岡山県の神社 御朱印

2019年01月06日

「日本第一熊野神社」の干支の絵入り御朱印(岡山県倉敷市)


可愛らしい干支の
御朱印を頂きました
P1041558

日本第一熊野神社の
御朱印です
P1041557

八尾羅宮の御朱印
P1041559

由加神社から
少し離れて
日本第一熊野神社に来ました
P1031470

さすが岡山県
P1031489

ここにも
備前焼の狛犬がいました
P1031490

境内では賑やかに
新春のくじ引きが
行われていました
P1031479

巫女さんが手伝わないと
くじの棒が
出てこないほどの
大きさにビックリ
P1031480

拝殿
P1031481

その後ろに
第一宮から第八宮まで
ずらっと並んでいました
P1031482

火難、盗難から
商売繁盛など
御神徳の高い
八尾羅宮は
いじめや、いびりにも
御霊経あらたかだそう
P1031483

第一宮
P1031488

第二宮
P1031487

日本第一熊野神社は
役行者の高弟たちが
役行者が流罪にされた時
紀州熊野十二権現の
御神宝を奉じて
この地に鎮座祭典された
神社です
P1031486

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 16:36|PermalinkComments(0)

2019年01月05日

由加神社の御朱印 厄が落ちてる厄ばし(岡山県倉敷市)


由加神社の御朱印
P1041556

蓮台寺で
御祈祷をして貰って
境内から行ける
由加神社に行きました
P1031453

全国に
52の分社を有する
厄除け総本山です

備前焼の鳥居は
日本一だそうです
P1031454

狛犬さんも
備前焼
P1031468

お顔も愛嬌があるし
ポーズが可愛い~
P1031469

拝殿前に並んだ
長い列に
私も並び
参拝しました
P1031455

参拝が終わると
厄ばしを渡ります
P1031463

厄が
いっぱい落ちていました
P1031464

境内に鳥居があって
P1031457

その横に
タコ神様
P1031456

鳥居の奥に
祀られているのは
P1031458

巨大な岩でした
P1031465

こんな物もありました
P1031459

これも焼き物
P1031460

とっても綺麗~
P1031462

中に
ひとつだけ
干支の置物
P1031461

楽しい
由加神社でした

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 21:24|PermalinkComments(0)

2016年03月19日

三備一宮 吉備津神社の一直線の廻廊 (岡山県岡山市)


岡山県 岡山市には
2つの 一宮神社があり

ひとつは ただ今 ご紹介している
三備一宮 吉備津神社

もう ひとつは
先に ご紹介した
備前国一宮 吉備津彦神社です

同じ 市内なので
距離的にも
とっても 近くで

どちらの 神社も 
古事記や 日本書紀にも 書かれている 
由緒ある 神社です

備前一宮 吉備津彦神社は
大化改新後
吉備の 分割に 伴い
三備一宮 吉備津神社より 
備前国に 勧請したもの と考えらているようです


どちらも
第十代 崇神天皇の 御世に
四道将軍として 遣わされた
大吉備津彦命が 祀られています

有名な
桃太郎の 物語の
主人公モデルです

そんな
 かっこいい 神様が 祀られている
吉備津神社の
ご本殿の 
美しい 比翼入母屋造りの
 写真は 
とても 有名ですが
P3056915 (640x480)

境内から 眺める
本物の 景色には
ホント 見惚れてしまいました

境内には
面白い おみくじがありましたよ

桃太郎の ストーリーになってる
おみくじマシン
P3056916 (640x480)

境内を 散策した後は
これまた 超有名な
廻廊に 行きます
P3056917 (640x480)

おぁ
何度も 写真で 見た通りの
 廻廊は

自然の 地形 そのままの
一直線の
長い長い 廻廊です

でも 距離感が
写真で 見るのと
全然 違う

当たり前の 事ですが
本物の 方が
壮大でございます~
P3056919 (640x480)

廻廊の 途中からは
神社に 行けるようになっていて

ここは
吉備津えびす宮
P3056920 (640x480)

もう 少し 歩くと
P3056922 (640x480)

石の 鳥居が 見えて
P3056925 (640x480)

こちらは
岩山宮です
P3056926 (640x480)

帰りの 廻廊は
ゆるやかな 登り道
P3056928 (640x480)

また 拝殿まで 戻り
もう一度 ご挨拶をして
P3056929 (640x480)

上から 眺めると
情緒ある 北随神門を
くぐりました
P3056931 (640x480)

憧れの
 吉備津神社を お参りで来て
幸せ気分になりました

吉備津神社の 御朱印
P3087072 (640x480)

読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 09:59|PermalinkComments(0)

2016年03月17日

三備一宮 吉備津神社 (岡山県岡山市)


吉備路めぐり
次に 向かったのは 吉備津神社です

神社の 駐車場に 着くと
な~んと
赤鬼さんが お土産を 売ってました
P3056897 (640x480)

へぇ 凄いなぁ
赤鬼さんを 眺めた あと
手水舎で 身を 清め
P3056899 (640x480)

北随神門に 向かいます

三備一宮 吉備津神社
御神祭 大吉備津彦命
岡山県岡山市
3月5日参拝
P3056900 (640x480)

北随神門
P3056901 (640x480)

そこから
また 石段を 登り
P3056902 (640x480)

登りきると
本宮社と 廻廊に 続く 
門に 入ります
P3056903 (640x480)

そして
すぐ 目の前が
ご本殿の 拝殿
P3056904 (640x480)

拝殿には
平賊安民 (賊を平らげ、民を安くす)と 書いてあります
P3056905 (640x480)

吉備津彦命が
この地を 治め 
平和な 日が 続いていたのでしょうね
P3056906 (640x480)

本殿と 拝殿は
非常に 珍しい 造りになっていて

は 拝殿正面から 見た所

は 横から 見た所です
右側の 低い 屋根がある所が 拝殿
P3056907 (640x480)

この 建築様式を 「比翼入母屋造」
または 「吉備津造」
と 呼ばれるそうです
P3056909 (640x480)

境内には
大きな 池があり
P3056912 (640x480)

この日は 暖かだったのだけど
鯉さんは
少し 寒そうに
池の 底に 沈んでいました
P3056913 (640x480)

<続く>

読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 14:10|PermalinkComments(0)

2016年03月15日

火災で燃え残った御神木「平安杉」 備前国一宮 吉備津彦神社 (岡山県岡山市)


備前国一宮 吉備津彦神社の
正面参道には
それは 立派な
備前焼の 狛犬さんが 居ましたが

拝殿前にも
個性的な 狛犬さんが 居ました
P3056880 (640x480)

正面から 見ると
こんな お顔

ユニークですぅ
P3056878 (640x480)

拝殿 祭文殿 渡殿と 続き

一番 奥の
ご本殿は 工事中でしたが

その前に
梅が 春いっぱいの
お花を 
咲かせて いましたよ
P3056883 (640x480)

手水舎で 
「どちらから 来られたのですか?」

ボランティアガイドの 方に 声を かけられたので

ガイドを お願いすると
こんな所に 案内して 下さいました

祭文殿と 渡り殿の 下の
地下要塞に 通じる 通路

なんちゃって ウソです
P3056886 (640x480)

ただ 真っ直ぐの
向こう側の 境内に 通じる
通路です

でも~
祭文殿の 神様が 祀られている 場所の
真下は
神聖な 場所になっていました

もちろん
ここでは 手を 合わせました~
P3056887 (640x480)

今は
拝殿や ご本殿の 下は
全部 石造りの 壁で
床下に 入る事は 出来なくなっていますが

昭和5(1930)年 12月に
拝殿の 床下に
今で言う 
ホームレスの 人が 暮らしていて

その事が 原因で
火災が 起こり
本殿と 随神門を除い て
全て 燃えてしまったのだそうです

通路を 真っ直ぐに 進み
向こう側の 境内に 出ると
P3056888 (640x480)

右側に
樹齢千年の 平安杉
P3056889 (640x480)

でも
 形が 不自然なんです

なんと
拝殿が 燃え盛った時に
拝殿側の 枝や 幹は 燃え

反対側の 半分は
燃え残り
こんな 樹形になったそうです

痛々しさも 感じるし

それでも 生きる姿に 脱帽です
P3056890 (640x480)

境内も ひとまわりしたので
神社前に ある
神池に 行ってみました

大きな 神池には
浮島が 造ってあって
P3056866 (640x480)

そこには
P3056858 (640x480)

厳島神社が ありました
P3056856 (640x480)

晴れの国 岡山とも 
言われるだけあって
この日は 凄く 良い お天気で

カメさんが
両手両足を 伸ばして
ぷかぁ~と 浮かんでる
P3056859 (640x480)

カモさんも いっぱい 居て
餌が 貰えると 思うのか
呼ぶと 寄って来るんですよ

可愛いなぁ
P3056860 (640x480)

駐車場には
吉備の巌と
P3056891 (640x480)

さざれ石
P3056893 (640x480)

桃太郎像が ありました
P3056895 (640x480)

さぁ 次は
吉備津彦神社と 一文字しか 違わない
吉備津神社へ 向かいます

吉備津彦神社の 御朱印
P3087071 (640x480)


読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ




sirouturi at 14:21|PermalinkComments(0)