2006年02月26日

・・・ ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女4

う〜ん ディズニーらしい卒のない仕上がりだ

"------- あらすじ等
「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」オフィシャルサイト
原作に関する詳しいことは こちら ウィキペディア 
"-------

監督 アンドリュー・アダムソン
脚本 アン・ピーコック、クリストファー・マーカス、スティーヴン・マクフィーリイ
原作 C・S・ルイス
出演 ウィリアム・モーズリィ、アンナ・ポプルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージィ・ヘンリー、ジェームズ・マカヴォイ、ティルダ・スウィントン


先行で見てまいりました 待望のナルニア国物語。

子供だましみたいといえば 子供だましなお話だけれど
そもそも原作は児童書だし
かわいくって夢があって、とっーーてもよろしいですねー。
安心して見ていられます。

私は原作もサラッとですが既読です。
ただ「指輪物語」以外のファンタジー類はほとんど読んだこともないし、
文章も もろ10歳くらいの子供向けの本なので 
夢中になって読むっていう感じにはなかったのが正直なところ。

しかしこうしてスクリーンで見ると
ほんと楽しかったですねー。

原作にも子供の頃に出会っていたら違ったんだろうなぁ。
今となっては とても残念。

この物語の魅力の一つがおいしそうな食べ物達。

フォーンのタムナスさんの入れてくれるお茶。
ビーバー家のもてなし料理、
そして何といっても エドマンドが食べた魔法のお菓子
一口食べると また食べたくなって忘れられないお菓子ターキシュ・ディライト。
(日本語訳の本ではプリンだったと思ったけど)
うー おいしそう〜。

キャストもみんなイメージにピッタリでしたねー。
白い魔女さまも まさに白い魔女さまだった。

おもしろかった。
先行で1800円払って見ても 充分満足いたしました。

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)


カラー版 ナルニア国物語 全7巻セット


siro_blanc at 22:49│Comments(0)TrackBack(0)・・・ 映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔