2006年03月29日

・・・ 「ブロークバック・マウンテン」5

心に沁みたよ ヒース・レンジャー

"------- 
「ブロークバック・マウンテン」 公式HP 

第78回アカデミー賞 監督賞、脚本賞、音楽賞3部門受賞
"-------

監督 アン・リー
脚本 ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オサナ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
原作 アニー・プルー
出演 ヒース・レジャー 、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ 他

---------------ネタバレの感想です 注意

ヒース・レンジャー いい演技したましたねー。
後半 一人で肩を落としてアップルパイみたいのを食べてる姿なんかもう・・・;;。

ただ 私のこの手の下地はというと「ブエノスアイレス」と小説2、3冊程度だし、 
決して中性的ではない白人男性の絡みには ちょっぴり引いてしまったのも正直なところ (^^;。

それにしてもお互いの奥さんには嫉妬しませんねー
相手が男だと怒りまくりなのに。 
自分の夫が男を本気で愛していると知った時の妻は悲しすぎる・・・。
まあ そこはポイントじゃないですけども (^^;

私的にこの映画のミソは イニスの娘が最後に幸せそうに去っていったところかな。
なんとなく あれで全てが救われた気がしました。

意外なほどあっさりと一線を越えてしまったまま
深く考える前に何度も逢瀬を重ね 気づいてみれば理性なんかでは別れられなくなってしまった二人。
映画も全体もを通しても必要以上のセリフもなくくどさもなくて、 
見終わってから美しい映像をあれこれと思い出しながら考えさせるあたり非常によかったと思います。

感動というのとはちょっと違う
心にヒタヒタと沁みてくるものがある良い映画でございました。


ブロークバック・マウンテン


ブロークバック・マウンテン


siro_blanc at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)・・・ 映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔