判決文 ②後編

  これに対し、被告は、原告から、乙の2の1、2に撮影されている上記へこみや

損傷が、本件事故によって起きたものであるとの説明を受けた、原告は、左フェン

ダーの修理は時間がかかるとして前部バンパーのみを修理することになったが、保

険金の請求は、修理しない左フェンダーの損傷についてもできるので、これを含め

た修理費用の見積書を全労災に提出した、その見積書に基づき、全労災とは修理費

を11万5000円とする協定がなされたものの、その後、協定金額が6万500

0円(もっとも、乙3では、全労災から支払われた保険金は6万9639円とされ

る。)に減額された、被告としては、当初の協定金額は正当と考えており、なぜ減

額されたのか分からない、被告は、別途、原告から依頼されたATミッションオイ

ルの交換費用を含め、原告に、その修理費用8万8480円を請求した(乙3)が、

原告から、協定金額を超える費用は支払わないと言われ、結局、その部分はサービ

スとして値引き処理した(乙4)と主張する。

以上の各主張の真否を検討するに、まず、原告の主張は、自ら起こした事故である

のに、前部バンパーが脱落しかけたという以外には、本件自動車のどこが、無人自

動車のどこに接触してこのような事故が起きたのかわからないというのであり、に

わかに信じがたい。一方、被告の主張は、協定金額が減額された理由は分からない

と言いながら、協定金額が決定された根拠となる見積書につき、捜したが見つから

なかった、実際に修理を行わない見積書だけの場合は、古いものは消去されるとい

うが、本件事故は、平成24年1月28日(乙2の1の説明文)であり、半年程度

しかたっていない上、修理しないからといって、保険請求のために提出される見積

書のデータが消去されてしまうというのは、被告がメーカー系列の販売・修理店で

あることからすると、考えられないことであり、虚偽の説明と認めざるを得ず、被

告が何らかの不正行為をしたなど、被告あるいは関係者にとって都合の悪い部分が

あるため、これを提出しないものと考えられる。そうすると、被告が原告に無断で

不正請求をしたとの原告の主張も、あながち荒唐無稽とはいいがたいが、反面、既

に述べたとおり、原告の主張も、自らの引き起こした事故につき、当然できるはず

の説明ができておらず、調査嘱託の結果によれば、全労災は、本件事故による損傷

は、前部バンパー下の損傷と判明したと回答しているが、原告は、その経過につい

ても納得できる説明がない。この点は、不正請求があったか否かという本件の根本

的争点に直接関わるもので、無視できない。そうすると、原告の主張を全面的に信

用し、ただちに、被告が、原告に無断で不正請求したと断じろことは困難である。

原告は、修理業者であれば、乙2の1、2に撮影された損傷が、本件事故によるも

のでないことは明らかであると主張するが、明らかに古い損傷であればともかく、

顧客の説明なしでも、損傷の新旧を判断できるとはいえず、乙2の1、2の写真だ

けでは。その判断は困難である。

   以上によれば、原告の主張は、被告が、原告に無断で不正請求したことが前提と

なっているが、その点につき立証が十分とはいえないから、採用できない。

すなわち、請求の原因3の井手の行為は、原被告間で、本件の修理費用を巡ってト

ラブルが発生しており(この事実は、原告も争わない。)、被告において、当初の協

定金額を正当と考えていたのであれば、何ら問題のない行為であり、請求の原因4

の多田の行為も、被告が不正請求していないのであれば、全労災に謝罪する必要は

なく、謝罪に応じたという原告の主張も信用できないからである。

2  次に、芽窪の行為を理由とする不法行為(請求の原因5の事実)について、判断

する。

 このうち、芽窪屋島店の従業員であること及び芽窪が原告主張のような説明を

し、原告が新品による修理を希望したこと、すなわち、事実関係そのものは、ほぼ

当事者間に争いがない。

 そこで、検討するに、一般に、中古品は、修理などが十分にされていたとしても、

新品よりは、部品の劣化などにより不具合が於きやすい可能性が否定できないもの

であり、多くの消費者もそのような危惧を抱いているといえるから、芽窪の説明が、

不法行為と評価されるような、著しく顧客の判断を誤らせる不当なものであるとは

認められない。原告の主張は採用できない。

3 以上によれば、原告の請求は理由がない。

         高松簡易裁判所

           裁 判 官   山  本   恵  三


これは正本である。

平成24年11月7日

裁判所書記官 綾井夕香里


判決文章が長いので ①前編 ②後編 に分けてアップしました。

平成24年11月7日判決言渡 同日原本領収 裁判書記官 綾井夕香里

平成24年(少コ)第84号 損害賠償請求事件(通常移行)

口頭弁論終結日 平成24年10月10日

判              決

   香川県高松市○○町○○○○

      原          告   ○  ○   ○  ○

   香川県高松市香東町329番地4

       被         告   株式会社ホンダ四輪販売四国

       代 表 者 代 表 取 締 役   松   本   明   広

       訴 訟 代 理 人     多   田   雅   彦

主              文

1 原告の請求を棄却する。

1 訴訟費用は原告の負担とする。

事実及び理由

第1 請求

 被告は、原告に対し、20万円払え。

第2 請求の原因

 1 原告は、平成24年2月ころ、自動車(以下「本件自動車」という。)を運転中、

駐車場で自損事故(以下「本件自己」という。)に修理を依頼するとともに、保険

会社が全労災であることを告げ、保険請求の手続一切を、屋島店の営業チーフ井手

克也(以下「井手」という。)に依頼した。

 2 井手は、全労災に保険請求をするにあたり、原告に無断で、本件事故で破損して

いない部分をも加えて請求したため、いったんは、修理金額を11万5000円と

する協定がなされたが、その後、井手不正請求が明らかとなり、修理金額を6万

5000円とする再協定がなされた。

 3 井手は、協定金額が減額されたことにつき、全労災の担当者であるA(以下「A
  」という。)に対し、原告に無断で、原告の氏名を使い、「○○さんがえらく怒っ

ているので困っているので何とかしてくれ。」と電話した。この電話は、井手が単

独で不正請求したのに、原告が保険金詐欺を首謀あるいはこれに加担しているよう

に装う行為であり、原告に対する不法行為である。

 4 Aから、上記の電話を知らされた原告は、屋島店の店長多田雅彦(以下「多田

という。)に抗議し、全労災に謝罪するよう要求したところ、多田もこれを了承し、

その後の原告の確認に対しても、謝罪したとの返答があったが、実際には、謝罪は

なされていなかった。これも、原告に対する不法行為である。

 5 原告が、平成24年6月ころ、屋島店で、バッテリー及びエンジンの故障の修理

をした際、営業担当の芽窪勇貴(以下「芽窪」という。)から、「リサイクル品は、

保障期間は半年で、故障するかもわかりません。もともと一回故障していますので、

新品はリサイクル品より4万円高いですが、保障期間は1年です。おすすめは新品

です。」と言われ、新品を購入したが、リサイクル品であっても滅多なことでは故

障することはなく、違法なセールストークであって、原告に対する不法行為である。

 6 上記3ないし5の井手多田芽窪の行為は、いずれも被告の業務としてなされ

たものであるから、被告は、これらの行為により原告に生じた損害を賠償する責任

があり、原告が被った精神的損害は、20万円と評価すべきである。

 7 よって、原告は、被告に対し、不法行為による損害賠償請求権に基づき、20

  円の支払いを求める。

第3 請求の原因に対する否認

 1 請求の原因1の事実のうち、原告が、被告に対し、自損事故による本件自動車の

修理を依頼したこと、井手屋島店の従業員であることは認める。ただし、修理依

頼の日は平成24年1月28日である。

 2 請求の原因2の事実のうち、協定金額がいったんは11万5000円とされ、そ

の後6万5000円に減額されたことは認めるが、その余は否認する。

 3 請求の原因3の事実は争う。

 4 請求の原因4の事実のうち、芽窪屋島店の従業員であること及び芽窪が原告主

張のような説明をし、原告が新品による修理を希望したことは認めるが、その余は

争う。

第4 当裁判所の判断

 1 本件不幸行為のうち、井手及び多田の行為を理由とするもの(請求の原因1ない

し4の事実)について、まず判断する。

 このうち、原告が、被告に対し、自損事故による本件自動車の修理を依頼したこ

と、協定金額がいったんは11万5000円とされ、その後6万5000円に減額

されたこと、井手多田が、屋島店の従業員と店長であることは、当事者間に争い

がない。

 この不法行為の主張は、結局、本件自動車の修理につき、被告の従業員が、原告

に無断で、全労災に対し、虚偽の修理見積を提出したのに、全労災に対しては、そ

れが、あたかも原告の指示に基づき、あるいはその関与の下で、行われたかのよう

に装ったというものである。そこで、その判断の前提として、本件事故の状況や二

度にわたる修理金額の協定の経過等について検討することとする。

 この点につき、原告は、本件事故は、原告が、勤務先近くの無人駐車場に本件自

動車を駐車し、駐車代金を支払って本件自動車を駐車場から出す際に起きたもので

あり、本件事故により全部バンパーが脱落しかけたが、屋島店で、とりあえずバン 

パーを手で押してはめ込んだ、被告から提出された写真(乙2の1、2)に撮影さ

れている前部バンパーの左側の左前輪に近い部分から左フェンダーにかけてのへ

こみや損傷は、別の事故によるもので、本件事故とは無関係であり、本件事故によ

る損傷は、前部バンパーのみである、当初、全労災とは、修理費を11万5000

円として協定したが、その後、全労災の担当者であるBから連絡があり、事故状況
  を説明すると、協定金額が6万5000円に減額され、井手が、修理費を不

正請求していることが判明したと主張する。

②後編 に続く

私のブログが人気ランキング2位とかで反響の大きさに驚くとともに読者の皆様への感謝の気持ちで一杯です。今まで修理等で世話になり仲良くしていただいた工場の方々が他店に転勤され、新しい担当が井手のような人間で自分のされた事を知った時に愕然としたものでした。かつての担当者との思い出は4年間で3回の自損事故の他、小さな擦り傷は気にしない口ですが、工場の方が気を利かせて塗料を塗ってくれた事は数知れず、二人の合言葉は「良かったら水虫の薬を塗ってくだされ」「わかりましたこのくらいで金はいいですよ」そんな会話がお世話になった方の間では良く交わされたものでした。

私は過去にこのような事もあり豪く感謝して差し入れ(アイスクリーム)を2回ほど行った。かつて他所の店長だった従弟によると、「それでなめられたんじゃ、仕事でやっとることやけそんな事せんでええが、そんな事するからじゃ」と言われた。私はカチンと来て「なんかいな、ホンダでは感謝の印を示したらそれに付け込まれて詐欺に名前を利用されるんか、それとも何かい店を挙げていやひょっとしたらホンダカーズ香川屋島店を挙げて弱い時だけ逆に罠を仕掛けるんか、それですってらこってら言うて有耶無耶にして一丁上がりかい」そう言うと従弟は私の言葉を否定し「ホンダが寂しい会社になってしまったと思う」と言い「存分にやれ」との言葉をもらった。かつての部下だった多田店長が「このような人間になるような指導をした覚えはない」事などその他いろいろと語り合った。

救われたのは「気が済むまでやってみたら」と言ってもらったのと、従弟が社会人2年生の娘にホンダの車を薦め購入させた事かな。ホンダを信じたいんか?恩義かな。ただ笑えるのは娘の就職先は今回の件を当て嵌めると(注意申報)の一通も書ける組織だけどね。

今正規労働に就けない人が総人口の40%にもなり貯金ゼロ世帯が31%とか。このご時世で車を保有するのは厳しいですね、みんな遣り繰り重ねて車を持ってんのかな?、私は52歳だけど多田店長井手ととそんなに年は変わらんと思う。あの御仁たちが310人を要する会社の正社員だったり店長という肩書きを持っているのを見ると、一生懸命真面目に生きていても正規労働に就けない若い人が気の毒としか云う他ないね。正直者が馬鹿を見るこんな世の中でええんかいな。しかしホンダと云う組織、油断してフレンドリーな態度に出たらアナコンダみたいに長年の客を飲み込むんかな。いや客とは思われてなくてカモだったかでありして、くわばらくわばら。ところでマスコミ関係の皆様、もし書き込みに興味を持たれたら連絡先を書いておいてください。広告の関係があるのでマスコミ魂よりホンダとの関係が大切かも知れませんが、勇気ある方お待ちしております。

↑このページのトップヘ