2011年01月

2011年01月18日

新年の歌 二首

笑む君の 初日に匂ふ 黒髪の 末広がるる 幸ぞあれかし

見られんと 一途に梳きし 黒髪の 末を契りし 君を頼まん

sisi4400 at 00:05|Permalink

2011年01月10日

冬の歌 二首

寒い夜に ビリリと震えた 携帯を 握りしめて 家を飛び出す
 
店員に 構う時間も もどかしく 視線が君を 求めて彷徨う
 
 
詩慈

sisi4400 at 22:49|PermalinkComments(0)

2011年01月01日

やっと帰ってきたね。おかえり

みんなばらばらになっちゃったけど 君は帰ってきたんだね
なんだかやっぱり嬉しい 当たり前だけど
  
見知らない人もたくさんふえた 君を知らない人ばかりだよ
野良にはときどき行ってる 気の向いたときお世話になってる
  
冷然と出て行った人もいるし 残酷に追いやった人もいた 涙の別れもあったかなあ
いっぱい別れて いっぱい出会った
 
おたがいにいつも いつまでも気を遣い合えたらって思う 
悲しい結末は避けられるはず 大切なことは何なのかもう知ってる
 
永遠ってさ 言葉は何も保証しないよね 1秒1秒をずっと積み重ねていくだけ
理由なんてややこしく考えなくていいよ 君はここにいればいい  


sisi4400 at 21:15|PermalinkComments(1)