2007年06月15日

--- 大沢 在昌「六本木聖者伝説」2

ふーむ

"------- あらすじ 出版社より ------------------------------------------------------
東京・六本木の「佳花飯店」が爆破され、同店の社長・宋海礼と、和菓子屋「はしもと」の三代目・橋詰成人らが会食中に爆死した。それは世界規模の犯罪組織「魔都委員会」が六本木侵攻の第一歩として起こしたものだった。各々の父を失った宋麗豊と橋詰海人の二人は、夫々の父が、同委員会の侵略を阻むべく世界に散っている対抗組織のメンバーと知った…。

六本木聖者伝説〈魔都委員会篇〉

"------------------------------------------------------------------------------------

それなりに
まあそれなりに・・・。

うーん どうやら私、
新宿鮫シリーズ以外は大沢作品 いまいちかもだ。

っていうか
新宿鮫のおもしろさが普通じゃないから期待しすぎちゃうのかもしれないな。



siro_blanc at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)--- 本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔