2005年11月26日

・・・ 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」4

この映像はおもしろいゾ

"------- 公式HP
harrypotter.jp.warnerbros.com/gobletoffire/
"-------

監督 マイク・ニューウェル
原作 J・K・ローリング
脚本 スティーブ・クローブス
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン他


前作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、 
冒頭のマージおばさんのいじめと仕返しのシーンでもうだめで、以降嫌ーな気分のまま途中爆睡し、気がつけば終わっていという始末。
その他の印象も、制服のシーンより私服のシーンの方が多かったせいかハリウッドのスクール物みたいな映画だなぁと思っていましたが、
今回はまた違いました。
監督によって随分変わるものなんですね。

素晴らしい映像だった。
特にクイデッチ・ワールドカップの盛り上げはワクワクどきどきでしたねー。
ハーマイオニーも綺麗になっちゃって
見所盛り沢山、今回は居眠りする間もなかったです。

吹き替えで見たんですけども
気になるところといえば
ヴォルデモートの吹き替えくらいだったかな。
声も高めだし 翻訳同様"俺様"ですからね ちっとも怖くない。
まあでも 違和感を覚えたのはそれくらいでした。

原作の方は、大筋しか覚えてないんですけど
あのくらい端折っちゃってても結構まとまるものなんですね。

人質まで使うなんて 何なんだここの教育者は?とか
ヴォルデモートが勢力を増してかなり緊迫してるはずなのに やけに楽しそうに仕上げてるな? 
とか 特に突っ込まず 
疑問を持たずに見れば十分な仕上がりだったんじゃないでしょうか。

まあ私は「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 (感想 )
で すっかり原作の方は嫌になってしまったから
もう映画も楽しめないだろうと思っていたけれど、
イジメと仕返しとか極端なえこひいきみたいな私の嫌いな部分も 今日の映画では特に気になりませんでしたね。

なんだなんだ まだまだおもしろいじゃないかハリー・ポッター
そう見直させてくれた作品でございました。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)


siro_blanc at 21:29│Comments(0)TrackBack(3)・・・ 映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ハリー・ポッターと炎のゴブレット  [ 映画とはずがたり ]   2005年11月27日 01:13
4 映画ファン待望!の『ハリー・ポッター』シリーズ、 第4章がいよいよ劇場公開されました! 今回の見どころは大きく分けて4つ! まず、冒頭のクィディッチ・ワールドカップの決勝戦! 競技会場のスケールのデカさといい臨場感といい、 最新VFXの技術が冴え渡る! ...
2. ハリー・ポッターと炎のゴブレット  [ 映画とはずがたり ]   2005年11月27日 01:15
4 映画ファン待望!の『ハリー・ポッター』シリーズ、 第4章がいよいよ劇場公開されました! 今回の見どころは大きく分けて4つ! まず、冒頭のクィディッチ・ワールドカップの決勝戦! 競技会場のスケールのデカさといい臨場感といい、 最新VFXの技術が冴え渡る! ...
3. ハリー・ポッターと炎のゴブレット  [ Coffee, Cigarettes & Music ]   2007年12月12日 20:51
いやぁ、面白かった。言わずと知れた「ハリー・ポッター」シリーズ第4作目。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔