ひゃっはろー


オノが気になるシロですよっ
今回のブログではオノについて色々と確認をしてみようと思います。

オノといえば


バージョン3.5後期の特技修正にて以下の通りオノスキルが
パワーアップします。


◎蒼天魔斬の消費MPが5に変更。
◎降魔紅蓮斬の威力がUPしCTが短縮。

Level①220秒→120秒
Level②180秒→90秒
Level③110秒→60秒

蒼天魔斬のMP消費減は戦士や魔物使いなどの
MPが低い職にとってはありがたい修正で使い勝手が良くなりそうです。

個人的には逆に消費MP上げて威力UPでも良かったと思うのですが 
これは両手剣の渾身斬りに合わせた修正でしょうね。

そして、降魔紅蓮斬は待望の威力UPです。
またCT短縮も約半分に短縮されるので発動機会が増えてイイですね!     

オノスキルが求めていたのは重たい一撃だとずっと感じていたので
これは嬉しい限りです(OvO)

倍率は現在の2.85〜3.15倍からどれぐらい上がるかが楽しみです。

比較として
両手剣スキルの全身全霊斬りは

倍率が3.9〜4.1倍
CTが65秒となるので

Level③ならCT速度は上回りますし
MP回復効果も備えているので

3.8〜4倍前後ぐらいになるんじゃないかと予想しております。

とはいえ…
オノはダメージ幅がピーキーな設定なので
誤差がすごく出そうですが

とにかく威力UPには大期待ですねっ


ふふふフフフ


【オノスキルの簡単な歴史】


さて、そんな強化されるオノについて
今回はちょっと振り返りをしてみましょう!

オノスキルはサービス開始より

戦士が装備出来る重火力武器として登場しましたが

当初は敵の守備力が高い上に倍率が低く
それでいてMP消費も激しいという…。

前線で戦うには決してイージーな武器では無かったと思います。

それを見かねてか


かぶと割りの成功率が修正され強ボス戦で守備力を下げやすくなったり
オノむそうや蒼天魔斬の倍率が修正されて

現在のようなハイリスク×ハイリターンな武器に生まれ変わりました。

またこの時期に双属性のアポロンのオノが登場した事により


当時、話題の中心にあったピラミッド攻略で猛威を奮い
オノ人気は絶頂に 

当時のオノ戦士人気はスゴかったです。



ただ、それ以降は新武器が実装されるのみで
特にこれといった修正がなされておらず。

かわりに長らく放置されていた両手剣が超強化され

両手剣スキルの方が使い勝手が良い&ダメージ効率が良い為
オノから両手剣に持ち替える方が多く。

戦士なら両手剣・片手剣
レンジャーなら弓やブーメラン
まもの使いなら爪

…といった風潮もあり

オノは一部の愛好家を残し、
人気は控えめになっているのが現状だと思います。

以上がオノについての簡単な歴史の振り返りとなります。



【オノの種類とその効果】


オノはアポロンのオノ以降はどれも永久的に使えるとも言える程
バリエーション豊かに新作が次々と実装されています。



1

攻撃力+142
HP+2
光属性攻撃・炎属性攻撃

オノを一躍メジャーに上げた双属性オノで
弱点をついたり、戦神ベルトと合わせて使えば今でも現役です。


2

攻撃力+146
MP+10
悪魔系にダメージ+10%
MP消費しない+4%

悪魔系の敵と戦う時はこのオノを!!


3

攻撃力+150
氷属性攻撃
攻撃時2%でマヒ

氷が弱点の敵にはこのオノです。
マヒ効果がついているのも特徴で、
確率は低いけれど入ると強力な効果です。


4

攻撃力+156
マシーン系にダメージ+10%
MP消費しない+4%

マシーン系に大ダメージを与えるオノです。


5

攻撃力+162
魔物を倒すと5%でためる
会心率1.2%

複数敵と戦う時に有効なためるの効果で
ピラミッド系のコンテンツでは大活躍!
会心UP効果はオノ技は会心補正がついてしまうので気休め。

でも仲間モンスターのバトルレックスの隼斬りにはいいかもw


6

全ての攻撃ダメージ+3%
MP消費しない+10%

どんな攻撃でもダメージを上げてくれる優れた効果。
実際の攻撃力以上の火力を引き出してくれるのが特徴です。

レンジャーのフェンリルやケルベロスの火力も上げてくれます。

またMP消費しないの効果も10%なので高い確率で効果発動。
紅蓮斬と合わせてMP切れが圧倒的に減りますねw


以上がアポロン以降のオノとなりますが
見て感じてもらえたと思いますが

戦う相手によってオノを取り換えて戦う事で
どのオノも最前線で戦える効果を持っています。

属性や種族の弱点をつけない相手の場合は
ヘカトンケイルを使うという感じですね!

また仲間に魔法戦士がいれば属性をつけてもらえるので
ヘカトンケイルで戦えば1番の火力を発揮する事が出来ます。


ちなみに比較すべき両手剣の最新武器は

聖剣アスカロン 攻撃力+ 180
フューリーブレード 攻撃力+172

…となっておりオノの攻撃力は両手剣には及びません。

8

ただし150スキルまでで両手剣スキルでは装備時攻撃力+65
(ガード性能もあるのが両手剣の良いところ)

7

オノスキルでは装備時攻撃力+70だったり
各種オノの効果で差を補って戦えば攻撃力の差は十分に埋められます。


【オノスキルの倍率】

10


ボス戦でメインで使用するオノスキルの倍率は以下の通り

蒼天魔斬→単体2.85〜3.15倍+15%(1%)
真オノむそう→範囲1.9倍×2+15%(1%)
オノむそう→範囲2.0〜2.3倍+15%(1%)
降魔紅蓮斬→単体2.85〜3.15倍+20%(2%)
→3.5後期で更にパワーUP
鉄甲斬→単体1.5倍+40%(3%) 守備力・素早さ2段階減

1つ1つの倍率が非常に高く設定されています。

その分、発動速度が遅くモーションがゆっくりなので
DPSで考えると他の武器に劣る可能性があります。

ただモーションがゆっくりな分、キャンセル可能時間が長めで
敵の攻撃に合わせて発動をやめて素早くその場を離れる事が可能です。
(※完全に発動すると無理)

image

これはイカ戦など範囲攻撃の多い敵を相手にする時の
アドバンテージになり得ます。


image

基本的に蒼天魔斬で攻撃していき
CTがたまったら真・オノむそうや紅蓮斬で攻撃!!

災禍の陣が発動された時の真・オノむそうは強烈です。

仲間をたくさん呼ぶタイプのボスにオノむそう系で
一気にダメージを与えられるのは非常に強いであります。

鉄甲斬は相手の異常耐性により使用するかを切り替えましょう。
効果が発動すればかなり有利に戦いを進められます。

オノの特技は確実にダメージを与えていく頼もしいダメージソースとなります。

なお、両手剣の渾身斬りと蒼天魔斬の宝珠込みの倍率は
ほとんど変わりません。

でも他の攻撃スキルが両手剣に大きく倍率差がある為に
(全身全霊斬り・プラズマブレード・ビッグバン)

オノよりも両手剣の方がダメージ効率が良いという感じになっています。
やはり紅蓮斬の強化にオノの未来がかかっていますねww


11

アプデ後のオノスキルの180スキルは紅蓮斬が180にする予定です。
紅蓮斬でいかにダメージを稼げるかにかかってますからねw

紅蓮斬の宝珠の宝珠は最大22%と補正が大きいので
倍率の上がり具合によっては全身全霊斬り(最大16%)を上回ります。

これによりオノは一時期の大人気武器に返り咲けるのか!?
両手剣リベンジなるかが気になります。

果たしてどうなるでしょう?

image

でも大事なのは自分の好きな武器でいかにして強敵と戦い…
いかにして楽しめるかっ!!!!

個人的にはどの武器も型にハマったら
どの武器でも同程度のダメージを稼げる!!

…というようなバランスが欲しいところですが
まだまだ格差がやっぱり多少はございます。

でも、だからこそDPSが低くても
楽しめたら本望って遊び方もあっても良いと思います。
(時と場合によるけれど!)

まあ、後期まであと1週間半( ゚Д゚)
オノを磨いて待っています!!

でわでわ~