はだしのゲンと火の鳥ヤマト編について

最近の漫画はあまり面白くありません。
何故面白くなくなっているのかは、改めて、別の機会に言及するとして
昨今、話題になっている「はだしのゲン」を導入部分として、漫画やサブカルチャーについての政治性、社会性について語りだしていきたいと思います。

私は、白土三平先生の大ファンですが、
はだしのゲンの暴力描写が日本の青少年にとってタブー視されるなら、
白土三平先生の漫画、更に、闇に葬られ日が、日本に来るのかもしれないと空恐ろしい気がしています。

ネタにマジレスするなんてカッコ悪い……ネトウヨが大勝利宣言する松江市『はだしのゲン』閲覧制限問題の真相
http://news.livedoor.com/article/detail/7964375/

虫プロダクション
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%AB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

現在、GAOにて「さすらいの太陽」(これは、運命に翻弄される少女版あしたのジョーのような作品)
http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/
観られたりしています。

漫画の神様と呼ばれた手塚治虫先生の火の鳥の「ヤマト編」もかなりの日本古代史批判に貫かれているし、
コミュニスト的であったのに驚かされています。

火の鳥
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E3%81%AE%E9%B3%A5_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

ヤマト編 初出:『COM』(1968年9月号 - 1969年2月号)
 古墳時代の倭(日本)。主人公のヤマト国の王子オグナと、ヒロインのクマソ国の酋長・川上タケルの妹カジカの間に芽生えた許されざる哀しい愛の物語。オグナはヤマトタケル、川上タケルは川上梟帥がモデル。『古事記』・『日本書紀』の日本武尊伝説と、日本書紀の垂仁紀にある埋められた殉死者のうめき声が数日にわたって聞こえたという殉死の風習と埴輪にまつわるエピソードも火の鳥の血の効果であるとし、期間も1年にわたっての事として下敷きにしている。石舞台古墳造営にまつわるエピソードがあるが、史実ではもっと後代の古墳であり、殉死者が埋められているという事も無い。手塚治虫はあくまで『古事記』・『日本書紀』は伝説であって、実在の天皇家とは何も関係は無いとコメントしている[4]。 なお、作中で川上タケルは、"長島"なる部下に「王」と呼ばれている。これは初出時には川上タケル=川上哲治として、クマソを巨人に見立て、その部下の長島=長嶋茂雄という洒落であったが、川上が監督を引退したので、川上タケルを王貞治に見立てる内容に改稿したためである。 オグナが女装してタケルを暗殺するくだりは神話通りだが、復讐の追跡を指揮するカジカは国境で率いてきた軍を帰し、単身男装して奴隷としてヤマトに潜入、非力なために鞭打ちを受けているところをタケルに助けられるという展開で、ヒーロー、ヒロイン両方に与えられる異装、女王(継承者)が自らの意志で奴隷に身を落として苦役を受ける不条理など、コミカルタッチの中に手塚独自の倒錯趣味が埋め込まれている。



今回は、実験的に入れてみましたので、この位にしてみます。
続きをまた書きます。

ペンテウス~人災か天災か

神話伝説シリーズ「ペンテウス」は、
1975年10月28日に脱稿した作品。
ギリシア神話は、現在、信仰者のいない文学的価値だけの様にも思える。
白土の画力だけで物語を追うと何やらソビエト崩壊の予見の作品にも思える。
人間の驕り高ぶりへ天は、怒ったのだろうか?

「おおバッコスさま
たしかに覚るとき
覚らなかった
わたしどもは
悪うございました

しかしこれはあまりにも
むごいなされよう
ましてわれらとは
血のつながりあった
あいだであるのに…」

白土は、ソビエト社会主義の崩壊が思ったよりも早かった故に、カムイ伝第二部の変更を余儀なくされたと先日述べていたばかりでもある。


どこまでが人間の驕り高ぶりであり、人災であり、そして、天災と区分されているのだろうか?
それは、科学化されて示されているのだろうか?
科学的社会主義の理想もそこに焦点があったように思う。

しかし、科学と言えども人文科学もあり心情や連帯、助け合うこと、などなど弱い立場のものの横のつながりを模索したのが、社会主義でもあったのだが、
いつしか知識至上主義となったりスキルだけを争う世界となっていった忍者と内ゲバの世界から何を学びそして、教訓としていったのだろうか?

そもそも科学的であると言うことは何であるのか?問わなくてはならないのだが、
科学的であることと社会主義的であることは相反もしているのではないだろうか?
社会主義的であることは、友愛であり連帯であり、助け合いの世界の実現であるのであるから誠実さが基調とされているであろうし対話の真摯さが問われている様に思える。
社会主義は、宗教的な意味合いはなくしたとしても心情的に訴えるものであるように思えるから科学的なるものにまず相反してあるように思える。

強いものが弱いものから奪い去る社会=搾取がある社会では、更に弱い者がそれよりも弱い者から奪い去る社会として全てが敵となっている社会となるのに抵抗する
社会主義の根本とは何か?
それをいまだに問い続けようとする礎が現在、白土三平漫画の中にあるからそれにこだわりのある人々が少ないながらも集っているのではないかと思う。

白土三平は、どこまで知っていて作品化しているのだろうか?
ある一面、マルクスを超え出ていると言えるのだろうか?


問題は、多義にわたっているのだからゆっくり仕上げていかなくてはならない。
じっくり語るべき場所を築くために、白土三平絵文学もあるのだろうと思う。
資料の保存は、膨大であり、雑誌ガロから白土三平再販本までの保存などなど潔癖をきしたいとするとそれだけで埋もれてしまうのではないかと思う。
掲示板にお邪魔をして刹那の書き込みをしている基盤を作り上げているのは決して刹那的ではないことがわかります。

刹那か永遠、普遍性かは、言葉尻の問題でしかなく上記の問題点、現在では中国や北朝鮮問題、原発問題の解決として多義にわたるものであろうし、弱者、労働者の連帯として現在の組合や政党としての教条はこれで良いのかなどなど具体的な問題点があるのだからそれに気がついた人、一人一人が、ホームページを作成して刹那的書き込みから脱していくのが良いだけではないのかと思う。

狭く、抽象的ないさかいの中で、更なる内ゲバを広げるよりも
論より証拠としてのホームページ複合体として提案しつつ、資料化していく連帯から始めるのが良いと思っているのだが、私もなかなか時間が取れず書きっぱなしにもなっているのを日々、反省しているわけです。


だが、
人間臨終図巻やペンテウスの絶望と人間不信の根は深い故
人々は、やはり今後も社会主義思想の理想を裏切り続けていくのではないか?
そのニヒリズムを残念ながら白土三平漫画より読み取っている様に思えてならない。

白土三平研究の研究

1301180113011802


















どうやら何とか読めそうです。
共有できそうな資料を提示しながら多角的な研究を亀の歩みながら始めていきましょうかね。
「天皇と東大」
「人間臨終図鑑」(山田風太郎)
「劇画毛沢東伝」(藤子不二雄A)

そして、「資本論」までを共同研究として吟味できたならと思います。

白土三平漫画は、何故、過酷なのか?

私としても
それを、「人間臨終図鑑」の冒頭に答えが行き着きます。

この門を入る者一切の望みを捨てよ―ダンテ『神曲・地獄篇』―

これが、忍者としての刹那に生きること、そして、生に若干の猶予を与えたのが、水木しげるであったのではなかったのだろうか?13011803


















13011804


















13011805

プロフィール

siratofan

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ