【番外編】いざ新居へ -引越ナビ.comでお引越し-

本の感想ではないけど、近況を備忘録。

先週、横浜市へお引越ししました。
さよなら…大好きな千葉県。

住宅ローンに追われる身としては、引越し代は少しでも安くあげたい!
ということで「引越ナビ.com」というとこで引越ししました。
単身者にはかなりお得だと思います。

安いからちょっと心配だったけど、手馴れてた感じでテキパキと作業してくれました。
ガテン系のお兄さんは重いものも楽々なのです。

移動はトラックの助手席に乗り込んで一緒に。
気さくなお兄さんで話も弾み、あっというまに到着。

マンションの引渡し日とあって、引越しする人がいっぱいでした。
でも、そういうのも慣れてるらしく
うまいことトラックが止めてくれて、
他の引越し業者に混じってうまいこと運び込んでくれて、15分くらいで終了。

そんな感じで、私の引越しはあっというまに終了しました。

引越しから一週間経って、揃える物なんかも揃え終わって、やっと一段落つきました。
明日は、横浜の図書館へ行こう。
最近、本読めてないから。

ZOO 1

著者:乙一

osusume_0004
◆あらすじ
天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。

・カザリとヨーコ
・SEVEN ROOMS
・SO-far そ・ふぁー
・陽だまりの詩
・ZOO続きを読む

こころ

著者:夏目漱石

◆あらすじ
親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った“先生” という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に主人公が描かれる前半と、後半の主人公の告白体との対照が効果的で、“我執”の主題を抑制された透明な文体で展開した後期三部作の終局をなす秀作である。続きを読む

傷物語

著者:西尾維新

◆あらすじ
全てはここから始まる!『化物語』前日譚! 全ての始まりは終業式の夜。阿良々木暦と、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハードアンダーブレードの出逢いから――。『化物語』前日譚!!続きを読む

化物語(上・下)

著者:西尾維新

◆あらすじ
阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異。続きを読む

1ポンドの悲しみ

著者:石田衣良

◆あらすじ
数百キロ離れて暮らすカップル。久しぶりに再会したふたりは、お互いの存在を確かめ合うように幸せな時間を過ごす。しかしその後には、胸の奥をえぐり取られるような悲しみが待っていた―(表題作)。16歳の年の差に悩む夫婦、禁断の恋に揺れる女性、自分が幸せになれないウエディングプランナー…。迷い、傷つきながらも恋をする女性たちを描いた、10のショートストーリー。続きを読む

スローグッドバイ

著作:石田衣良

◆あらすじ
「涙を流さなくちゃ、始まらないことだってあるんだよ」。恋人にひどく傷つけられ、泣けなくなった女の子。彼女に青年の心は届くのか(「泣かない」)。上手に別れるため最後にいちばんの思い出の場所へいく。そんな「さよならデート」に出かけたふたりが見つけた答え―(「スローグッドバイ」)など普通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。出会いから別れまでの一瞬一瞬をやさしく描く傑作短篇集。続きを読む
プロフィール

siroanx

貧乏OLによる
物忘れ防止のための備忘録です。
ただひたすら読書感想文を載せるだけのblog

記事検索
月別アーカイブ