2007年03月10日

--- 奥田 英朗「サウス・バウンド」2

こんな父 好きか嫌いか

"------- あらすじ 出版社より ------------------------------------------------------
僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作

サウス・バウンド

"------------------------------------------------------------------------------

この小説は、この強ー烈っな自由人である父、一郎が好きになれるかどうかで、
評価が分かれるんじゃないでしょうかね。

私としては、この父 ちょっとうっとおしいです。
ということで、父にあまり魅力も感じれなかったせいか
途中からサラサラと流し読みで ふーむなるほど・・・ 
といったところでしょうか。

ただ 不良少年と対決するところとかはドキドキハラハラで、
非常に怖おもしろかったです。

そうだなぁ 私からすると、
父よりも 腹の据わった母のほうが好きだなぁ。
実にかっこいい母だと思う。



siro_blanc at 22:04│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔