2005年07月04日

--- アラン・ラッセル 「ホテル・カリフォルニア」3

 
可もなく不可もなく 普通ーに楽しい 

"------- あらすじ amazonより
サンディエゴの海岸に聳え建つ、客室数712を誇る豪華リゾートホテル「ホテル・カリフォルニア」。副総支配人のアム・コールフィールドは保安部長の兼任を仰せつかったが―ひとの集まるところには事件も起こる。
"-------
アラン・ラッセル(著)/日暮 雅通(訳)

いかにも集英社文庫海外ものらしい 軽くて読みやすい小説でございました。

まあ 色んな宿泊客がいましてねー
この作者 ホテルマンを経験しているんだそうでして、
実際遠からずな部分もあるんだろうなぁと想像しちゃったりして楽しいかも。

★は普通に★★☆☆


ホテル・カリフォルニア

siro_blanc at 23:02│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 | 海外小説

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔