2006年03月18日

--- 京極 夏彦 「狂骨の夢」3

うんうん おもしろい。

"------- あらすじ等amazonより
夫を四度殺した女、朱美。極度の強迫観念に脅える元精神科医、降旗。神を信じ得ぬ牧師、白丘。夢と現実の縺れに悩む三人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏、山中での集団自決。遊民・伊佐間、文士・関口、刑事・木場らも見守るなか、京極堂は憑物を落とせるのか?著者会心のシリーズ第三弾。
"-------


これでこのシリーズ及び京極作品としても3作読んだことになりますが、
思うに この人の作品の魅力は謎解きじゃなくて、登場人物のおもしろさですね。

どの登場人物も皆しておもしろい。
だからあんまり興味が湧くような事件じゃなくても 飽きることなく読めるんでしょうねぇ。
実際 途中から先が読めてきちゃうからミステリとしてはどうかと思うし。

魍魎の匣」の箱娘はずば抜けて興味をそそりましたけど、
姑獲鳥の夏」もこの「狂骨の夢」も 私にはあまり魅力的な事件はなかったですからね。
その分差し引いても 登場人物達のおもしろさが優って全体的に満足でした。

そしてその登場人物ですけど
パーフェクトな人がいないのもいいですよねー。
京極堂にしたって癪に障るっていうか なんていうか、
関口は相変わらず不安定なんだけど ついつい守ってあげたい気持になっちゃうし、
榎木津はどこまでも滅茶苦茶で でも彼のセリフにはついつい笑っちゃうし、
まあとにかくおもしろかった。

そんなことで次の「鉄鼠の檻」も楽しみにしたいと思います。

文庫版 狂骨の夢


siro_blanc at 18:24│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔