こんにちは、しろいたちです。

こちらの、大サバ 爆釣の為の釣り方。もあわせてごらんください。



それではどうぞ!

竿は磯竿4号、5.3m。

重いですが、大サバが掛かった時、40㎝を超えてくると、すごい引きです。最大の難関は、抜きあげる時。アジュール舞子、大蔵海岸ともに柵があります。なかなか高さもありますので、短い竿だと慣れていないと、抜きあげた時、柵に引っ掛かってしまいます。

そうです、私も経験者。大蔵海岸でようやく掛かった大サバ。3号の磯竿でしたが、長さが3.8mほどでした。巻きも足りず、柵に掛かり、サバが外れ、海にチャポン!

今、こうして書いてだけで、その光景が思い出されます。

5.3mは長いので何かと扱いにくいですが、長めの竿で挑まれた方がいいと思います。

リールは3500番

大サバに負けないパワーを持って、早く巻けるものを選んでください。

早く寄せてこないと、お祭りの原因になりますし、ばれる確率が上がります。

実際、抜きあげてすぐに針から外れることも3割ぐらいの確率であり、取り込みに時間がかかれば、はずれる確率も上がってしまいます。30㎝前後ならそうそうないのですが、40㎝を超えてくると、自分のパワーで、しっかり飲み込ませていてもはずれてしまいます。

針が、口に掛かっているのに、エラから出血しているの場合は飲み込んだ針が、はずれて、再度口に掛かった証でしょう。
たまに、抜きあげずに、タモで捕獲をしている方がいますが、柵があり、高さもあるので、6mぐらいは必要で、タモ入れしずらいし、そうとう、横走りしますし、再度潜ったり、なかなかタモには入りません。

沖に向かって走り出すと高確率でばれてしまいます。

この、沖に向かって走られる事のないようにしなければなりません。私も、何度となく沖に向かって走り出したらバラシてしまっています。反対方向に走り出したら注意です。

針は2本針。

自分で作ってもいいですし、1本針でも問題ないです。2本針のデメリットは絡みやすい事なので、1本針の方が絡みが少ないでしょう。

この絡みが少ない仕掛を作っておくことも大事です。

サバは回遊魚、大サバになっても、団体生活です。回遊してきて1匹が釣れだしたら、バタバタと2~5匹ぐらい釣れる事が多いのです。

この回遊の時に手返し良く、何匹釣れるか?で匹数が違ってきます。

仕掛が絡んで、回遊時に大サバの口元にエサを投げ込めない!こんなに悔しい事はありません。

そこで、回遊が無い時に、何度か投げてみて、良く絡むようなら仕掛を変えましょう。


私は2本針で使用しています。

ハリスは4号。3号でもいいんですが、何匹か釣っていくと、ハリスにどうしてもキズが付きます3号だと交換しないと40㎝級を抜きあげる時切れるかも?

その点、4号あれば10匹は余裕でOK!実際15匹ぐらいは同じもので釣っています。

さすがに針がなまってくるので本当は10匹釣り上げたら交換することをおすすめします。

1日に10数匹釣れたらOKでしょう?

4号あれば1日もつだろうと4号にしています。食いは3号と変わらないです。

もう1つ運が良ければ2匹釣れる事も!35㎝級を2匹。年に2~3度あります。

さすがに40㎝を超える2匹は無いですが、40㎝が2匹かかったら抜きあげれるかな?と考えます。

さらに、2本針だとエサを1つ取られても、もう1つあるので、そのまま流せます。

サバの場合、エサを取ったやつがもう一度、食いに来ることはないですが、団体のなで、もう1本のエサに違うサバがくる確率が高いです。


ウキは棒ウキ、3号。

重りは2号から2.8号ぐらいまで、波の感じで変えています。

5号でも試しましたが、食いこみが悪い気がします。そこで、3号にもどすと、針に乗りだしました。

でも、この3号ウキで、2号の重りかしぶしぶぐらいを狙うのか?ここも難しい所、日によるし、波の状態にもよるようです。

水中ライトかケミカルライトか?

釣り場でみなさんの仕掛をざっと見ると、ケミカルライトのグリーン、もしくはレッド。でも、グリーンが多いです、それと、レインボウの水中ライトに大きく分かれます。

私は、昔はケミカルライト、50を2つ、つけていましたが、今はヒロミ産業の水中ライトのレインボウです。

たまにグリーンやケミカルライトのグリーンが、いい場合が1割ぐらいの確率であるようです。
私の感じ方ですが。
P7300304
こんな感じです。丁度グリーンですが水中ライトはレインボウです。


次に、エサ。


私は、エサは基本、サンマの切り身を使います。

スーパーで買ったサンマを自分で切ります。

というのも、エサ屋で売っているサンマの切り身では大きすぎる事が多いので、自分で切り身のサイズを決めて変えれるので、こうしています。

あと、キビナゴもいいようですが、これも普通のサイズでは大きいようで、あたりも多いのですが、なかなか、針にかけるのが難しい様です。

使うなら、小粒のキビナゴがよく、実際お隣さんは小粒のキビナゴで良く釣っている方もいました。

エサ持ちの点ではやはりサンマの切り身がもちますので、回遊までの時間でエサの消費をおさえれますし、エサの付け替えの時でも早いので、せっかくの回遊の時にいかに釣るか、なので手返し良くできます。
P7300289
この時は生のサンマが無かったので、冷凍の塩サンマを半解凍ぐらいで3枚におろし、
P7300293
切り分けます。

大きさは、少し小さめ(上の半身)と、大きめ(下の半身)を作っておき、その日の食い気によって、食いがいい時は、2本針なので、大きめを下に、つけます。

食いが悪い時は、小さめを付けます。2本針の場合、下の針に掛かることがほとんどですので、下の針につけるエサをその日の食いの状況にあわせて選びます。

大きい方がアピールがあり、あたりも多いのですが、食いが悪いと、ウキをギューンと持っていっても口まで針が掛かってなくて半身になって帰ってきたり、掛からなかったりします。

その日のサバのサイズや食いにあわせて大きさを選べるようにしておきましょう。

そして、エサは、鮮度が大事!です。

待ってました。O-SABA

 ↑ ここでも書きましたが、去年釣れなかった事もあり、最初、冷凍庫で眠っていたサンマを使用していました。

しかし、何人か先の方が一人バンバン釣り上げるのに私のウキはなかなか沈まない。

こんな事は無かったのに...。と夕方にそのバンバン釣っている人がサンマをさばいていたのを思い出した。

そこで、せっかく持ってきていた、今年購入したサンマに変えてから、猛追したものの、5匹で回遊が終わったようでした。「始めから...」と思うともっと釣れていたはず....。エサ以外はすべて同じですので。仕掛、投げるポイント等。



私は、2011年から釣りに行き始めて、初夏ごろになると待ちに待って行く、大サバ釣り。アジュール舞子によく行きます、大蔵海岸などにも行きます。

毎年、5月ぐらいから、淡路島のあたりで釣果の情報があり、6月中頃~下旬にアジュールや大蔵海岸に回遊してくる大サバなんですが、ここ2年ほど7月にならないとアジュールにきていないようで、年によっても多少違うようです。そして、7月末から8月中頃までの期間限定の回遊です。

釣り場は夕方からいっぱいになりますが、
あのウキを、一気に引きこんでいく瞬間と、力強い引き、そして、あの美味さ。

もう、その辺でサバは買えない。妻も、どうやらあんまり好きじゃなかったサバ。どうしても、独特のサバのくせが気になっていたようですが、自分で釣ったサバは、すぐに締め、血抜きをし、冷やすので、1日目よりも、2日目が熟成されてより、あまくなり、うまみも強くなり、気になるくせもまったくなく、とてもおいしいです。



ああ、毎年大サバ釣りが(もちろん食べるのも)待ち遠しい。

BlogPaint



今までの大サバの釣果です。

2011年は播磨で釣っていました。ここは、朝でした。仕掛はみなさん、投げサビキです。

サイズは、30㎝~35㎝ぐらいでした。
しかも、この年はエサ屋さんもびっくりするぐらい釣れていたようで「今年は、そこらへんのどこでも釣れてる。しかも長いこと釣れてる。」とのことでしたが、私的にはあまりいい釣果はなかったです。

夜明けから、10時ぐらいで、2匹ぐらい...でした。

最初の時は、大サバ30㎝をなめていました。普通の格安サビキでやると、掛かっても、針が曲ってはずれるし、ハリスは切られてしまうし、散々でした。

場所もやはり関係あるのか?

私の隣りぐらいの方までが5匹、10匹と釣っていたような記憶があります。

何度か行ったがやはり、2匹どまりでした。

この年以来、この釣り場へサバを狙いに行ってませんが。


ここからは、アジュール舞子や大蔵海岸での夜釣り。

2013年も、6月に妻と2人で、8匹釣れる事は1度ありましたが、この時は、周りでも良く釣れていました。

1人でも7,8匹釣っている方もいてました。

7月は、1匹だけでした。

2014年も、1匹、6匹、2匹、2匹の釣果、台風前で釣れない日もありましたが。
002
6月26日 6匹
002
7月14日の2匹。
001
7月24日の2匹。

ここまでも、結構いい釣果、安定して釣れていると思います。



2015年も、7月中6匹、3匹、7匹、4匹、8月に2匹。 でボウズ無し。

002
001
002
002


ここまでは、全体的にも、サバの群れも大きかったのか、良く釣れてました。
そして、水中ライトも、ケミカルライトから、水中ライトのレインボウに変更で、少し釣果がアップしています。


変化があったのは、
2016年、釣れない年でした。サバがいないと釣り場でよく聞きました。

7回のうち3回が釣れずに帰る。

6月の2回はまだ、誰も釣っていない。ので仕方ないと思います。

そんな中、8匹釣れた7月7日。七夕ですが、大サバです。


そして、2017年も。なかなか釣れない感じでした、

7月12日。
DSCF5374

そして、7月26日。
P7270281


爆釣になる日が7月27日でした。

P7280286
1人で11匹。時間は2時間ほど。

このブログでも紹介しています。

待ってました。O-SABA

大サバに竿を

今日も大サバ釣るぞ!de大爆釣!11匹! by しろいたち




釣りにいきたくなってきましたね~。




次回、釣り方について。

それまでに、まずあたりがあるように仕掛の見直しなど行いましょう。






「 note 」で「しろいたち流」のタチウオと、大サバの販売を開始いたしました。

BlogPaint


アジュール舞子(夜釣り)の大サバ「しろいたち流」の釣り方。

タチウオのウキ釣り。「しろいたち流」

この2つをセットで販売(マガジン)もしています。
マガジンの方がお得になってますのでおすすめです。

また、ラクマでもタチウオの仕掛けの販売は、在庫限りで、しばらく続けますが、在庫が無くなり次第「 note 」に1本化していく予定です。


タチウオ、サバのウキ釣りに関して、こちら下のフォームからお気軽にどうぞ。
内容は一切ブログ上には表示されません。