2019年08月

2019年08月31日

日吉東照宮から日吉大社まで 坂本の町を散策(滋賀県大津市)


比叡山の麓
坂本の町を散策

日吉東照宮から
日吉大社に向かいます

比叡山上は
気温が低く涼しかったので
坂本散策は
とにかく暑い

歩道の横には
ずっと石が積まれていて
「穴太衆の石積み」と
呼ばれるそう

穴太衆???

調べてみました

穴太衆
あのうしゅうと読みます

もともと
坂本付近の出身で
古代に古墳築造などを行っていた
石工の末裔で

安土桃山時代に
活躍した石工の集団でした

これが
噂に高い石積みかと
眺めながら歩いて行くと
P6030260

霊山院と言う
お寺がありました
P6030261

ビルマの
釈迦尊像があるそう
P6030263

坂本は
比叡山延暦寺のお坊さんの
隠居所となるお寺
里坊がたくさんあり

こちらも
その一つです
P6030262

真っすぐ歩いて行くと
カーブの所に
お堂を見つけました
P6030264

六角形のお堂には
子育て地蔵や早尾地蔵尊が祀られ
御本尊は
伝教大師最澄の御自作の
石地蔵
P6030266

その事が
ちゃんと石塔に
書いてありました
P6030267

お堂の外にも
お地蔵様
P6030265

ここを過ぎると
すぐに
日吉大社に着きました
P6030268

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ



2019年08月30日

西の日光と呼ばれる「日吉東照宮」の御朱印(滋賀県大津市)


ケーブルカーで
坂本駅に到着

そこから
歩いてすぐの
日吉東照宮へ向かう

比叡山で1泊し
今日は
坂本のお寺巡り

ほどなく
日吉東照宮に到着
P6030251

唐門が
いかにも東照宮な感じ
P6030252

色褪せてはいますが
豪華
P6030253

関西の日光とも
呼ばれるそうです
P6030255

元々は
延暦寺の末寺でしたが
現在は
日吉大社の末社になっています
P6030254

唐門が
閉まっているので
透かし模様の間から
社殿を眺める
P6030256

重要文化財の社殿は
権現造りの発祥で
日光の東照宮の
ひな型になったそう
P6030257

かなり高い所に
位置します
P6030258

これから
坂本の町を歩きます
P6030259

日吉東照宮の御朱印
(日吉大社で書いて頂きました)
P6040386

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ



2019年08月29日

比叡山延暦寺とお別れ お山を降りる


無動寺谷の明王院などを
参拝し
下って来た
長い坂道を

今度は
ヒーヒーフーフー言いながら
上ります

途中で
薪にする木を
リヤカーで運んでいる
外人の修行僧さんに
出会い

少しお話をすると
身振り手振りで
坂の
一番上から下まで
木を
何度も取りに行っては
持って降りないといけないので
大変と言っておられるのを聞き

このぐらいで
ヒーヒー言ってる
自分が情けなくなりました

外人の修行僧さんと
分かれて
さらに上って行くと

老婦人と
そのご家族が
上から下りて来られていて
ご挨拶

これから始まる
明王院での
護摩供養に参加されるそうで
度々来るので
坂も慣れていると
言われていて

ますます
自分の不甲斐なさを
感じた~@@

明王院での
護摩供養は
誰でも参加できるようなので
いつか
私も行ってみたい

坂道を上りきると
1泊2日過ごした
比叡山とお別れ
P6030236

お山を降りるため
レトロで素敵な
ケーブル坂本駅に行きました
P6030237

山田恵諦天台座主の
御真筆

縁福とは
ケーブルカーの
車両の名前です
P6030239

発車時刻になるまで
名残惜しい
比叡山の景色を
楽しみます
P6030240

真下には
坂本の町
P6030242

この方角真下に
坂道を下りると
さっき参拝した
無動寺谷があります
P6030241

いよいよ
発車の時間
P6030243

一番に乗り込み
P6030244

すかさず
一番前に行き
まだ運転手さんが乗り込む前に
パチリ
P6030245

ケーブルカーが
動き出す
P6030247

だんだん
近くなる町
P6030246

そして
大きな琵琶湖
P6030248

比叡山の原生林と
琵琶湖
そして坂本の町を
見ながら
麓へと降りて行く

町が近くなるにつれ
また帰って来たいと
思いが湧きあがる
比叡山延暦寺でした
P6030249

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ



2019年08月28日

比叡山延暦寺 2日目は無動寺谷から参拝「明王堂」の御朱印


比叡山延暦寺

1日目は
東塔→横川→西塔を巡り

2日目は
早朝の無動寺谷に行きました
P6030223

狛犬さん
おはようございます!
P6030225

ご立派な
金歯
P6030224

無動寺谷

本当に谷でしたっ

参道は
すべて坂道
どんどん降りて行っても
まだまだ坂が続き

これだけ降りたら
帰りの上り道が大変だわと
思わないでおられないほど
下って行きます

途中で
お寺の方に出会って
ご挨拶

やっと到着したのは
明王堂
P6030226

麓の
坂本の景色が
素晴らしい
P6030229

何かな?
P6030230

わぁお
回峰行者様が使われる
台なんだ~
P6030231

無動寺谷は
千日回峰行の拠点

大阿闍梨様の書物を
色々読んでいるので

ここに来れただけでも
ありがたいような
気がします
P6030227

中に入り
参拝させて頂きました

御朱印を頂いて
お話すると
この日も
京都大回りの
回峰行をされた
若い行者さんたちが
ついさっき
帰って来たばかりなんですよ

言っておられました
P6030228

回峰行から
帰ったばかりなのに
すぐに
お寺の仕事をされるそうです
凄いです
P6030232

無道谷には
明王堂の他にも
お堂があり
P6030235

坂道の参道には
燈籠がズラリ
P6030233

朝の無道寺谷は
最高に
気持ち良かったです
P6030234

無道寺谷
明王堂の御朱印
P6040382

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ



2019年08月26日

ピーンと張り詰めた空気感 比叡山延暦寺の西塔「浄土院」


浄土院
P6020201

厳粛な雰囲気の中
参拝
P6020202

ここまで来る
観光客も少ないので
本当に静か
P6020203

ここに
伝教大師様が
今も祈っていらして
P6020204

この地から
決して
外に出る事が無い
侍真様が
伝教大師様にお仕えしているんだわと
しみじみ思う
P6020205

ピーンと
張り詰めたような
P6020206

境内の空気
P6020207

長く
ここに居ると
P6020208

祈りの
邪魔をしているように
思え
P6020209

記憶にとどめるよう
しっかりと
お庭とお堂を眺め
P6020210

浄土院を
あとにする
P6020211

ここからは
徒歩で
東塔のバスセンターへ
P6020212

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ