2006年07月21日

--- 有栖川 有栖 「46番目の密室」2

ううう・・・密室なような密室じゃないような

"------- あらすじ 出版社より
大作家が殺された理由(わけ)は?新本格推理小説
密室トリックの巨匠、真壁聖一が無惨な姿で発見された。自分のトリックでか!?
45の密室トリックを発表した推理小説の大家、真壁聖一が殺された。密室と化した地下の書庫の暖炉に上半身を突っ込むという悲惨な姿であった。彼は自分の考えた46番目の密室トリックで殺されたのか?推理作家・有栖川有栖とその友人で犯罪学者・火村英生のコンビが怪事件の謎に迫る!新本格推理小説。
"-------


このところ読みたい本が見つからないと、
とりあえず有栖川さんでも読んでみようかなぁー と思ってしまう。

すごーーーい とか
とても途中でやめられない とか
やだ〜 滅茶苦茶好きだわぁ〜 というのではないんだけれど
気楽ーに気軽ーに 読めるのが魅力ですよねー。

この「46番目の密室」もまた
期待を裏切らない軽さがよかったです。

褒めてるつもりです。(^^;

46番目の密室


siro_blanc at 22:58│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔