お城

2018年06月21日

六月の京菓子「水無月」 「二条城」の御朱印(京都府中央区)


京都に行くと
必ず
訪れた所の近くの
和菓子を買って
もぐもぐタイムします

六月の和菓子と言えば
水無月(右)
白い外郎の上に
小豆が乗って
もちもちの食感がたまりません~

真ん中が
東寺餅
東寺に行くと
つい買っちゃいます

私が好きなのは
左側の亥の子餅
今も食べたいほど
美味しいお菓子
P6030058

もぐもぐタイムのあとは
二条城へ
P6030037

着いたとたん
豪華な唐門に
ため息が出ます
P6030038

何度も行っているのに
P6030039

じっくり
鑑賞してしまいます
P6030041

素晴らしいわ~
P6030042

城内から見た
唐門
P6030046

その上に広がるのは
梅雨入り前の
青い空
P6030047

二の丸御殿
P6030044

おぉカッコイイ
P6030049

中へ入ると
キュッキュッと
小さな音がする
鴬張りの廊下が
楽しい
P6030050

少し暑かったけど
お庭も散策
P6030052

特別名勝
二の丸庭園です
P6030055

広い二条城
よく歩きました
P6030057

売店では
お城の御朱印を
買う事ができます
私もゲット
DSC_0886

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ





sirouturi at 06:47|PermalinkComments(2)

2016年10月16日

かっこいい広島城と被爆樹木ユーカリ


10月2日
広島城に 行ってきました

物心ついた 頃から
数えきれない程 広島市には 行っているのに
ふと 考えると
広島城には 行ったことが 無い

平和公園も 縮景園も 比治山も
何処も 行っているのに
広島城だけ 行ったことが 無い

これは 行かなくちゃ
PA027064 (640x480)

街の中に
突然 現れる お堀と
立派な 表御門
PA027066 (640x480)

今年は
カープの 優勝で
とても 賑やかな 広島市

門の前には
こんな ゆるキャラさんが いました~
PA027065 (640x480)

お堀を 眺めながら
表御門を くぐります
PA027067 (640x480)

中から見た 表御門
PA027068 (640x480)

ここから
平櫓 多聞櫓 太鼓櫓と 続き
中を 見学することが できます
PA027069 (640x480)

広島城は 鯉城とも 呼ばれ
約400年前に 毛利輝元によって 築城

国宝となった 優美な 城は
原爆で 天守閣が 全壊

今では 復元され 歴史博物館の 役割をしています
PA027070 (640x480)

櫓の 中から 眺める 風景
お堀に 写るのは ビル
PA027071 (640x480)

太鼓櫓には
もちろん 太鼓が 置いてありました

江戸時代には
2階に 太鼓が 置いてあり
朝夕に 太鼓を 打ち鳴らして
城門の 開閉や
藩士の 登城の 合図にしていたそうです
PA027072 (640x480)

櫓から 出ると
とても 大きな 木が
目に とまります
PA027075 (640x480)

変わった 葉や 枝なんですよ
何の 木なのかな~?
と 思うと
PA027076 (640x480)

被爆した ユーカリの 木でした

爆心地から 740m
よくぞ 生き延びました

広島で 歴史を 巡ろうとすると
やっぱり 原爆の記憶に 直面し
とても 悲しくなります
PA027074 (640x480)

お堀の
ユーカリの 葉陰に
鯉が 集まって来ます
PA027077 (640x480)

カワイイですね~^^
鯉が 沢山 いたので
広島城は 鯉城と 呼ばれたとか
PA027078 (640x480)

そして
かっこいい 天守閣

毛利輝元が
 天正17年(1589年)より 築城を 始め
天正19年に 完成

城の 構造として 
参考にしたのは 秀吉自慢の 大阪城で
秀吉の側近の
黒田如水(黒田 官兵衛)が 縄張思案に 参加しています
PA027102 (640x480)


読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 10:29|PermalinkComments(0)

2016年04月20日

松江城の城内を歩く


松江城の 城内で~す

沢山の 
観光客の 靴下に 磨かれて
気持ち良いほど ツルツルな
お城の 床

激太の 柱からは
光が にじみ出てる 感じで
とてつもない 年月を 感じることが 出来ます
P3207456 (640x480)

暗い
お城の 中に 居ると
入り込む 光を
 求めてしまうものですね
P3207457 (640x480)

石垣を 登ってくる 敵に
石などを 落す 所
P3207459 (640x480)

中央に 階段

本来は 階段は 無くて
上に 上がる時にだけ

上の 階から 
床を 開き
梯子のような 階段を 下して
人が 登り

登ると
すぐに 床を 閉じていたそうです
P3207458 (640x480)

人が 居ない場所は
さらに 暗さが 増し

その昔 活躍した 武士たちが
身に着けていた
形見のような 物が
 展示されているので

時の 移ろいの
寂しさと
ちょっとした 恐さも 感じました
P3207460 (640x480)

1611年に 築城された
四重五階 地下一階の 
天守の
最上部に 上がって来ると
むき出しになった 
梁が 凄くって
P3207461 (640x480)

上ばかり 見ていて
首が 痛くなりました

ここが 天守の
一番 高い所の 屋根裏です
P3207466 (640x480)

国宝の 指定書
P3207468 (640x480)

最上階からは
周囲360度を 見渡せて
P3207467 (640x480)

松江の 市街地
P3207462 (640x480)

宍道湖方面

浮かんでる 島は 嫁ヶ島かな

素敵な
旅情溢れる 景色です
P3207463 (640x480)

一番近くの
瓦の 風景は
あまりにも 力強くて
圧倒されてしまいました
P3207464 (640x480)

今 こんな
瓦の 写真を 見ると

無残にも 瓦 落ち
石垣が 崩れた 熊本城を 思い
心が 痛みます

少しでも 復興の 手助けになればと
スーパーの 募金箱には
募金しましたが

熊本城や 阿蘇神社の 復元にも
微力ながら 協力したいと 思います

小さな お子ちゃまは
急な 階段を 降りるのが
恐いようで
おそる おそる 降りていましたよ
P3207469 (640x480)

お天気にも 恵まれ
美しい 姿の
松江城
P3207472 (640x480)

大事にしたい
日本の 宝ですね

読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ




sirouturi at 15:46|PermalinkComments(0)

2016年04月18日

国宝 松江城


城山公園に 入ったものの
肝心の
 お城に 入るのは
一番最後に なってしまいました
P3207441 (640x480)

門を くぐりと
ドンと
 目に 飛び込む

立派な
国宝 松江城の 天守閣
P3207442 (640x480)

黒を 基調とした 天守
入母屋の 大屋根も 美しいわと
しばし 眺めていると

なにか 視線を 感じる~

それを たどると
視線の 元は
鎧兜の お侍さんでした
P3207443 (640x480)

きちんと
お侍さんに ご挨拶して
城内に 入ります
P3207445 (640x480)

歴史を 感じる
お城の 石垣を
思わず 手で ナデナデ
P3207446 (640x480)

お城の 入口は
鉄の 扉

流石
 戦のための お城です
P3207447 (640x480)

城内に 入り
一番に 見えたのは
石垣で

外の 石垣よりも 
白っぽくて
日焼けしてない 色白さんでした
P3207448 (640x480)

履物を 脱いで
つるつるの 床に 上がると

わぁ 凄い
時代劇に 出て きそうなものが
沢山
P3207449 (640x480)

古~い 
木の 匂いがする
P3207450 (640x480)

中央には
飲料水として 使われていた
深さ24mの 井戸がありました
P3207451 (640x480)

ここを 過ぎると
あとは 重要文化財みたいな
 お宝が
ずら~っと ガラスケースの 中に
並べられていて
ガン見しちゃいました

室町時代の 兜
P3207452 (640x480)

次は
戦国時代の 兜

剛健さの 中にも
美さを 感じまねす
P3207454 (640x480)

<続く>

読んで 頂いて 
ありがとうございました

 応援 頂けると 嬉しいです

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 18:57|PermalinkComments(0)