大阪府の寺院 御朱印

2019年10月09日

西国23番 達磨に囲まれる「勝尾寺」の御朱印(大阪府箕面市)


西国23番 
勝尾寺の御朱印
P9190454 (2)

勝ち達磨が
たくさん並んだ石段を上ったら
大きな手水鉢で
身を清めて
P6241387

すぐ傍にある
三宝荒神様を参拝

こちらは
日本最初に祀られた
三宝荒神様だそう
P6241388

朱色の御本堂
P6241399

勝尾寺らしい
達磨の色ですね~
P6241391

参拝客も多かったです
P6241400

そして~
至る所に
やっぱり達磨が並んでた
P6241401

境内には
紫陽花が綺麗に咲いていて
P6241390

そちらも鑑賞できました
P6241392

ミニミニの
奉納達磨さんがいっぱいの
鎮守堂
P6241393

すご~い!
P6241395

鐘楼の下にも
達磨
P6241402

こんな所にも~
P6241403

帰り道も
ミストを浴びながら
仁王門に向かいました
P6241405

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ




sirouturi at 09:53|PermalinkComments(0)

2019年10月08日

西国23番「勝尾寺」の御朱印と勝達磨(大阪府箕面市)


西国23番
勝尾寺の御朱印
P9190454 (2)

驚くほどの
立派な仁王門
P6241368

扁額には山号の
応頂山
P6241371

門をくぐると
素晴らしい景色が広がっていて

緑と
水のある景色って
ホッとする
P6241369

そんな景色の中の
参道を歩くと
両側から
涼しいミスト
P6241372

もわぁぁっとしているのは
湯気ではありません

ミストの
気持ち良いシャワーなんです
P6241373

さらに
池の中からは
水が吹き上がり
エンターテインメント性抜群でした
P6241374

次の門をくぐります
P6241375

勝尾寺は
もともと
勝王寺と書かれたそうです
P6241376

参道に
次に現れたのは
燈籠で
P6241379

小さな達磨が
乗ってる~
P6241380

石段を上ると
P6241381

綺麗な多宝塔
P6241382

それを眺めたら
今度は
奉納された達磨を見ながら
石段を上ります
P6241383

すっご~い
P6241384

よく落ちない物です
P6241385

これは
勝ち達磨

願いが叶うと
自分で目を入れて
ここに収めるんだそうです
P6241386

<続く>

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ




sirouturi at 08:57|PermalinkComments(0)

2019年09月19日

西国22番「総持寺」の御朱印と、秘仏御本尊特別開帳(大阪府茨木市)


西国22番
総持寺の御朱印
P9190448


西国観音霊場第22番
補陀落山 総持寺
P6231090

高野山真言宗の
お寺で
P6231092

本尊は
千手観世音菩薩様
P6231093

御本堂
P6231116

本尊の
千手観世音菩薩様は
亀の上に立っていらっしゃるので
(珍しいですよね)

お賽銭箱にも
亀がいました~
P6231101

亀の由来は
総持寺を創建した
藤原山蔭の父が
まだ幼かった山蔭を連れ
太宰府に赴任する途中

淀川で
漁師に捕まっていた
大亀を助け
川へ逃がし
その夜は
河口で夜を過ごした

翌朝
幼い山蔭が
川に落ち

いくら探しても
見つからず
観音様に祈ると
前日に助けた大亀が
元気な山蔭を背に乗せて
現れたと言う事です
P6231100

創建者の
藤原山蔭は料理の
達人としても
有名人
P6231102

境内には
たくさんのお堂
P6231103

大師堂
P6231104

鐘楼
P6231111

たくさんの亀や
鯉が泳ぐ池
P6231112

その前に
地蔵菩薩様
P6231117

山蔭の像が祀られた
開山堂では
毎年
山蔭流包丁式が
古式に則って
行われています
P6231121

この日は
秘仏御本尊の特別開帳が行われていて
信長の焼き討ちに遭い
焼け残った
千手観世音菩薩様を
実際に
拝観することができました
P6231114

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ




御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 12:37|PermalinkComments(0)

2019年04月18日

大阪の旅の最後 印象的だった一列に並ぶ伽藍 「四天王寺」の御朱印(大阪市天王寺区)


四天王寺では
3種類の
御朱印を頂きました

四天王寺と言えば
聖徳太子
P2260534

薬師如来
P2260535

御詠歌
P2260536

素晴らしい筆に
感動です

そして
御朱印所では
大変
親切にして頂きました

素敵な
六時堂の前の
石舞台
P2190300

一列に並ぶ
四天王寺の伽藍の
一番後ろが
六時堂

そこから眺めると
講堂 金堂 五重塔 仁王門が
真っすぐに並び
こんなふうに見えました
P2190304

右側に
にょっきり出ている
あべのハルカスが
可愛く見えたりして

次は
太子殿に向かいます
P2190306

あら工事中
P2190308

こちらが
太子殿の前殿

太子十六歳孝養像が
安置してあります
P2190310

奥に六角形の
奥殿があります
P2190309


これで
四天王寺の参拝終了

あべのハルカス側にある
仁王門から出ました
P2190288

赤い仁王様と
P2190312

青い仁王様は

お子ちゃまに人気の
ヒーローっぽい
仁王様でした
P2190313

仁王門正面から
真っすぐに並んだ
五重塔 金堂 講堂 六時堂を
眺め
四天王寺をあとにしました
P2190311

これで
大阪1泊2日の旅は
終了
P2190305

歴史も乗り物も
楽しんだ旅でした

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ



sirouturi at 20:13|PermalinkComments(0)

2019年04月17日

四天王寺 白鳳時代の排水溝史跡 講堂と六時堂(大阪市天王寺区)


雨の中の
四天王寺の参拝

金堂と五重塔の
参拝をしたあとは
東重門へ向かいます
P2190280

門につながる
回廊も綺麗で
P2190283

ここを歩いて行くと
講堂に繋がっています
P2190282

東重門には
史跡がありました
P2190284

白鳳時代の排水溝です
P2190287

次に講堂へ
P2190294

ここで
聖徳太子が
法華経などを講讃されたので
講堂と呼ばれるそう

ここには
金ピカピカの
仏様がおられました
P2190297

講堂の後ろには
六時堂
P2190298

昼夜六回にわたり
諸仏礼讃をする
お堂です
P2190299

正式には
六時礼讃堂だそう
P2190301

創建は816年
P2190302

ここに
おもかる地蔵様がいらっしゃったので
両手で持ち上げました

スッと上がったので
願いが叶うかも~
P2190303

読み終わったら
ぽちしてね~
ブログランキング・にほんブログ村へ



御朱印 ブログランキングへ


sirouturi at 20:36|PermalinkComments(0)