2005年10月15日

--- 島田 荘司 「御手洗潔のメロディ」および「Pの密室」3

ははあー 新本格っていうのはこれを言うのか

まず「御手洗潔のメロディ」
"------- あらすじ amazonより
何度も壊されるレストランの便器と、高名な声楽家が捜し求める美女。無関係としか思えない2つの出来事の間に御手洗潔が存在するとき、見えない線が光り始める。御手洗の奇人ぶり天才ぶりが際だつ「IgE」のほか大学時代の危険な事件「ボストン幽霊絵画事件」などバラエティ豊かな4つの傑作短編を収録。
"-------

初めて読む島田 荘司ってことで
本当は「占星術殺人事件」を読みたかったのですが 手に入らなかったので
短編集「御手洗潔のメロディ」を読んでみました。

このところ何冊か新本格といわれるものを読みましたけど
この島田荘司と比べちゃうと あれ?
あれれ?

なんか 比べ物にならないくらい
読みやすくて謎解きもおもしろくいんじゃないか?
なんだかドイルのシャーロック・ホームズみたいだぞ あれれ?

ということで すっかり気に入ってしまった名探偵 御手洗潔なのでした。

御手洗潔のメロディ



次に読んだのが「Pの密室」
"------- あらすじ amazonより
何度も壊されるレストランの便器と、高名な声楽家が捜し求める美女。無関係としか思えない2つの出来事の間に御手洗潔が存在するとき、見えない線が光り始める。御手洗の奇人ぶり天才ぶりが際だつ「IgE」のほか大学時代の危険な事件「ボストン幽霊絵画事件」などバラエティ豊かな4つの傑作短編を収録。
"-------

御手洗潔の少年時代の話なんですが 
これまたおもしろかったですねー。

ホームズの少年時代はコナンだったのかぁー。

まあこれは ファンのための御手洗潔の外伝的な小説って感じなんでしょうけれど
それはそれとしてサクサク読めるし大変おもしろうございました。


Pの密室


siro_blanc at 22:10│Comments(2)TrackBack(1)--- 本 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Pの密室  [ たか@ヒゲ眼鏡の探偵小説趣味(古典派宣言) ]   2006年09月29日 05:16
Pの密室  を読む。島田荘司の本格探偵小説。名探偵役は、御手洗潔。短編集。表題作ほか、「鈴蘭事件」を収録。  うーん、いまいち。探偵小説としてもいまいちなのですが、なんと言っても、名探偵が子供ではなあ。この二つの事件では、それぞれ御手洗潔が幼稚園生と小学校...

この記事へのコメント

1. Posted by たか@ヒゲ眼鏡   2006年09月29日 05:19
『Pの密室』漸く読了致しました。やっぱコナンですよね(笑)。
TBさせて頂いたんですが、反映してないなあー?
2. Posted by ブラン   2006年10月06日 10:49
ひえ〜ごめんなさい 
たかさん。
すっかりレスを忘れていました 

変なサイトへのトラバとかコメントが大量に貼られたりするもんだから
内容を確認後、表示する設定にしてあるんですよ〜。

で、コナンですよね(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔