2006年05月22日

・・・ ダ・ヴィンチ・コード5


いや おもしろいですよ 普通かそれ以上に

"------- 
公式HPはこちら
"-------

監督 ロン・ハワード
脚本 アキバ・ゴールズマン
原作 ダン・ブラウン
出演 トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ


原作「ダ・ヴィンチ・コード」の感想はまだアップしていないのですが
旬な話題ということで
とりあえず映画の感想だけでも先に書いてみますかね。

賛否両論分かれてるようですが、
私は十分楽しめましたよ はい。

原作を読んでいていまいちピンとこなかった 視覚的部分、
○△教会とか◇◎教会がどんな建物で どんな風になっているのかとか
スクリーンで実物が見れたのはうれしかったなぁ。

”クリプテックス” いいなぁ〜 ほしいなぁ〜
入れるものは何もないけれど。

ソフィーのハンドル捌きはすごかったなー。
思えばあのカーチェイスが一番ドキドキだったかもしれない。

トム・ハンクスはそもそも教授って感じじゃないよなぁ。
と思ってたけど
ネタがネタだけに必要以上に深刻な雰囲気がなく 娯楽映画らしくなってかえってよかったかも。

オドレイ・トトゥ いやソフィー
いつ謎解きしたっけ?ってくらい謎解きの印象がなかったけど
それでもソフィーって感じがでててよかった。

イアン・マッケランは文句のつけようがないですよ。
なんたって本物のサーだもの。

ジャン・レノ 何か変だったけど
あれはジャン・レノが変なんじゃなくて 映画のあの役が変なんだ 多分。

シラス 上手い!
ポール・ベタニーっていう俳優さんなのか ふむ。 
よかった 雰囲気抜群。

そういえばアリンガローザ司教の扱いはひどいなぁー
あれじゃただの安っぽい悪党でしかないもの ひどい。

あとはえーっとえっと
・・・
そんな感じでつらつらとただ書いてみました。

細かい点を突っ込めば切りがないですが、
結局のところ 
私としては全て許容範囲内でした。


そもそも 「ダ・ヴィンチ・コード」は散々騒がれている通り キリスト教の微妙なところを扱っているわけで、
その微妙なところは 私みたいな聖書の知識もないような輩には
簡単に語れるような軽いものではないと思う訳ですが、
気になりますよね ・・・
ほら あのちょっと前yahooのニュースになっていた「ユダの福音書」のこととかも ・・・。


ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版


siro_blanc at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)・・・ 映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔