私のブログが人気ランキング2位とかで反響の大きさに驚くとともに読者の皆様への感謝の気持ちで一杯です。今まで修理等で世話になり仲良くしていただいた工場の方々が他店に転勤され、新しい担当が井手のような人間で自分のされた事を知った時に愕然としたものでした。かつての担当者との思い出は4年間で3回の自損事故の他、小さな擦り傷は気にしない口ですが、工場の方が気を利かせて塗料を塗ってくれた事は数知れず、二人の合言葉は「良かったら水虫の薬を塗ってくだされ」「わかりましたこのくらいで金はいいですよ」そんな会話がお世話になった方の間では良く交わされたものでした。

私は過去にこのような事もあり豪く感謝して差し入れ(アイスクリーム)を2回ほど行った。かつて他所の店長だった従弟によると、「それでなめられたんじゃ、仕事でやっとることやけそんな事せんでええが、そんな事するからじゃ」と言われた。私はカチンと来て「なんかいな、ホンダでは感謝の印を示したらそれに付け込まれて詐欺に名前を利用されるんか、それとも何かい店を挙げていやひょっとしたらホンダカーズ香川屋島店を挙げて弱い時だけ逆に罠を仕掛けるんか、それですってらこってら言うて有耶無耶にして一丁上がりかい」そう言うと従弟は私の言葉を否定し「ホンダが寂しい会社になってしまったと思う」と言い「存分にやれ」との言葉をもらった。かつての部下だった多田店長が「このような人間になるような指導をした覚えはない」事などその他いろいろと語り合った。

救われたのは「気が済むまでやってみたら」と言ってもらったのと、従弟が社会人2年生の娘にホンダの車を薦め購入させた事かな。ホンダを信じたいんか?恩義かな。ただ笑えるのは娘の就職先は今回の件を当て嵌めると(注意申報)の一通も書ける組織だけどね。

今正規労働に就けない人が総人口の40%にもなり貯金ゼロ世帯が31%とか。このご時世で車を保有するのは厳しいですね、みんな遣り繰り重ねて車を持ってんのかな?、私は52歳だけど多田店長井手ととそんなに年は変わらんと思う。あの御仁たちが310人を要する会社の正社員だったり店長という肩書きを持っているのを見ると、一生懸命真面目に生きていても正規労働に就けない若い人が気の毒としか云う他ないね。正直者が馬鹿を見るこんな世の中でええんかいな。しかしホンダと云う組織、油断してフレンドリーな態度に出たらアナコンダみたいに長年の客を飲み込むんかな。いや客とは思われてなくてカモだったかでありして、くわばらくわばら。ところでマスコミ関係の皆様、もし書き込みに興味を持たれたら連絡先を書いておいてください。広告の関係があるのでマスコミ魂よりホンダとの関係が大切かも知れませんが、勇気ある方お待ちしております。