市民選手権放置しすぎ

2010年02月23日

市民選手権 つづき

イヤ〜な予感をしつつ、1日目が終了。

いつも教えてくれる後輩が
「ビビリすぎですよ」と。

どうやら、普段私が普通に滑っている技術で
今日のポールも滑れるらしい。

要は気持ちの問題。

「ポールに入ると本当、借りてきた猫ですよ」だって。

そういえば、前にも「斜面がきつくなると滑りが別人」って
コーチに言われてたことがあったっけ。


そんな感じで、大会当日。

1本目はGS(大回り)。
雪が結構降っていて、コースは結構柔らかい感じ。

滑っていて、「やっぱり怖いよ〜」って思ったけど
途中から、「いや大丈夫なはず」と思い直し
何とかゴール。
やっぱり気持ちの問題なのか?!

2本目はSL(小回り)。
GSより怖くはなかったので、気持ち的には楽だったかな?
タイムは別として。


大会結果を書くたびに
毎回同じ事を書くのもそろそろ止められるようになりたいんだけど
相変わらずのビリ。

後輩にも抜かれ、なんともひどい結果でした。

その後輩、SLは先輩を抜いて1位だったのですが
表彰式で「途中間違えそうになって、止まっちゃったのに・・・」と。

止まってしまった後輩よりも遅い私は
その言葉にかなりショックを受けたのでした

sirokuma0308 at 13:21│Comments(0)TrackBack(0) スキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
市民選手権放置しすぎ