2007年02月24日

--- 瀬尾 まいこ 「図書館の神様」5

読んでよかった

"------- あらすじ 出版社より
思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。
"-------
図書館の神様



初”瀬尾まいこ”作品です。

”瀬尾まいこ”といえば、
今上映中の映画「幸福な食卓」の原作を書いたのもこの人のようですね。
といっても私は「幸福な食卓」は映画も見ていないし、原作も読んでいませんが、
この「図書館の神様」は 私好みでとてもよかったです。
これなら是非「幸福な食卓」も読んでみたいかもだ。

で、この「図書館の神様」ですが、

力が入ってないというのかな、
押し付けがましさのようなものが 全然感じられず、
ホンワカした女性らしい優しさに包まれているようで 
最後まで居心地よく読めましたねー。

根は真面目なのに
なんだかダルそーな主人公にも非常に共感できます。
弟もいい味だしてますよねー。
垣内君も最高です もうほんとうに。


そうですね・・・
 
あの時こうすればよかったと思う後悔  とか、
忘れたくても ふと思い出してしまう思い出したくないこと とか、
淀んだ空気のままだった 私の心の奥のほうの傷とかに、
新しい風を入れて虫干ししてくれた。

ちょうど”清”があの時飲んだサイダーみたいに清々しい本でした。


siro_blanc at 21:29│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔