2005年07月04日

--- 高村 薫 「黄金を抱いて翔べ」

うーん 微妙・・・

"------- あらすじ amazonより
銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ。大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ、大胆不敵な金塊強奪計画。・・・圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。日本推理サスペンス大賞受賞。
"-------


初めて読む高村薫です。

なんだかとっても文章が読みづらかった。

そのうち文章の癖にも慣れてきたので苦もなく読みきれましたけど、
なかなか頭に文章が入っていかなくて、
最初の10ページくらい読むのに一週間以上かかってしまったもんなぁ。

どうなんでしょうね。
うーん。
うーーーーーん どうなんだ?

それほど人物に魅力を感じないような気もするし・・・
友情?愛情? オイまさか愛情かよ!? みたいのもイマイチな気もするし・・・
じゃあおもしろくないか?といえば 全然そんなことないし・・・

うーん
うーーーーーん どうなんだ?

よくわからない
もう一作くらい読んでから判断しよう。

とりあえずこの小説の★は★★☆☆ってことにしておきましょう。


黄金を抱いて翔べ

siro_blanc at 23:10│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔