2022年01月20日

画聖「雪舟」のアトリエ 雲谷庵 『山口県山口市』




画聖 
雪舟のアトリエ
雲谷庵です

P1050316

山口県山口市にあります

P1050318

雪舟は
1420年 備中の赤浜で生まれ
若くして僧籍に入り

後に京都に出て
禅を学ぶ傍ら
絵を学びました

1460年
40才頃には
第一流画家として
すでに名声高く

さらに
大きな希望を持って
絵を勉強するために

当時
中国や朝鮮から
新しい文化が入っていた
山口に住むようになりました

P1050324

1467年には
中国に渡り
3年間滞在

日本に帰った後も
山口に住み
画禅一致の生活をし

P1050325

雪舟67歳の時
生涯最大の力作
国宝「四季山水図」も
此処で描いたものです

P1050326

1506年
87歳の時に
此処で没したと言われていますが
諸説あるようです

P1050327


P1050328

雪舟が
この雲谷庵で暮らしたのは
室町時代

P1050330

現在
再建されている建物は
明治時代に
室町時代の材木を使い
建てられたものです

P1050331

靴を脱ぎ
中に入る事が出来るんです

P1050333

天井は竹張り

P1050332

囲炉裏がありました~

P1050336

こんな木戸が好きです

P1050339

床の間には
雪舟様

P1050337

ここで
どんな姿で
絵を描かれていたのでしょうか

P1050338


読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ






sirouturi at 17:34|PermalinkComments(0)中国地方旅行 

2022年01月06日

延隆寺の素敵な御朱印 仁王様の足元には~^^ 『大分県杵築市』



延隆寺の
素敵な御朱印

P3121877

この日
ご住職様はお留守で
奥様が
御朱印の対応をして下さいました

本堂内に入らせて頂き
南無南無

P1050265

心温まる
お寺です

P1050267


P1050266

きっと今頃は
本堂は
建て替えられていると
思います

P1050268

参拝が終わって
帰り道にも~

P1050269


仁王様にも
参拝お礼のご挨拶

P1050270

吽形で
ギュッと口を閉じた
仁王様の足の下には

P1050271

犬?っぽい物が
置いてありました~

P1050272

この仁王様は
かつて
立石天満宮で
弘法守護のため
山門に立っていたそうです

明治時代の
廃仏毀釈により
延隆寺に移されたそうです

駐車場にまで
見送りが

P1050274


楽しい
延隆寺でした


読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ










2022年01月01日

素敵な絵や言葉がたくさん♡ 御朱印もとっても素敵な「延隆寺」『大分県杵築市』



宇佐神宮を後にして
次に向かったのは
延隆寺

日蓮宗のお寺です

P1050254

駐車場に
心がウキウキする
こんな言葉

P1050255

お寺方向に歩いていると
ふと気が付いた
マンホールの蓋も
可愛かった

P1050256

仁王様の
案内によると
あと少しだそうです ↓

こんな絵を観ながら行くと
楽しい
お寺参りになります

P1050257

途中
花木も楽しめました

P1050258

狭くて
急な階段を上ると

P1050259

いらっしゃいました
仁王様

P1050260

国東近くは
こんな石仏が多くて
ホント面白い

P1050261

上った所に
またまた
素敵な絵~♡


P1050262

ご本堂です

P1050263

中に入り
参拝させて頂きました

P1050264

そして
素敵な御朱印を頂きました

明るい輝き
春のおとずれ

素敵~

P3121877



読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ