気まぐれ絵日記

Shade3Dによる3DCG制作記、デジタル原型、3Dプリンタ(atom) 気が向いたときに更新するフリーソフト作成ネタなどを気まぐれに・・・

Shade3Dではじめる3Dプリント が発売

久々の更新です。最初に宣伝します。

工学社様より「Shade3Dではじめる3Dプリント 」が発売されました。
2016年に雑誌I/Oで連載させていただいていた記事の内容を再編集して
1冊の本になりました。



連載時の内容をベースに加筆、再編集して主に下記内容について解説しています。

・Shade3Dの基本的な使い方
・数値入力によるポリゴンモデリング
・ブール演算を使ったモデリング
・フィギュアデータを3Dプリント向けデータに変換する手順
・キャラクターモデリング手順の紹介
・各作例について実際に3Dプリントをしてみる

本屋さんのお立ち寄りの際に見かけていただければ嬉しいです。

今回は1冊丸ごと自分一人で担当しました。
ページ数は少なめですが、大判でカラーページも多く使っていただいているので、読みやすいんじゃないかなと思います。


■オリジナル新作の製作中
書籍関係がひと段落したので、前から作りたかったテーマの
オリジナルフィギュア造形始めました。

今持てる造形スキルをつぎ込んで作るつもりです。最後は3Dプリントまでもっていきたい。


細かい進捗はツイッターのほうに書いてますので。ここでは今までの流れをまとめて記録しておきます。

まずノートに描いた下書きをスマホでとって、これをテンプレートに。


直方体形状のポリゴンをベースに顔の形に。
4

5



宇宙人みたいになってもめげずに、遠くから眺めたりしながら
バランスのおかしい個所を探してチマチマと調整。



髪の毛やアクセサリーを乗せつつ、さらに顔の形を微調整。



今回はレンダリング設定も見直しています。
今まで使いまわしてきたレンダリング&ライティング設定も気に入っているので捨てがたいのですが、よりフォトリアルになりそうな設定を試行錯誤しています。





 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

Shade3D Ver.16 CGテクニックガイドが発売

工学社様より「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」が発売されました。
今回もぽんさん(加茂さん)との共著で私も参加させていただいています。



詳細は上記リンクの公式目次を見てもらえれば。
私は、後半のキャラクターモデリングについて、ポリゴンを使ったモデリングおよび
ジョイントの組み込み方を紹介しています。
あとは、新機能の紹介などミニコラムもちょぼちょとぼ書いています。


キャラクターの作例では、シンプルなポリゴン構成で、なるべく可愛いキャラクターになるよう
デザインしました。


ジョイントは慣れればすぐ出来ちゃうし、ポーズがつくとぐっと楽しくなりますね。

 

工学社様より発行されているコンピュータ雑誌「I/O」では、 ガイドブックのキャラクターを
Shade3Dを使って、3Dプリンタに適したモデルデータに変換する手順を紹介予定です。
(2017年3月のI/O 4月号 予定?)
具体的にはブール演算による結合(融合)の手順を紹介しています。 

 
組立できるよう、ブール演算を使って体と頭で分割しています。

ブール結合したデータを「DMM.make」にて3Dプリントしてもらいました。
ナイロン素材で10cm程のフィギュアになります。
三千円台でこの仕上がりはかなり良いです。納品も数日でした。 

 


ページ数の都合もあり、モデリングは「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」にて、
3Dプリント用データまで作成の手順は雑誌「I/O」にて連動して紹介しています。
ここまで取り組むにはそれなりに根気が必要なのは確かです。が、
フィギュア化はかなり楽しいので、少しでも普及につながると嬉しいな。


 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

SHADE3D CREATORSへの参加

ビジネス雑誌の記事の影響を受けて、短くても毎週ブログくと良いとのことで
さっそく今週からやってみようかと思い立ちました。
三日坊主ならぬ3週坊主にならないよう、ゆるゆるとやってみます。

Shade3D関連のデータを配布・販売する場合、今までは公式サイトの「マーケットプレイス」を通してだったのが、今月からSHADE3D CREATORSに移管されたようです。

 これまで、マーケットプレイスに登録するのって、経験者ならご存知と思いますがすごく大変でした。
ライセンスに関する規約やマニュアルなどをきちんとそろえないといけないからです。
SHADE3D CREATORSの場合、データと説明画像をアップするだけなのですごく簡単そうです。
まだ運営が始まったばかりで、どうなるか分からないけれど、ひとまず今まで公開していたデータを移管と、
いつかお披露目しようと思っていたお花シリーズをボチボチ出してみます。

 





■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

近況

すっかりブログをサボっていました。
水面下では色々活動してるんですけど、ブログにまとめるのが億劫になってしまいましてねぇ。
最近ではツイッターでかろうじて呟けているくらいで。

■[宣伝] I/Oで連載中です
工学社様より発行中のコンピュータ雑誌「I/O」にてShade3D関連の連載をさせていただいています。
https://www.kohgakusha.co.jp/io/
7月号からスタートなのですでに2号が刊行されており今更かもしれませんが・・・
Shade3Dを使って3Dプリント用データを作成し、 3Dプリンタ”atom"でプリントまでしちゃおうという企画です。
今回は「ウサギ型スマホスタンドを作っちゃおう」として基礎的なモデリングから解説中です。
今月発売中の8月号から始めても追いつける内容ですので、書店で見つけたらパラパラっと見ていただけると嬉しいです。
 

■Shade3D ver.16を導入

ポリゴンメッシュ&OpenSubdib関係が強化されましたね。
特徴をつかむまでは、いじり倒してみるしかないですが、慣れてくると使いやすくなるんじゃないかと思っています。とくに、これからShade3Dのポリゴンを始める場合には「ケージワイヤフレーム」はとっつきやすいかもですね。


私はさっそく、新しくなったモデリング機能の調査と、これまで使ってこなかったマニピュレータをメインに使ってテストモデリング始めました。テーマは「リラックマ」の製氷器。形がシンプルなもんで、1時間ちょいでサクッとできました。


さっそくatomで3Dプリント中ですが、フィラメントつまりが頻発しておりどうなることやら・・・

■Shade3Dでお花シリーズ(バラ編)
別の形でまとめて発表したかったんだけれど、当分着手できなさそうなため供養も兼ねて中間お披露目。
リアルな花を作りたくて始めたシリーズ第2弾です。
花びら1枚1枚をモデリングしています。複製して使いまわしてはいるけれど、微妙に形や大きさを変えてコツコツとね。


■DELMOにて公開していた3Dプリントデータ(STL)を引越し
私が3Dプリントに興味を持つきっかけをいただいた「DELMO」がサービス終了となるそうです。
デルモちゃんがとっても好きでフィギュア化までしていたので、寂しく残念です。
3Dプリント市場は大きなビジネス展開とするには難しかったのだろうなと想像します。

DELMOで配布していた3Dプリント用データのいくつかは、運営もとのアドウェイ・ラボット様のご好意により、当サイトで引き続き配布することにしました。
デルモちゃんのSTLデータを見たいよ、というときは気まぐれギャラリーを参照ください。


■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

お花作り(ユリ編)

ちょっと手が空いたこともあって、できるだけ本物に忠実を意識して
「花」のモデリングを始めました。
第一弾は昔からよく作っている「ユリ」です。

今回はちゃんと写真見ながら、花びら、しべを1つ1つモデリングしました。

Shade公式フォーラムにもアップしています。

さすがにこれだけだと面白くないのでもう少し製作小話を書きます。
モデルは全て、「直方体ポリゴン」からモデリングしています。
平べったくしたものを葉っぱの形になるように引き伸ばしています。
複雑に見えるものも、単純な形に分解して組み合わせると、それっぽく見えるものです。



また、花びらの質感には、ノーマルマップ(法線マップ)を適用してデコボコを表現しました。
画像だと分かりにくいけど、しわくちゃの紙をベースにShade3Dで法線マップに変換しました。
効果はバンプマップのようになりますが、Shade3Dの場合、バンプマップよりも
デコボコの表現が強調されるようです。このあたりの解説はツイッターの記事
見てもらえると嬉しいです



上が法線マップ+フレネル反射したもの。下はフレネル反射のみ。
些細な効果かもしれないけれど、他のパーツと組み合わせていくと地味に
効果を感じられる・・・・はず。




■3D出力請負やっています!
3Dデータからの3Dプリントを格安で受け付けています
細々とですが、一部再開しました。材料はPLAのみとなります。
3Dプリント請負サービス 気まぐれ工房


■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

赤ずきんさん&狼男さん完成〜

Shade3D公式で募集中のコンテスト向けに製作していた作品が
完成しました。

原作者:げろりんさん作の「マゼンタ」をチョイスして
3Dモデル化させていただきました。

妖しげに誘惑しているイラストが魅力的だったので、
いろいろモデリング難度が高そうなのもかまわず挑戦でした。








コンテストの様子は↓から〜
Shade3D 3Dプリントコン


■製作過程
狼男さんはざっくりと人型に形作って。



モフモフ感を表現するために、トゲっぽいけど、にょきにょき生やして
テクスチャ貼ったらそれっぽくなりました。



全身にボールジョイントを配置したら完成



赤ずきんさんも、全身をボールジョイントで構成しています。



なお、赤ずきんさんも、見ての通りローポリで形成されています。
顔はかなり頂点数少ないと思いますが、サブデビ使うといい感じにプニかわいく
丸めてくれます。
おさげのエッジはShade3D ver.15からのオープンサブデビを活用しています。
あと、ねじった形状にするため「ループ状に選択」を始めて使いました。これ、
使いどころがよく分かっていなかったけど、なるほど便利かもね。

8


最後はSTL出力です。
Shade3D ver15.1からラッピングメッシュの仕上がりが良くなったので
一体物出力であれば楽チンでした。
このくらいの精度であれば、1つ1つブール結合したとしても
3Dプリントでの結果には見た目でそんなに分からないんじゃないかなと思います。





 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

コンテスト向け作品の製作記

Shade3Dの公式でモデリングコンテストが開催中ですね。
Shadeモデリングコンテスト

賑やかしに程度に参加しようと思っていたら、中途半端なのがやっぱりやだったので
かなり真面目にモデリングしています。
元イラストは公式サイトを眺めてもらうと、あぁこれかな 
と分かってもらえるくらいまでは進みました。

1日目
ツイッターで流している画像をただまとめただけだけど、途中経過はこんな感じ。
イラストをテンプレートに顔をざっくり形作り。3Dプリント用なので、目はテクスチャ。


3日目
髪の毛の本数を揃えたり、ボディを作り始めたり。
胸の形がやっぱり難しいですね。
髪の毛はエッジを立たせるため、Shade15から搭載のオープンサブデビを適用しています。


4日目
このキャラの大きな特徴となる大きなおさげ。
まずはソーセージのようにくびれのある連続球体を細長く伸ばしたものを配置。


7日目
休み中に一気にモデリング進めてたら、気づいたら服があらかた終わってた。
ので、途中経過無く。


9日目
手や足も出来上がり。
特に工夫は無く、テンプレートにあわせてキューブを伸ばして押し出しただけ。


10日目
メインキャラクター完成!
おさげは結構苦労しました。筋彫りっぽくしたり、房の先端の毛先が暴れている感じとかね。
作り方を説明するのは難しいので、よく使ったツールでいうと
「ループスライス」、「稜線をループ状に選択」、「オープンサブデビ」
を多用しています。


STLにちゃんと変換できるか心配だったけれど、Netffabでチェックしたら大丈夫そうだったので
これでちょっと目処が立ってきたかな。



次は台座?役の狼男です。これはこれで難敵。。。


 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru

スペイン旅行記

新婚旅行でスペイン1周をしてきました。
6泊8日で、ロンドンの空港を経由して片道15時間くらい。

初めてのヨーロッパにはしゃぎつつ、たくさん写真撮ってきました。
自分の思い出アルバム的になりますが、写真ペタペタ貼ってます。

マドリードの街。ザ ヨーロッパ的な建物(アパート)でいっぱい。


市場はとても賑わっています。見たこと無い食べ物素材もたくさん。


王宮です。スペインは王政が今も続いているというのを初めて知りました。


日本の国土の1.3倍の国を一周するので、ときには新幹線に乗って移動も。


世界遺産の大聖堂(メシキータ)




メシキータの外の風景。どこも絵になる風景でいっぱい。


スペインにゆかりのある偉人の1人がコロンブス。お骨が収められているとか。


有名なアルハンブラ宮殿もスペインなんですね。天気が良かったので中庭の泉に映りこんでいます。


カテドラル大聖堂。でかさも装飾もハンパないです。


ミハスの白い街。教会やヨーロピアン装飾だけでなく、こんな綺麗な街もあります。


みんな大好き。サグラダ・ファミリア




外だけでなく、内部も美しい。






裏の彫刻はガウディとは別のデザイナーがデザインされているんだとか。


ガウディ デザインの邸宅。カサ・バトリョ邸。こちらも世界遺産。


朝食はこんな感じのホテル・バイキング


コース料理っぽいのもあり。


スペインにはバルという、カフェと居酒屋を合わせたようなお店で溢れています。
1皿300円くらいから注文できる手軽さも魅力。


食べ物が毎日おいしすぎて、1週間で太ったことは確実です。

ちなみに、スマホ持っていないので、全部ipod touch(第6世代)で撮影したけど、きれいに撮れてるね。
手軽すぎて800枚以上撮影してました。


紹介しきれないけど、他にもピカソなども名画が多数ある美術館や、すばらしい彫刻らもあり、
想像以上に刺激の多い旅でした。
10年後のサグラダ・ファミリア完成したら再訪できたらよいよねぇ。
またね、スペイン。

Shade3D 創作活動の芽が出ました

昨年の中頃から色々とお誘いいただいて活動していたのですが、
その成果がここに来て一気にリリースされました。
なかなかのボリュームでしたが、こうやって成果として発表できるのはすごく嬉しいね。

1.3Dプリントの楽しさを広める企画への参加
Shade3D社の企画に参加させていただきました。絵師さんのイラストをもとに、
3Dプリントできるフィギュアデータを作成するというものです。

絵師さんの元イラストが可愛らしいので、その雰囲気を活かすような
立体化に苦労もしましたが、とてもかわいく仕上がったと思います。
実際に3Dプリントされたフィギュアは、さすが光造形というクオリティでした。

いっちょ前にインタビューも受けてしまっています!
イラストからフィギュアモデルを作りたいな〜っという場合の参考にしてもらえると嬉しいです。
https://shade3d.jp/community/articles/lets3dprint/sisioumaru_interview.html


2.Shade 3D Ver15 CGテクニックガイドの発売

なんと、ぽんさんとの共著でShade3Dのガイドブックを執筆しました。
工学社さんから発売中です!


Shade 3D Ver15 CGテクニックガイド

私は4章で、ポリゴンメッシュによるキャラクターモデリングを解説しています。
本の通りに操作してもらうと、表紙のような女の子キャラクターが出来上がる
・・・はずです。

よく入門書でもキャラクターモデリングの章に入ると、テンプレートに沿って
形を整えてください的な説明で終わるパターンがありますね。
本書では馬鹿正直に、頂点1個1個の動きを追いかけています
慣れた人にはまどろっこしいかもしれないけど、このくらい詳細に示さないと
サンプルどおりにトレースするのは難しいんじゃないかと考えたからです。

とはいえ、その分ページ数が増えてしまい、関係各位にはご迷惑をおかけしてしまいました。
何とか、初めての出版まで辿り着けて、感慨無量です。
Shade3Dのポリゴン操作はキャラクターモデリングに向いていると思うので、
これをきっかけにポリゴン派が増えると嬉しいな。


3.マーケットプレイス
Shade3D社のマーケットプレイスに出店することになりました!
今の時点ではフリーコンテンツのサボテンとピアノ、そして有料コンテンツの
オリジナルキャラクターモデルの3種類です。


フリーデータです。 ダウンロードはこちらから!
サボテン2種と周りの小物アイテムを含めたシーンデータになっています。


フリーデータです。ダウンロードはこちらから!
グランドピアノとイスを含めたシーンデータになっています。
 

ワンコイン500¥(+税)となります。購入はこちらから!
 UV展開、テクスチャの設定、ジョイントの設定、ライティング、色補正
全てが設定済み
です。作品へのゲストとして登場はもちろん、
キャラクター作成したい場合の教材など、たくさん活用ください〜

 


マーケットプレイスには今後も、ニッチなモデルデータを出店するつもりでいますので、
お楽しみにヾ( ´ー`)ノ 


 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru 

新年1作目

2016年 あけましておめでとうございます。

・・・というにはだいぶ日が経ってしまいましたが、
今年も当ブログをよろしくお願いします。

振り返ってみると2015年は3Dプリンタブームに乗っかっての、
データ作成を色々な方とやり取りさせていただいた、実りの多い年でした。

今年はどんな活動をやれるかまだ目標は立てていませんが、
ちょっと新しいことに取り掛かろうともくろんでいます。
そのきっかけとして、新キャラのモデリング始めていました。

 

シンプルなモデル(ローポリゴン)の割りに、ジョイントも仕込んでみたので、意外と色々なポーズが取れちゃいます。




頭に乗っかっている花もシンプルなりにしっかり作りました。
拡大しないと全然見えないけど、おしべ・めしべもありますよ。


目・口・鼻はモデリングしていないので、テクスチャを張り替えるだけで
色々な表情の変化がつけられますね。
こういうテクスチャ遊びは前からやってみたかったのだけど、フィギュア原型用って考えると
つい目とかモデリングするので、やれてなかった。


そんな感じの新年1作目でした。
もうちょっと準備が出来たら、またお披露目できるかな。

 
■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru 
記事検索
Twitter プロフィール
Shadeで3DCGとフィギュア原型作りにはまっています。3Dプリンタ「atom」導入で加速中〜。キングダムの羌瘣モデリングはじめるよ!
ご案内
気まぐれギャラリー
<メインコンテンツ>
●3DCGギャラリー 
Shadeで描いた作品集
●2DCGギャラリー 
下書き・イラスト・写真
●Shadeのコツ 
入門講座・小ネタ集
●気まぐれ工房 
3Dプリント請負います
●気まぐれフォト日記 
お手軽写真日記ソフト
著書&ソフト(Amazonリンク)
「Shade3Dではじめる3Dプリント 」 (自著)
Shade3Dの基本的な使い方を紹介しつつ、3Dプリントに適したモデルの作成方法を解説しています。





「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」 (共著)。
ポリゴンを使ってキャラクターモデリングをしたい方にとっての入門用にオススメです。





「誰でもできるパソコン日記」
フリーソフト版の気まぐれフォト日記と比べて、カスタマイズ性の向上や、豊富なテーマ・絵文字など、より楽しく写真日記が書けます。

お勧めリンク集
3DCG作家さん
■cactiの日記
フォトリアルなCG。
■流れよわが涙とおぢさんはゆった
女性ポートフォリオと映画レビュー
■Merkmal@prosopopoeia
ハイレベルなShade3D作品。
■CG日記
セミリアルで美しい女性キャラクター。
■ちょび箱
リアルな女性キャラクター。
CGコミュニティ
■創作庵 寺子屋
活発な投稿があります。
■ポリゴン連盟
Shadeでポリゴン好きが集う場。
■cg
3DCGの投稿コミュニティ。

造形作家さん
■C103のblog
フェスに向けての精力的な創作姿勢を見習ってます。
造形コミュニティ
■fg
立体造形の投稿コミュニティ。
バックナンバー
コメント
トラックバック
made in Akihabara (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
メイド喫茶レポート
made in Akihabara (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
アキバに行ったけど喫茶にはいけなかった
顔は描くけど足元は…1 (画力向上ガイド - 絵心をアップしてイラストや漫画のレベルを上げよう)
服と靴(再レンダ)
アクセスカウンター