2007年02月13日

--- 佐藤 多佳子 「一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--」4

一瞬の風のように一気読み

"------- あらすじ 出版社より
「速くなる」
ただそれだけを目指して走る。
白い広い何もない、虚空に向かって…………。
春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に2人を変え、そして、部を変える。「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。
"-------

一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--



いやー 私は決して体育会系の人ではないんですけどねー
これはいいですよ。

「一瞬の風になれ」

タイトルが非常に気に入ったんですけど、
まったくもってそんな感じの 気持ち良い風のような小説でした。

ってことで 慌てて二部三部と図書館で予約したブランなのでした。


siro_blanc at 22:54│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔