気まぐれ絵日記

Shade3Dによる3DCG制作記、デジタル原型、3Dプリンタ(atom) 気が向いたときに更新するフリーソフト作成ネタなどを気まぐれに・・・

絵作りのお勉強始めました

3DCGソフトの使い方(私の場合はShade3D)はだんだん分かってきたので、次のステップとしては作品として良いものにするにはどうしたらよいか?について勉強したくなってきました。

とくに、良いなと思えるポーズや、絵としての構図は何とな〜くでやってきました。
が、理論として知っておくのが大切じゃないかなと思ってます。
そこで、最近勉強させてもらっているサイトを紹介します。

■CGアニメーター向け すぐに使えるメモ
海外のアニメーターとして活躍されている若杉さんのブログがすごく勉強になります。
わかすぎものがたり より

アニメーター向けとはありますが、キャラクターのポーズを付けるうえでの考え方は、静止画やフィギュア作りにおいてもとても参考になります。

私の場合、読み流しちゃうと、すぐに忘れてしまうためノートにポイントを書き纏めています。
なんだかんだで、紙ですぐに読み返せるようにノートに書くのは身に付きやすい気がします。



 


■ゼロから特訓 ビジュアルデベロップメント
絵としての構図の勉強は、CG World公式サイトで連載されているこちらの記事から勉強させてもらっています。
ビジュアルデベロップメント

まだ読み始めたばかりで、ノートにもまとまってませんが、理解できるようになれたら面白そうです。


■キャラ製作の進捗
上記も踏まえて、頭をちょっと傾げたりするだけでもだいぶ雰囲気変わりますね。
同じ突っ立ているだけのポーズでも。

その他、背景色(反対色)やライティング(環境光)についてテスト中です。







■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程を細切れ動画にしたものも不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

3Dキャラクターモデリングの製作記(ブログ再開)

だいぶ放置していたブログですが、ごゆるりと(月1くらい)で更新再開したいと思います。

現在進行中のシーンはツイッターで上げていますが、すぐ流れちゃうので、記録を付ける意味ではやはりブログの方がよいのかなと思いましたので。

■花人奏者(ユリさん)の製作記
オリジナル奏者キャラの第二弾を始めました。
今回は最終的に3Dプリントして、表面を仕上げて塗装するところまで計画しています。
参考に、各工程までの時間も記録してみます。

■テンプレート
まず、いつも通り、ノートにラフなイメージ(落書き)して、写真をPCに取り込んでます。


これをShade3Dにテンプレートとして取り込んだらモデリング開始。

■Shade3Dでモデリング
ポリゴンの立方体形状からスタートしています。
OpenSubdivをかけて、最小限の頂点数から形を表現してきます。
経験値上がってきたので、ここまで数時間で作れるようになりました。


■顔のバランス確認
早い段階で瞳のテクスチャを付けたり、髪の毛を乗せて顔のバランスをチェックしています。
瞳(目)の有無で印象がガラッと変わりますね。
ここまでで10時間はかかってないです。




■体と衣装の作成
やはり早い段階で体や服も作り始めます。顔の作り込みは途中だけれど、全体を見ながら顔を作っていかないと結局アンバランスになるので、全体をまんべんなく進めるやり方を取っています。


衣装のディテールも作り始めます。
ここまでで2週間くらい。時間にすると15時間前後かなと。


■頭身のチェック
顔と体の大きさのバランス(頭身)が一番時間をかけています。
ちょっとずつ手足や顔の大きさを調整しながらディテールの作り込みを始めます。
これ以降がちょっとした微調整の繰り返しで、とても時間がかかります。

■現在
製作初めて1か月半。今はここまで来ています。
時間にすると30~40時間くらいかけているかな。
顔のテクスチャや髪型のディテールなど細かい部分もだいぶできてきました。
ちょっと盛り過ぎたかもしれないので、今度は削る(減らす)作業になるかも。




■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程を細切れ動画にしたものも不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

真夏のデザインフェスタに参加します(8/5) D-187

2018/8/4〜8/5の2日間 東京ビックサイトにて開催される
真夏のデザインフェスタに出展します!!


私の出展情報は下記です。
・出展者名:さぼてん日和
・出展日:8/5(日)
・ブース場所:D-187
・紹介ページ



暫定お品書きは下記です。
・新作含めたポストカード(イラスト系と切り絵立体系) 数種
・新作を3Dプリントしたフィギュア 数種
・新作キャラクターのShade3DデータCD (2種)


フィギュアは正直お高いので、売れるとは思っていませんが。。。
こんな風にプリントされるんだ / 写真で見るよりも実物の方が綺麗じゃないか 
などといった新しい発見をしていただけたらと思います。

夏休み前のお楽しみイベントとしてぜひ遊びに来てください!












新しい情報はツイッターで随時発信中です!
ツイッター:sisioumaru

書籍宣伝と、コミケC93告知

■書籍の宣伝
工学社様より
「3D-CG キャラクターテクニック 〜「Shade 3D」で高度なデジタル造形〜」
が発売されました。CASPAR003さんとの共著です。




最近のShade3D書籍では、基礎的な操作を説明する「入門書」の位置づけが多く、
それを卒業した後にどんなことを学んだらよいか、指針になる書籍が無いと感じていました。
そこで、以下の観点を主に、少し専門的な内容にしています。

・複雑な(キャラクター)モデリングをするのに必要なこと
・リアリティのある3DCGを作成するために必要な、材質やライティングの設定
・テクスチャの作成方法
・その他、TIPSとして知っておくと便利なテクニックの諸々

フォトリアルを目指す材質やレンダリングはCASPAR003さんに担当してもらったことで、とても充実した内容になったと思います。

最終的に表紙のような美しいイメージになるまでの過程が全て紹介されています。
書店でお見かけの際はパラパラっとでも見ていただけると嬉しいです。


■コミックマーケット2017冬(C93)に参加します
sierraさん企画による、Shade3Dユーザー作品集に参加させていただくことになりました。
初日:12月29日(金)、東地区“ク”ブロック−23a



私はツイッターで製作過程を公開していた
幼女戦記より、ターニャ・テグレチャフ少尉のかっこいいイラストと、オリジナル1点を掲載してもらう予定です。





私からはおまけとして、少尉他、Shade3Dデータも頒布予定です。

12/29(金) コミケにお立ち寄りの際は、ぜひこちらにも遊びに来てください。


 ■ツイッターやってます
日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

活動報告のメインがツイッターになりつつあります

いつもブログを見に来てくださりありがとうございます。

なかなかブログを更新できていません。
が、創作活動はずっと続けていまして、活動報告の主は
ツイッターにあげています。

雑談ぽいつぶやきもありますが、割とCGネタ(Shade3Dネタ)が多いと思うので、
気になる方はこちらを見ていただけると嬉しいです。

ツイッターアカウント
https://twitter.com/sisioumaru


Shade3Dではじめる3Dプリント が発売

久々の更新です。最初に宣伝します。

工学社様より「Shade3Dではじめる3Dプリント 」が発売されました。
2016年に雑誌I/Oで連載させていただいていた記事の内容を再編集して
1冊の本になりました。



連載時の内容をベースに加筆、再編集して主に下記内容について解説しています。

・Shade3Dの基本的な使い方
・数値入力によるポリゴンモデリング
・ブール演算を使ったモデリング
・フィギュアデータを3Dプリント向けデータに変換する手順
・キャラクターモデリング手順の紹介
・各作例について実際に3Dプリントをしてみる

本屋さんのお立ち寄りの際に見かけていただければ嬉しいです。

今回は1冊丸ごと自分一人で担当しました。
ページ数は少なめですが、大判でカラーページも多く使っていただいているので、読みやすいんじゃないかなと思います。


■オリジナル新作の製作中
書籍関係がひと段落したので、前から作りたかったテーマの
オリジナルフィギュア造形始めました。

今持てる造形スキルをつぎ込んで作るつもりです。最後は3Dプリントまでもっていきたい。


細かい進捗はツイッターのほうに書いてますので。ここでは今までの流れをまとめて記録しておきます。

まずノートに描いた下書きをスマホでとって、これをテンプレートに。


直方体形状のポリゴンをベースに顔の形に。
4

5



宇宙人みたいになってもめげずに、遠くから眺めたりしながら
バランスのおかしい個所を探してチマチマと調整。



髪の毛やアクセサリーを乗せつつ、さらに顔の形を微調整。



今回はレンダリング設定も見直しています。
今まで使いまわしてきたレンダリング&ライティング設定も気に入っているので捨てがたいのですが、よりフォトリアルになりそうな設定を試行錯誤しています。





 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

Shade3D Ver.16 CGテクニックガイドが発売

工学社様より「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」が発売されました。
今回もぽんさん(加茂さん)との共著で私も参加させていただいています。



詳細は上記リンクの公式目次を見てもらえれば。
私は、後半のキャラクターモデリングについて、ポリゴンを使ったモデリングおよび
ジョイントの組み込み方を紹介しています。
あとは、新機能の紹介などミニコラムもちょぼちょとぼ書いています。


キャラクターの作例では、シンプルなポリゴン構成で、なるべく可愛いキャラクターになるよう
デザインしました。


ジョイントは慣れればすぐ出来ちゃうし、ポーズがつくとぐっと楽しくなりますね。

 

工学社様より発行されているコンピュータ雑誌「I/O」では、 ガイドブックのキャラクターを
Shade3Dを使って、3Dプリンタに適したモデルデータに変換する手順を紹介予定です。
(2017年3月のI/O 4月号 予定?)
具体的にはブール演算による結合(融合)の手順を紹介しています。 

 
組立できるよう、ブール演算を使って体と頭で分割しています。

ブール結合したデータを「DMM.make」にて3Dプリントしてもらいました。
ナイロン素材で10cm程のフィギュアになります。
三千円台でこの仕上がりはかなり良いです。納品も数日でした。 

 


ページ数の都合もあり、モデリングは「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」にて、
3Dプリント用データまで作成の手順は雑誌「I/O」にて連動して紹介しています。
ここまで取り組むにはそれなりに根気が必要なのは確かです。が、
フィギュア化はかなり楽しいので、少しでも普及につながると嬉しいな。


 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

SHADE3D CREATORSへの参加

ビジネス雑誌の記事の影響を受けて、短くても毎週ブログくと良いとのことで
さっそく今週からやってみようかと思い立ちました。
三日坊主ならぬ3週坊主にならないよう、ゆるゆるとやってみます。

Shade3D関連のデータを配布・販売する場合、今までは公式サイトの「マーケットプレイス」を通してだったのが、今月からSHADE3D CREATORSに移管されたようです。

 これまで、マーケットプレイスに登録するのって、経験者ならご存知と思いますがすごく大変でした。
ライセンスに関する規約やマニュアルなどをきちんとそろえないといけないからです。
SHADE3D CREATORSの場合、データと説明画像をアップするだけなのですごく簡単そうです。
まだ運営が始まったばかりで、どうなるか分からないけれど、ひとまず今まで公開していたデータを移管と、
いつかお披露目しようと思っていたお花シリーズをボチボチ出してみます。

 





■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

近況

すっかりブログをサボっていました。
水面下では色々活動してるんですけど、ブログにまとめるのが億劫になってしまいましてねぇ。
最近ではツイッターでかろうじて呟けているくらいで。

■[宣伝] I/Oで連載中です
工学社様より発行中のコンピュータ雑誌「I/O」にてShade3D関連の連載をさせていただいています。
https://www.kohgakusha.co.jp/io/
7月号からスタートなのですでに2号が刊行されており今更かもしれませんが・・・
Shade3Dを使って3Dプリント用データを作成し、 3Dプリンタ”atom"でプリントまでしちゃおうという企画です。
今回は「ウサギ型スマホスタンドを作っちゃおう」として基礎的なモデリングから解説中です。
今月発売中の8月号から始めても追いつける内容ですので、書店で見つけたらパラパラっと見ていただけると嬉しいです。
 

■Shade3D ver.16を導入

ポリゴンメッシュ&OpenSubdib関係が強化されましたね。
特徴をつかむまでは、いじり倒してみるしかないですが、慣れてくると使いやすくなるんじゃないかと思っています。とくに、これからShade3Dのポリゴンを始める場合には「ケージワイヤフレーム」はとっつきやすいかもですね。


私はさっそく、新しくなったモデリング機能の調査と、これまで使ってこなかったマニピュレータをメインに使ってテストモデリング始めました。テーマは「リラックマ」の製氷器。形がシンプルなもんで、1時間ちょいでサクッとできました。


さっそくatomで3Dプリント中ですが、フィラメントつまりが頻発しておりどうなることやら・・・

■Shade3Dでお花シリーズ(バラ編)
別の形でまとめて発表したかったんだけれど、当分着手できなさそうなため供養も兼ねて中間お披露目。
リアルな花を作りたくて始めたシリーズ第2弾です。
花びら1枚1枚をモデリングしています。複製して使いまわしてはいるけれど、微妙に形や大きさを変えてコツコツとね。


■DELMOにて公開していた3Dプリントデータ(STL)を引越し
私が3Dプリントに興味を持つきっかけをいただいた「DELMO」がサービス終了となるそうです。
デルモちゃんがとっても好きでフィギュア化までしていたので、寂しく残念です。
3Dプリント市場は大きなビジネス展開とするには難しかったのだろうなと想像します。

DELMOで配布していた3Dプリント用データのいくつかは、運営もとのアドウェイ・ラボット様のご好意により、当サイトで引き続き配布することにしました。
デルモちゃんのSTLデータを見たいよ、というときは気まぐれギャラリーを参照ください。


■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

お花作り(ユリ編)

ちょっと手が空いたこともあって、できるだけ本物に忠実を意識して
「花」のモデリングを始めました。
第一弾は昔からよく作っている「ユリ」です。

今回はちゃんと写真見ながら、花びら、しべを1つ1つモデリングしました。

Shade公式フォーラムにもアップしています。

さすがにこれだけだと面白くないのでもう少し製作小話を書きます。
モデルは全て、「直方体ポリゴン」からモデリングしています。
平べったくしたものを葉っぱの形になるように引き伸ばしています。
複雑に見えるものも、単純な形に分解して組み合わせると、それっぽく見えるものです。



また、花びらの質感には、ノーマルマップ(法線マップ)を適用してデコボコを表現しました。
画像だと分かりにくいけど、しわくちゃの紙をベースにShade3Dで法線マップに変換しました。
効果はバンプマップのようになりますが、Shade3Dの場合、バンプマップよりも
デコボコの表現が強調されるようです。このあたりの解説はツイッターの記事
見てもらえると嬉しいです



上が法線マップ+フレネル反射したもの。下はフレネル反射のみ。
些細な効果かもしれないけれど、他のパーツと組み合わせていくと地味に
効果を感じられる・・・・はず。




■3D出力請負やっています!
3Dデータからの3Dプリントを格安で受け付けています
細々とですが、一部再開しました。材料はPLAのみとなります。
3Dプリント請負サービス 気まぐれ工房


■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru
記事検索
プロフィール
Shade3Dを使った3DCGとフィギュア製作に夢中。キャラクターデザインに花植物を取り入れるのが好き。 時々Shade3Dのガイドブック執筆することも。日常はSUS304とモータに包囲された, こってりメカ設計者です。https://t.co/5UPmmgWcvX
ホームページのご案内
●3DCGギャラリー
Shadeで描いた作品集

●2DCGギャラリー 
下書き・イラスト・写真

●Shade3Dのコツ 
入門講座・小ネタ集

●気まぐれフォト日記 
お手軽写真日記ソフト
著書&ソフト(Amazonリンク)
「3D-CG キャラクターテクニック 〜「Shade 3D」で高度なデジタル造形〜 」 (共著)
Shade3Dの基礎習得後に読んでほしい、応用編。複雑なキャラクターモデルの造形から、リアリティあるレンダリングにするための材質、ライティングなどを解説。





「Shade3Dではじめる3Dプリント 」 (自著)
Shade3Dの基本的な使い方を紹介しつつ、3Dプリントに適したモデルの作成方法を解説しています。





「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」 (共著)。
ポリゴンを使ってキャラクターモデリングをしたい方にとっての入門用にオススメです。





「誰でもできるパソコン日記」
フリーソフト版の気まぐれフォト日記と比べて、カスタマイズ性の向上や、豊富なテーマ・絵文字など、より楽しく写真日記が書けます。

お勧めリンク集
3DCG(Shade3D) 作家さん
■cactiの日記
フォトリアルなCG。

■流れよわが涙とおぢさんはゆった
女性ポートフォリオと映画レビュー

■Merkmal@prosopopoeia
ハイレベルなShade3D作品。

■CG日記
セミリアルで美しい女性キャラクター。

■美夏屋
スーパーリアルで美人さんモデルがたくさん

■ちょび箱
リアルな女性キャラクター。

CGコミュニティ
■創作庵 寺子屋
活発な投稿があります。

■ポリゴン連盟
Shadeでポリゴン好きが集う場。

■TINAMI
幅広いジャンルの創作コミュニティ

造形作家さん
■C103のblog
フェスに向けての精力的な創作姿勢を見習ってます。
バックナンバー
コメント
トラックバック
made in Akihabara (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
メイド喫茶レポート
made in Akihabara (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
アキバに行ったけど喫茶にはいけなかった
顔は描くけど足元は…1 (画力向上ガイド - 絵心をアップしてイラストや漫画のレベルを上げよう)
服と靴(再レンダ)
アクセスカウンター