2017年05月

2017年05月30日

京都最後の思い出「南禅寺の三門」


京都の 超有名な所
南禅寺の 三門に 上ります
P3274529

近づくと
 大きさを ひしひしと 感じる
P3274532

ワクワク
早く 上りたいな
P3274534

階段は
かなり 急な所もあって
お年寄りの方が 難儀そうに 降りていました
P3274535

一人ずつ 順番に 上って
やっと 私の番
階段を 上りきると
 空の近く
P3274537

続いて
ぞろぞろ 上って来る 人たち
とにかく 凄い 観光客なんです
さすが 人気スポット
P3274536

遠くに 京都の町を 眺めて
P3274539

今 手を合わせてきた
法堂を 見下ろします
P3274541

あんなに 大きな 法堂も
ここからだと 小さく 見えます
P3274542

それにしても 重厚な 造り
P3274546

風雨にさらされながら
過ぎる 歴史の中に
そのまま 建っている 三門は
木材の 1枚1枚 1本1本から
古い木の 匂いと共に
過去の 空気まで 放出しているようです
P3274548

庭園の方も 眺めてみます
P3274550

タワーなんかじゃ 高すぎて
この位の 高さから 眺めるのが
一番面白い
P3274551

三門の上を
十分に 楽しんだら
P3274552

もう 
この度の 京都旅行は 終わり
P3274553

これから 京都駅に 向かいます
P3274554

三門の 正面が
タクシー乗り場みたい
P3274557

もう一度 
南禅寺の 三門を 
振り返って眺め
タクシーに 乗り込みました
P3274558

読み終わったら
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ



2017年05月29日

「南禅寺」の庭園と御朱印と、柴山全慶「花語らず」


南禅寺の 庭園です
P3274510

実は この時
銀閣寺から 哲学の道を
寺社を 訪ねながら 歩いて
色んな 寺社巡りをして
すでに 頭が パンク状態で
南禅寺に 居る時から
ここは もう一度 来ようねと 言うしまつ
あんまり 記憶が 無いんです~@@
P3274511

次は 秋に 訪れたいですっ
P3274512

茶席
不識庵と
P3274513

窮心亭
P3274514

回廊を 進んでいくと
P3274516

南禅寺垣
P3274517

ここは 良く 覚えてます~
どうしてだろ?
P3274518

それから もう一つ
ガラス越しに 見た
この景色は 今でも
頭の中で 鮮明に 思い出せます
美しいわぁ
P3274521

沢山の パンフレットが 置かれている所に
こんな 1枚があったので
頂いて 帰りました
P3314680

南禅寺の 御朱印です
P3314679

さぁ 次は
絶景かな 絶景かなの
三門に 上ります
<続く>

読み終わったら
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ



2017年05月28日

哲学の道の最後は「水路閣」と「南禅寺」


永観堂 禅林寺を 出たら
次は 南禅寺に 向かいます

南禅寺は
お寺と もう一つ
水路閣も 素敵なんですよね~
P3274522

古代ローマの 水道橋を 思わせるような
アーチ橋「水路閣」は
P3274523

周辺の 景観に 配慮して
田辺朔郎が 設計 デザインした
全長93.2 メートル(幅4メートル、高9メートル)の
レンガ 花崗岩造りの
風格ある 
アーチ型橋脚の 構造物
P3274524

あぁ この景色
とっても 素敵~
P3274525

南禅寺には 
大寂門から 入りました
P3274504

そうすると
巨大な 三門が
真横から 見えます
P3274505

ふわぁぁ 大きい
P3274506

三門に 見守られながら
P3274507

法堂に 向かいますv
P3274508

こちらも ご立派
P3274509

ふぇぇ 大きい
P3274527

堂々とした 建物に
圧倒されながら
仏様に 手を 合わせました
P3274528

くるっと 振り向くと
三門

上に 沢山の人が 上がってますね
P3274530

よ~し
帰りに 三門を くぐる時
あの上に 私も 上ってみようっと
思うのでありました

P3274531

<続く>

読み終わったら
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ




sirouturi at 14:02|PermalinkComments(0)

2017年05月27日

はさみ紙まで素敵な「永観堂禅林寺」の 御朱印 (京都市左京区)


永観堂 禅林寺の
御朱印の はさみ紙です

「永観 遅し」と 振り向かれた
「みかえり阿弥陀」の 朱印が 押してあって
とても 素敵

こんな はさみ紙を 頂くと
得した気分になって
Happy
P3314675

長い回廊を 上り下りする階段
永観堂の お堂めぐりは
感激の連続
P3274494

上に 見える お堂は
どんな お堂かしら
P3274492

到着すると
とても 綺麗な 朱色
まるで
平安絵巻の 中みたい
P3274496

今 居た所を
上から 見るのも
楽しい
P3274497

とてつもなく 長い回廊を
登って行くと
P3274495

こんな 綺麗な お堂
P3274498

ターコイズブルーに
目を 奪われました
P3274499

こんな所を 歩いていると
建築技術の 高さに 感動し
どんどん
非日常の 世界に 入り込みます
P3274502

ちゃんと エレベーターも 完備
P3274500

永観堂の お堂めぐりは
凄すぎて
オドロキの 連続で
頭の中が ぽ~~~っとしてしまいました

それぞれの お堂内でも
次々と 感激し
優しい 仏様の お姿に
心が いっぱいになったのでした
P3274503

永観堂 禅林寺の 御朱印
P3314673

2つ 頂きました
P3314676

素敵です
P3314678

読み終わったら
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ





2017年05月26日

疎水分線と「永観堂禅林寺」(京都市左京区)


熊野若王子神社の 
参道を 下ると
P3274476

疎水分線に 出ます
ここまで 来ると
銀閣寺から 始めた 
哲学の道の 散策も あと少し
P3274474

次に やって来たのは 
永観堂
P3274477

浄土宗西山禅林寺派 総本山
永観堂 禅林寺
京都市左京区
P3274478

こんな 句言が
目に入りました
P3274479

ここから 右に行くと
永観堂幼稚園の 入口
洛東の古刹に 幼稚園があるんですね
P3274481

私は
拝観料を 払って
こちらから 永観堂に 入ります
P3274482

東山を 背景に
お堂の姿が 美しいこと
P3274483

庭園も 素敵で
P3274486

こんな 廊下や
渡り廊下から 眺めます
P3274487

天皇の 使いが 出入りする
唐門
P3274488

永観律師は
貧者を 憐れみ
山内に 
沢山の 梅を植え
薬用したり 食用したりしたそうです
その名残の
悲田の 梅
P3274490

長い 渡り廊下が
上へ下へと 続く
永観堂の お堂巡りは 続きます

<続く>

読み終わったら
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ