2005年08月

2005年08月24日

詩慈式ハイパー理論について。

 誰それのレイドは進行が早い、誰それのレイドは進行が遅い。巷で喧しく行われる論議である。
しかしながら指揮官からの視点はやや異なる。

1.参加者の不慣れな者が多い場合。
集合場所に集まれずに迷子になったり、またフライングや指示無視行為者が多ければ進行は著しく遅滞する。

2.回線切断者が多い場合。
ダンジョンや塔などでは見捨てるわけにいかないので必ず進行が遅滞する。野良レイドで行くと危険度が高い。

3.十分な戦力がない場合。
戦力の差で1¥に二匹討伐できるかどうか確定する。戦力が足りなければ1¥で一匹しか討伐できないし、見切りと運がまずいと敗北すらあり得る。

4.指揮官自身の経験と能力が乏しい場合。
指揮官に対して指摘・助言が多くなるため、進行は遅滞する。かといって、指摘・助言がなければ悲惨な状況に陥る。指揮者は参加者としての経験をもっと積むほうが良い。

 参加者に見えにくいのが、とくに3の戦力についてである。強い討伐団ならば少々のプレイヤーが落ちても、次のレイドで合流という選択も可能になり全体を待つ必要がなくなる。
逆にギリギリの戦力でこなしているならば、時間をかけて一人でも多くのプレイヤーで攻撃にかかりたいという心理が働く。その決断が指揮官の腕の見せ所とも言える。
指揮官の能力を判断するには一回の参加だけでは甚だ困難である。数回参加し、1・2・3・4を総合的に判断して始めて指揮官の有能と無能が見えてくる。

 さらに繰り返し主催を行い、指揮を執ることにより当然常連も増えてくる。その中で斥候やPTL、タンクやタンクPT専門ヒーラーも生まれる。数多くの野良レイドを繰り返すプロセスの中で、いかに人材と人脈を育成していくかも実は指揮官の隠れた腕の見せ所なのであった。レイドはその場限りのものではなく、次回に向けての訓練という側面を持っている。今回のバイウム討伐はその集大成である。

 さて。ハイパー理論についてである。
よりシンプルによりスピーディに行動することがこの理論の根幹である。シャウトを出来る限り減らし、集結に進路・時刻を指定し、¥を揃えることで¥を有効に活用する。ちなみにこれらは基礎理論であり、まだまだハイパー理論とは言えない。

「兵は流れる水の如し」という言葉がある。私がこないだ作った。
全体の流れと勢いを重視し、その流れに逆らわずに選択を行っていく。それこそがハイパー理論である。以下、例をいくつか挙げておく。

「町で一人落ちました。どうしましょうか。」「ほっとけ。死なん。次で合流だ。」
「¥勝手にかけ始めています。とめますか。」「すでに止まらん。そのままかける。」
「次はどのレイドを狩るのですか。」「5分後に分かることをいちいち聞くな。」

ハイパー理論を提唱する限り、私は常に実践者たり得なければならない。
このようにして、必要のない乱暴な言葉遣いと、無駄に高圧的な態度でますます敵対者を増やしていくのであった。しじちゃん!乙!!

sisi4400 at 23:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年08月20日

アンタラス討伐について。

 討伐実施日が恩恵期間ではなく競争期間であるというのは、かなり致命的である。
一人お守りが10個必要であると仮定する。そして参加者が400人いるとする。
極論だが単純に4000個のお守りが必要になる。おぞましいほどの数字である。

 主催サイドであらかじめ用意できる数ではないし、市場もしくはインベントリに眠っている在庫をかき集めても4000には程遠いだろう。主催者は恩恵期間のうちに必死になって呼びかけるべきだったのだ。

 主催サイドは、「遺品は自己責任です。」という伝家の宝刀を常に抜くだろう。
しかし、参加時点でこのような致命的ミスが露見した場合、参加者は「自己責任」によって参加を回避する可能性が濃厚である。皮肉なことに自己責任の正しい活用なのだった。

 主催サイドはこのような致命的ミスを抱えながら、いかにしてアンタラスに立ち向かうのであろうか。そして、遺品狙いの50台捨てキャラ泥棒PT対策も。
最悪、身元引き受け人のいない無所属キャラについては参加拒否するくらいの勢いでないと、遺品ロストはほぼ確実であると考えられる。

 その点において、PT単位で参加というのは拙速な選択であったと言わざるをえない。
ボス討伐については時間を十分に取り、巧遅に進めるべきであると私は考える。

 今回の討伐は残念ながら失敗すると私は見ている。本気討伐であるという雰囲気が主催サイドから今ひとつ感じられないからだ。お祭り気分的な雰囲気が濃い。
悲願とも言うべきまでの、討伐への強い想い。練りに練った戦略。万端な準備。
そして余裕を十分に取ったタイムテーブル。これらがどうしても必須なのだ。



しかしながら、人数が400人を超えていけば、遺品をまき散らしつつも勝利を手に入れることが出来るかも知れない。
私の不吉な予測が、外れることを強く願ってやまない。


sisi4400 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

「ハートオブパアグリオ」大会について。

 この度めでたくも「狩りっこくらぶ同盟」にオーバーロードが誕生しました。
つきましては、彼のために同盟でハートオブパアグリオを取りに行こうじゃないか。
という企画を同盟主である詩慈ssが企画しました。

大会期間:ハートオブパアグリオを出すまで。(出るまで大会は続きます。)
参加資格:狩りっこくらぶ同盟員なら誰でも参加可能。申し込みは詩慈まで。
参加費用:50K。現在15人エントリーなので750K積み上げ。
優勝賞金:1M+積み上がった参加費総取り。

 一人で出すのはあまりにも過酷なので、こんな時こそ人海戦術!
ぜひ参加して同盟戦力の底上げを図って行きましょう。


クエスト手順。
1.マチルドに会う。(GK>胞子に飛ぶと近い。胞子北。象牙西。)
2.クルマ南西で秘法の守護樹を倒す。(マップでいうと左下。)

3.マチルドに会いレシピをもらう。以後、繰り返してやる場合は3からこなせばよい。
4.ギラン北東で、トゥレックバグベア・エンバーバシリスクを倒す。(回廊ではない。)
5.フローラン南レース場付近で、シレノス・グラスジャガーを倒す。
6.荒れ地・アリの巣で、タイラント・ソルジャーアントを倒す。
7.クルマ周辺で、ミストホラーリッパーを倒す。
8.野営北の風の丘で、ウィスパリングウインドを倒す。
9.そろった材料をマチルドに持っていく。
10.一番下の「4」の選択肢を選ぶ。
11.魔法の本・お守りをランダムで3つもらえる。

以下妄想。
12.とうぜん同盟主であるしじちゃんが優勝。
13.賞金総取り。偶然見かけたアイテムを投資買いする。いきなり高騰する。
14.当初の15倍の値段がつき、一気に資産家に。借金完済。
15.さらに余った現金を無駄遣いしながら面白おかしく暮らす。

やばい。うますぎる……。妄想人生ゲーム最高。


sisi4400 at 19:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月17日

バイウム・アナキム・75クエレイドについて。

bd4a0ed1.jpg いよいよバイウムまであと10日となった。果たして上手くいくだろうか。
登録状況は芳しくないが、参加するから、という返事は多くもらっている。
現在の予測では100〜200人の間と言ったところ。なんとか200〜300人集め、さっくり討伐したい。

 討伐実施日はぎりぎり恩恵期間にあたるため、祭司GKで10Fにいきなり飛ぶことが可能になる。(もっと上にいけたかな?)コレを利用することによりかなり楽にバイウムに到着できるのではないかと考えている。そのためにも今回の祭典はぜひ取らないといけない。頑張りたいと思う。ただ、お呼びが掛からなければどうしようもないので、最悪タラちゃん(攻撃力300・魔法力165)を貸し出して使ってもらうことで祭典に協力出来たらと考えている。弓じゃなく槍シンガーなので祭典には不向きなのだ。

 さて。28日だが13Fの大広間で戦術説明と確認をしたあとバイウム突入になる。
ここまでの時点で勝敗は決していると思う。バイウムについては戦術もさることながら決戦に持ち込むまでの戦略の方が重要であると考えるからだ。もちろん戦術で失敗してしまうと元も子もなくなってしまうのだが。


 そういえば。私に対する叩きで、
「祭典も出場していないくせに、アナキムだけサクッと食うのは汚い。」
というのがあった。そう言われるのは考えもしなかったが、言われてみるとなるほどと思う面もある。実際問題、私は登録し忘れや、石さえ捧げていない週もあったのだ。理由は簡単。普段ネクロカタコムに行かないからだ。
祭典は楽しみたい人がやればいいとも思っていたが、競争で勝った直後に、それまで何もしなかった人間がアナキム討伐を主催して食べてしまう不満というのは心情的に理解できる。

ただ一言だけ反論しておくと、ある同盟が祭典で頑張り最高得点を出したとして、
「うちらがアナキムを討伐する権利がある。」と主張するのもおかしな話である。
なぜならオープン討伐でない限り、その時点で討伐の利益全てがその同盟に流れることになるからである。

 討伐する前から、限定された集団が討伐権益を主張し、他者を排除する圧力をかけるのは筋として明らかにおかしい。
要望としては、主張するならシャウトなどで呼びかけオープンな討伐を呼びかけて欲しい。私はともかく、祭典で頑張っていて、アナキムも楽しみにしている多くの個人のために。
祭典で頑張ることとアナキム権益独占とを一緒にしてはいけない。

75クエレイドも同じだが、希望するなら誰でも参加可能というスタイルが望ましい。一部の同盟で独占・寡占という状況に対しては断固抵抗していく構えである。
自分を含めた黄昏の零細一般庶民ピープルにこう伝えたい。

「大手同盟に勝つことは不可能である。しかし負けない方法を模索することは可能である。」






さすがしじちゃん。いいこと言った!自分で自分を褒めてあげたい。そんな今日この頃。

sisi4400 at 13:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月06日

英雄システムについて。

 先日、バイウムクエにとりかかってきた。傲慢手前まで一時間もかからないこと判明。
これまでずっと面倒だと思っていたのでこれはありがたい。大人数で進めていき、クエ完了者を増やしていきたいところだ。300人くらい集められれば成功の見込みも十分あるのだが。

 英雄システムなるものが公開された。各職一名らしい。サブクラスを75まで終わらせたプレイヤーのみ転職可能。ちょっと待って下さい。そんな時間ないない。
それでも確かに英雄という響きと名誉は、心惹かれるものがある。
むしろ私のためにあるようなシステムと言えなくもない。…事はない。

 そもそも勇者である私がクラスチェンジする先は、
1.皇帝:権力を振るい王国を治める。
2.英雄:栄誉を受けて一般大衆庶民を導く。
3.旅団長:精鋭を率いて旅と冒険に生きる。
のいずれかである。

 NCJにより「英雄」の称号を勝手に使われたため、私の転職先がひとつ無くなってしまった。ゆゆしき事態である。NCJは「英雄」という称号を即刻「廃人」に改めるべきだと思う。「マニア」・「フェチ」でもかまわない。(例:グラマニア・パラフェチ)

 そんな私の就職先は「皇帝」か「旅団長」しか残っていないわけだが、あらゆる意味で皇帝はまず無理として、ナインオブスピアーズの活動を再開させ、ナインオブスピアーズ旅団を率いてカインで活動するのもいいかなと思っている。
そんなメンバーの近況。

澄月…戦争血盟に戻り、過去の戦場で己を磨く日々。
瞑セッター…別キャラのナイトを育成中。バウに対する情熱が薄れたか。
ポット…いつも露天中。中身の人、どこ?
GrimLock…しばらく休止中。あちこちのブログで軽口を叩いて回っている。
詩慈ss…レイド主催で知名度稼ぎ。バイウム討伐にこの夏を懸ける。
Cruz…最近芸人にジョイン。まったりリネライフ。
Vanr…別MMOが楽しいらしい。一定条件を満たすと出現。隠れキャラ。
ギバウスムーン…廃接続。レイドで行動をともにすることが多い。
絵理っち…攻に入ってから消息途絶えがち。フィールド戦に明け暮れているのだろうか。


 おいおい。これ無理。絶対に活動再開無理。見事に解散状態。
というわけでナインオブスピアーズ旅団の新規団員募集中です。
一緒に野良主催をしたり、アデンで自由に旅をしてみたい人はいませんか?
クラン・職などの縛りは一切ありませんが、平日は夕方〜深夜の活動になると思います。
あなたもナインの一員に!なお、勇者限定となっております。
入ってくれる人にはAクリスタル一個あげます。とてもお得です。


sisi4400 at 12:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年08月04日

フィールド戦最中の血盟について。

 最近は狩りにいくのがかなり億劫になってしまっていて、レベルも73の50%ほどからほとんど変わっていない。かれこれ一ヶ月。ほとんど毎日インしているのになぜなのだろう。そして、借金も26.5M残ったままである。いつになったらカンストと借金返済できることやら。ちなみにカンストの語源を知らないのは内緒だ。

 荘園・クエストをからめて狩りをしないといけないみたいなのだが、やりたいようにしかやらないので効率が全く出ない。しかも怠慢。大好物はDVCのマルックソルジャー・ケイブハウラー。柔らかく特殊スキルがなくおいちい。愛しいこいつらもすでに真っ青。泣ける。

 C3の間に75達成し、ナイトメア重装備セットを揃える。このあたりが妥当な目標だったのだが…。タラちゃんとドムセット、あとはBアクセ。倉庫は空っぽ。またもや泣ける。
せめて借金は返済したいところである。周りを見渡すとみんな金持ちに見えて仕方ない。
浅ましきは卑屈な性根。

 とうとうお店で武器が買えなくなった。
ギラン税率問題は他の町の税率と少し異なると思う。他の町の税率がいくら高かろうともギランに来れば安く好きな物が買えた。基本の値段が一番安い町だからだ。
だがギランに税がかかってしまうと、他の町が高いので実質アイテムを購入できない状態になってしまう。実際、精霊石やルーンストーンの露天売りもちらほら出てきている。

 かくいう自分もサーベルが購入できなくてレイドの指揮に困っている。サーベルがないと指揮官的にはとても困るのだ。指揮される側も随分困っているはずだ。全く困っていないぞという指摘は断固拒否させていただく。

 今のギラン城主は戦争活性化を名分にあげているが、2週間搾れるだけ搾って放棄するつもりなのだろう。
活性だのなんだの嘯くヤツは事前にちゃっかり買い占めしているに違いない。どの口でそんなことを言うのか。庶民は1K単位でその日暮らしをしているというのに。
今度の攻城戦は防衛費をかけることも考えにくいので10分程度で落城しそうである。
城が落ちるのは確実なようだが、そのあとどこが新しい城主に納まるのか。
大道芸人血盟は戦力皆無なので、参戦はありえない状況。
猫・シンガー・バウ・シリエル……
戦争に使えない職ばかり。まあ、荘園経営の手腕も皆無なので城は遠い。
ギラン税率0%を公約にかかげる血盟ならどこでもいい。ハースニール以外。
それが今の気持ちだ。

 前にレイド主催していたときに、シーレンにたむろしていたBAが冗談でレイドに入れてくれと言ってきた。その時に「逆に攻に襲われると困るんでダメ。」と言ったらBAの連中は笑っていたが、「のぼり」という知らない人(多分ハースニール?)からWISがきた。
「今の発言は攻に対する宣戦布告と取っていいですか?」

 どうやら宣戦布告してしまったらしい。どうしてそうなるのか理解不能だが。
「BAが野良レイドにいたとしてもハースニールからは仕掛けないのに、そういう発言すると潰しますよ?」とでも言いたかったのだろうか。
どれだけ偉い人なのか知らないが、権限持っているとしたら、その割には腰が軽い感じがする。それにしても恐い恐い。何気ない白チャで交戦状態にされるらしい。

 この一件でハースニールに対して非常に嫌悪感を持つことになった。ちなみにそのあとFSの「厨房」という人が、ハースニール所属のレイド参加者を襲撃してきてレイド進行を妨害された。この一件でBAも嫌いになった。

ハースニール>非常に陰湿でいやらしい奴がいる。BA>制御不能者がいる。
どうやら生粋の戦争血盟は好きになれそうにない。

 フィールド戦状態の血盟は野良やレイドには来ないで欲しい。
大手血盟が弱小血盟をマトにかけているわけでなく、それぞれのプライドと利権をかけて戦っているのだから好んで他人を巻き込むなと言いたい。

 自発的意思で野良やレイドに入っておいて、攻められたら皆で守れと言われても困る。自分の血盟なり同盟なりに守ってもらうべき。それぞれの背景を抱えた烏合の衆に過剰な期待をされても応えられないし、主催者が参加者にフラグ戦を強いる権限もない。

 多分違う考えを持つ人は多いし、そういう人はそういう人で集まってレイドを行えば良いと思う。良い機会なのでレイド主催についての考えを表明しておきたかった。



なお、私にWISしてくるともれなく周りに言いふらすので、WISにはご注意下さいませ。


sisi4400 at 19:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)