、新3役の人選や改造の日程などについて協議する。
 会談で安倍氏は、改めて参院選敗北の責任を取り幹事長を退任する意向を伝えた。首相は慰留せず、了承した。この後、安倍氏は党本部で記者団に対し、「改めて(退任の)話をし、首相は聞いていた。わたしとしては、了解してもらったと理解している」と述べた。さらに、「臨時総務会後に首相と会談し、今後の日程や党の人事について中身を詰める」と述べ、同日中にも新3役が決まる可能性を示唆した。 
(時事通信) - 9月24日17時1分更新  
Posted by sirarezaru at 17:58Comments(2)TrackBack(1)政局

北、「ノドン」エンジン燃焼実験か 政府、24時間態勢で監視

日本の国防政策に疑問を持つことがある。

北朝鮮の関係で言えば、今まで不審船が日本に入ってくることを防ぐことができなかった。
また、不審船が入ってきても毅然たる対応をとってこなかった。

前回のミサイル発射実験のとき、日本上空を越え太平洋にまで弾道を描いた。

24時間体制で監視するのは構わないが、それが仮にミサイルが発射された場合にどのような対応ができるのだろうか。





是非アクセスランキングも訪れてください。


【北、「ノドン」エンジン燃焼実験か 政府、24時間態勢で監視】
北朝鮮で日本を射程とする弾道ミサイル「ノドン」(射程約千三百キロ)のエンジン燃焼実験の兆候とみられる動きが二十三日、米偵察衛星や電波情報で分かった。政府は同日朝、首相官邸に「連絡室」を設置し、情報分析にあたった結果、「差し迫った発射の可能性は低い」(藪中三十二外務省アジア大洋州局長)とみている。防衛庁は日本海にイージス艦や早期警戒管制機(AWACS)を派遣、二十四時間態勢で監視を続けている。
 関係者によると、米偵察衛星などの画像解析の結果、先週半ばから、北朝鮮北東部の複数のミサイル発射基地で軍関係者や車両が集結しているのを確認した。ミサイルは直立した状態だったという。開発中とされるテポドン2号(射程約三千五百−六千キロ)の可能性もある。
 防衛庁はこうした動きが活発化した二十一日に対応を協議。直ちに海上自衛隊舞鶴基地のイージス艦「みょうこう」などによる監視を強化した。
 首相官邸では二十三日、杉浦正健官房副長官や野田健危機管理監ら関係省庁幹部らが集まり、情報分析に当たった。その結果、燃料注入作業に入っておらず、北がミサイル発射の際に日本海に配置する監視船や北の他船舶に退避の動きがないことが判明。また、発射前後に飛び交う特有の電波交信も確認されなかったため、「エンジンの燃焼実験の可能性が高い」(政府高官)とみている。
 小泉純一郎首相は二十三日夜、北朝鮮の動きについて「あまり騒ぎ立てるほどの状況ではないとの報告を受けている。(ミサイルを)発射する可能性は低いのではないか」と述べた。その上で「日朝平壌宣言を誠実に履行するように、そういう働き掛けをこれからもしていかないといけない」と北朝鮮に自制を促していく考えを強調した。首相公邸で記者団の質問に答えた。
(産経新聞) - 9月24日3時0分更新

  
Posted by sirarezaru at 10:04Comments(7)TrackBack(3)外交

日本常任理事国入りか?

日本の常任理事国入りが主張され始めて久しいが、ようやく現実のものとしての議題にあがってきたようだ。

経済面で国連を最も支え、主張をあまりしない日本がここにきて常任理事国入りを主張するのはある意味当然のことである。

国連といっても、第二次世界大戦の戦勝国による秩序を維持するための機関に成り下がっている。

そして、最近ではアメリカが国連を無視して超大国としての力を誇示している。

国連と言うもののあり方を考える良い機会であろう。


内容に興味をもたれた方はこちら(↓)をクリックしてください。
人気blogランキング:



【「現憲法のもとで役割」首相、常任理入り強い意欲】
【ニューヨーク=池辺英俊】小泉首相は22日午前(日本時間同日夜)、ニューヨーク市内のホテルで内外記者会見を行い、国連改革に関連し、「現在の憲法のままでも日本は国際社会の中で役割を果たすことができる。安保理に日本が参加できないということであれば愉快なことではなく、安保理の議席を求めるのが妥当だ」と述べ、国連安全保障理事会の常任理事国入りに改めて強い意欲を表明した。

 さらに「国連改革に米国の協力は不可欠だ。米国のみならず、常任理事5か国(すべて)の意向が強く反映してくる」と指摘した上で、「国連改革をしよう、国際社会の動きをより反映できる国連にしようということでは中国も賛同している。中国を始め近隣諸国と協力関係を築いていきたい」と語った。

 中国が歴史認識問題などを理由に、日本の常任理事国入りに消極的な姿勢を示していることなどを念頭に、日本の常任理事国入りに中国の理解を得られるよう努力する考えを示したものだ。
(読売新聞) - 9月23日3時9分更新

  
Posted by sirarezaru at 02:38Comments(0)TrackBack(2)外交

家政婦を公設秘書登録 小野国家公安委員長

政治家が常に金銭工面に苦労しているのはなにも珍しいことではない。
政治という仕事自体が対価としての金銭を生じさせるわけではないので、活動の幅を広げれば広げるほど資金面で苦しくなってくるのである。

しかしながら、秘書給与流用あるいは私用のように、本来の政治目的以外の転用をする議員はもう弁解の余地はない。

国民に与える不信感、そしてまじめに活動する議員達に向けられる国民からの同様の視線を考えると、その罪は重い。


内容に興味をもたれた方はこちら(↓)をクリックしてください。
人気blogランキング:




【家政婦を公設秘書登録 小野国家公安委員長】
参院議員の小野清子国家公安委員長が、家政婦の女性を1998年までの約10年間、公設秘書として登録していたことが22日、分かった。この間、女性は議員会館事務所には出勤せず、東京都大田区の小野氏の自宅で身の回りの世話などを続けていたという。
 小野氏は「電話の取り次ぎなど秘書としても働いてもらっていた。勤務実態はあった。良いこととは思わないが仕方なかった。給与の扱いは会計士に任せていたので分からない」と話している。
 小野氏の説明によると、女性は以前から自宅で家政婦をしていた。別に公設秘書を採用しようとしたが、試用期間中に交通事故を起こしたり、支持者ともめごとを起こしたりして適任者がいなかったため、98年7月に落選するまで約10年間、女性を公設第1秘書として登録した。
(共同通信) - 9月22日10時42分更新


  
Posted by sirarezaru at 01:59Comments(2)TrackBack(1)政治倫理

高市早苗前衆院議員が結婚 相手は森派・山本拓議員

国会議員同士の結婚と言えば野田聖子・鶴保庸介両議員の例がある。
また、田中真紀子・田中直紀両議員の場合は結婚後、真紀子氏が議員になり議員夫婦となった。


議員も若年化が進み、また女性議員の進出により、このような議会内カップルが出てきたのも時代の流れかもしれない。

昔国会内で不倫をして、嘱望された将来を棒に振った議員もいたが、そういった部分での倫理だけは守って欲しい。

また、議員同士の結婚の例としては、以前三重県の女性市議会議員が結婚して転出するために議員職を辞職することがあった。

内容に興味をもたれた方はこちら(↓)をクリックしてください。
人気blogランキング:





【高市早苗前衆院議員が結婚 相手は森派・山本拓議員】
昨年の衆院選奈良1区で落選した高市早苗前衆院議員(43)と福井2区選出の山本拓衆院議員(52)は22日、都内で開かれた自民党森派の会合にそろって出席し、17日に婚姻届を出したことを明らかにした。
 2人は、ともに森派所属議員として旧知の間柄だったが、高市氏の落選後、山本氏が高市氏の弟を公設秘書に雇い入れたことをきっかけに本格的な交際が始まったという。高市氏は今後も政治活動を続け、次期衆院選に出馬する意向を示している。高市氏は、議員時代に自民党内でも有数の「夫婦同姓」論者として知られていたが、政治活動上の名前については「今後、検討する」という。
(共同通信) - 9月22日19時14分更新


  
Posted by sirarezaru at 00:34Comments(0)TrackBack(0)政治倫理

古賀氏学歴詐称⇒有罪⇒失職?

学歴詐称問題が今年の上半期を賑わした。

一番最初と言うことで槍玉にあがったのが古賀議員。
その爽快なイメージも過熱したマスコミ報道と無関係ではない。


しかし、自分が大学を卒業したかどうかすらわからない、誰がそんなことを信じるだろうか。
単位・卒業といったら学生最大の関心事だろうに。
仮にそれが事実であったとしたら、自分が大学を卒業したかどうかも分からない議員を私達は代議士に選んだことになる。

いずれにせよ報道された内容が事実であれば、古賀氏はしっかりと悔い改めていただきたい。

内容に興味をもたれた方はこちら(↓)をクリックしてください。
人気blogランキング


【古賀議員が学歴詐称認める 有罪確定なら失職へ】
古賀潤一郎衆院議員(46)=福岡2区=の学歴詐称問題で、古賀議員が福岡県警や福岡地検の事情聴取に、衆院選当時から米国の大学を卒業できていないと認識していたなどと公選法違反容疑(虚偽事項の公表)を大筋で認めていることが22日分かった。
 古賀議員はこれまで一貫して「卒業していたと思っており、経歴が虚偽との認識はなかった」などと説明していた。
 福岡県警は週内の24日にも書類送検し、福岡地検が刑事処分を決める。今後、有罪が確定すれば公選法の規定で古賀議員の当選は無効となり失職する。
 古賀議員が容疑を認めたため、福岡地検は罰金刑を求刑する略式起訴も検討。福岡簡裁が略式命令を出し、古賀議員が罰金を納めれば、早期に有罪が確定する可能性もある。
(共同通信) - 9月22日11時40分更新

  
Posted by sirarezaru at 00:30Comments(1)TrackBack(0)政治倫理