2005年09月03日

--- 綾辻 行人 「時計館の殺人」

 
ははあ これが新本格か

"------- あらすじ amazonより
館を埋める108個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で10年前1人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが籠る時計館を訪れた9人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは?第45回日本推理作家協会賞受賞。
"-------

新本格ってことで 次の初物。 
読んでみました綾辻 行人。

このミステリーはですね、
次は自分が殺されるんじゃなかろうか・・・という
その恐怖が読んでるこちら側に 深々と伝わって来るのがいいですね。
うーん 怖かったぞ。

トリックも凝ってますね ふんふん。

独特の世界観っていうのかなぁ
読むだけで伝わってくる時計館のクラシカルで美しげな雰囲気もまた非常によかった。

なるほどねー

ふむふむ 妙に納得の一冊でございました。

★は★★★☆ 


時計館の殺人

siro_blanc at 23:09│Comments(5)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たか@ヒゲ眼鏡   2005年09月05日 23:26
おお、新本格、色々読まれておりますねえー(^o^)。
ボクは相変らず、そっち系は島田荘司のみなんですが"(^^;"。
綾辻氏は、佐々木倫子のマンガ『月館の殺人』の原作をやってますね。
2. Posted by ブラン   2005年09月05日 23:44
おや たかさんいらっしゃいませ (^^)
一気に沢山アップしちゃいました〜 新本格もの。

変に気を使わないだけに サクサク読めて楽しいですね 新本格って。
今のところ綾辻さんが一番気に入ったかな。

島田荘司さんは まだ手に入れてないんですけど 見つけ次第読んでみますね 楽しみにしてます♪。
3. Posted by たか@ヒゲ眼鏡   2005年09月06日 00:54
ボクもそんなに読んだわけではないのですが(つか、二作だけ(笑))、島田荘司デビュー作であるし、『占星術殺人事件』はお勧めであります!
4. Posted by ブラン   2005年09月06日 22:29
『占星術殺人事件』ですね!了解です
早く見つかるといいなぁ 何しろ本探しは古本屋専門なので
希望通りに手に入らないのが玉に瑕なのでした (^^;
5. Posted by たか@ヒゲ眼鏡   2005年09月07日 02:10
『占星術〜』は、光文社と講談社の二社から文庫化されてるので、結構手に入れやすいかもー?
ボクも新古書店でふと買ったのが始まりでした(笑)。それまで新本格には無縁だったのですが。
しかし『帽子収集狂〜』は奇遇ですねえー! 新作の話題本なら、読む時期かぶるのも分るけど(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔