January 04, 2006

柔道・野村 五輪4連覇目指す!!

 31歳の男がついに決心した。男子柔道60キロ級でオリンピック3連覇を達成した野村忠宏が、北京オリンピックでの4連覇を目指し、本格的な練習に入る。アテネ五輪後も軽く練習は続けているのは知っていたが、北京を目指すかは悩んでいるとテレビ番組でも話していた。ただ悩んでいるうちも軽く練習して長いブランクをあけないようにしなければならなかったようだ。もし代表に選ばれれば、北京オリンピック時は34歳のちょい手前ということになる。最軽量級であるため、重量級以上に心技体の充実が要求される。柔道人生のピークは、普通の人で20歳代半ばぐらいまでだと思う。それを大きく超えた野村にとっては出場さえも容易なことではない。それが金メダル獲得となれば、もっともっと厳しいだろう。世界柔道以外の国際大会にも参加するなどして、世界での位置を知ることも絶対に必要だろう。

 

 今まで積み上げた栄誉や名誉を変に守ろうとせずに、どんどん困難な目標に挑んで行き、そして達成する。今回の目標も当然のように今までのものより数段達成するのは難しい。それは彼自身が一番わかっていると思う。そしてもう次はないことも。

 

 これから野村は、「やっぱり俺って天才」という思いと「やっぱり年齢にはかてないのか」という思いを繰り返しながら、柔道家としての最後の3年間を過ごすのではないだろうか。そして約3年後には、天才が天才であるが所以を最高の舞台で最高の形で見せてくれるのではないだろうか。こんな期待をしてしまうのも野村がやはり天才だからだろう。

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sirou124/50307477
この記事へのトラックバック
アテネ五輪男子柔道60キロ級で金メダルを獲得し、日本選手初の五輪3連覇を達成した野村忠宏(31)=ミキハウス=が、2008年北京五輪での4連覇を目指して現役続行の意思を固
【柔道】柔道の野村が現役続行 北京で4連覇目指す【すぽろぐ2】at January 09, 2006 22:30