January 03, 2006

順大 山登りで逆転し17年ぶり往路V

 正月恒例の箱根駅伝の往路で順天堂大学が17年ぶり7度目の往路優勝をした。史上3校目の5連覇を目指す駒沢大学は順大と30秒差の2位と絶好の位置に付けて、3日の復路に臨む。

 

 去年の山登りで脅威のタイムをたたき出した順大・今井。今年も山登りを任された。序盤にアップダウンが追加され、さらに過酷なコース設定となった。そいて悪天候。大雨でTシャツもずぶ濡れ状態。それでも今井をはじめ各校選りすぐりの猛者たちはハイペースで序盤から攻める。そんななか遅めのペースで保っていたのが2位・中大と5位・駒大。中大の中村はその後ペースがさらに落ちたが、駒大・村上は体力を温存していたのか、終盤一気に追い上げて、2位に上がり、トップの順大との差も大きく縮めた。レース後のインタビューで知ったのだが、どうも今井は体調が良くなかったらしい。終盤にペースが落ちていたのもそれが原因だろう。

 

 駒大の5連覇が達成できるかどうかが復路の楽しみだが、僕は出来るんじゃないかと思う。一番そう感じたのは5区の村上のレース運び。たぶん各校の監督の指示は、序盤は遅めのペースで入り、体が山登りに慣れた中盤から終盤にペースを上げて、順位を上げる。そういうものだっただろう。でも実際に前にランナーがいたり、後ろから迫ってこられると、遅めの指示が出ててもペースを上げてしまうと解説の方が言っていた。実際多くのランナーがそうなってしまっただろう。途中でトップに立った今井が体調不良で終盤にペースが若干落ちてしまったために、タイム差はそれほど開かなかったが、本来ならもっと開いていたかもしれない。そんな中、駒大の村上は序盤は遅め、そして中盤から終盤にかけて一気にという絵に描いたような展開で、5連覇を手繰り寄せた感がある。事実、順大・今井に抜かれた村上だが焦らずに自分のペースを保った。

 

 選手層にしても、10区間、そしてどの区間も20キロ前後もあるということを考えても、駒大が有利だと思う。そして往路と復路にいい選手を振り分けられるほど選手層が厚い。トップと3分ぐらい開いてたら、どうなるだろうってドキドキするが、30秒じゃなぁ、そういう感じがします。そして駒大を破るなら中大か日大だと思っていたが、その2校が駒大を追いかけなければならないのは厳しい。中大と駒大は1分弱、日大と駒大は1分半開いている。駒大・中大・日大の復路のメンバーがどれだけのレベルかはよくわからないが、おもしろい展開になればと思う。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sirou124/50303285
この記事へのトラックバック
第82回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの往路5区間、108・0キロで、関東19校とオープン参加の関東学連選抜の計20チームが争い、
【駅伝】順大が17年ぶり往路優勝【すぽろぐ2】at January 03, 2006 21:34
今年の箱根駅伝は復路6位スタートの亜細亜大学が優勝し 駒沢大学の5連覇を阻み亜細亜大学オメデトウ初優勝
亜細亜大学が箱根駅伝で初優勝【芸能&スポーツ瓦版】at January 04, 2006 11:31
この記事へのコメント
sirou124は、良くなかったらしい楽しみなど感じたのは
箱根で駒沢大学とか、駒沢大学や大きいトップなど任された
厚い絶好をインタビューすればよかった?


Posted by BlogPetのredsox11 at January 03, 2006 13:18