2006年07月29日

・・・ 「ゲド戦記」3

うーん よくわからないけど まあいいんじゃないだろうか・・

"------- 公式HP
http://www.ghibli.jp/ged/
"-------

監督 宮崎吾朗
脚本 宮崎吾朗、丹羽圭子
原作 アーシュラ・K・ル=グウィン
声  アレン・岡田准一、ハイタカ(ゲド) ・菅原文太 、 テルー ・手嶌葵、
   クモ ・田中裕子、 ウサギ・香川照之

言いたいことはわかった。
よくわかった と思う。
歌もよかった。
あの場面 グッと胸にくる歌だった。
香川照之は声優としてやってけるんじゃないか? ってくらい上手かった。

しかし
昨日TVで「となりのトトロ」を見ながらしみじみ思いましたよ。
日本で「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」を超えるこの手のアニメが出来ることはないだろうなぁ って。
何しろお父様が偉大すぎるだけに 辛いなぁ吾朗監督。

「ゲド戦記」原作は持っているのに、 
ちゃんと読んでいないので比べようはないけれど、
内容はそれほど悪くはなかったんじゃないでしょうか。

問題は ”絵”
絵がなぁ
映像で比べたら宮崎駿監督には遥か遠ーーーく及ばなかったですね・・・・・・・。

正直
ああ 宮崎駿監督のゲド戦記を見たかった
そう思ってしまいました。

かといって宮崎駿監督の最近の作品は
映像はものすごいんだけど ネタ切れなのか何なのか
あまり心に残るものがない。

どうなんですか ジブリ?
どうなんだろう。

うーん 何はともあれがんばってくだされ吾朗監督。
微妙だけど
伝わってくるものはありました。
初監督作品としてはそんなに悪くないと思うんですよね う〜ん。


ゲド戦記全6冊セット


siro_blanc at 21:53│Comments(0)TrackBack(0)・・・ 映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔