気まぐれ絵日記 〜3DCGとフィギュア製作記〜

大好きなキャラクターを、Shade3D, 3Dcoat, 3Dプリンタを駆使してフィギュア化するため、悪戦苦闘している人の話。

ホビーラウンド30と技術書典16の振り返り

24年5月はディーラー/サークル参加イベントが2つあり、充実しつつもプレッシャーの多い月でした。


■ホビーラウンド30
5/11に開催された、ボークス主催のイベントです。
ボークスの新商品宣伝/販売が半分くらい占めますが、アマチュアディーラーが当日版権のガレージキットを販売もできます。



私もコミカライズ版「幼女戦記」のアイテムを展示販売しました。
持ち込んだのは新作含めて2アイテムでした。

・(新作)演算宝珠エレニウム九十五式
・(再販)でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐







前日までの準備

新作があるとはいえ、販売数量は少なめにしていたので商品の準備は楽なほうかな。
と思っていましたが、技術書典の締め切りと被っていたので、なんだかんだ大変でした。
新作のエレニウムは完成品サンプル提出が必要なので、ワンフェス分と展示見本を見越して3個同時に作ったりもしました。こんなに聖遺物が揃うことはもうないでしょう。
エレニウム九十五式はとにかく、自分が欲しくて作ったエゴの塊なので大満足です。



当日
持ち込んだ分はどちらも無事に完売となりました。
ホビランはワンフェスと比べると規模が小さいため、持ち込み数は少なめでした。
それでも午前中には完売したのは初めてのことでもあり、ちょっとびっくりしました。

とくに、エレニウム九十五式は、コミカライズ版 幼女戦記の作者である東條チカ先生がツイートしてくれたことでプチバズりしたこともあってか、会場早々に完売しました。




このために来たと言ってくれた方も少なくなく、申し訳なかったです。
※エレニウムは2024ワンダーフェスティバル夏でも(許諾が通れば)販売予定です。


イベント(人)の流れ
午前中の開場〜昼くらいまではお目当てのディーラーに向けて買い物をしている人でかなり賑わっていました。
午後は一気に人が減った感がありました。ディーラーとしては手持無沙汰な感じは否めませんでした。それでも写真を撮りに見に来てくれたり、作品や造形について話しかけてくれる参加者さんも常にいたので閉会まで在籍していました。やっぱり話しかけてもらえるのがディーラーとしての楽しみの1つでもありますしね。

私はソロディーラーで売り子もいないため、ワンフェスのような大規模イベントだと他のディーラーさんとのご挨拶がままなりません。
ホビランは会場は1フロア内で完結しており、ツイッターで相互フォロワーのディーラーさんもちらほらいたので、ゆっくりご挨拶できたのがよかったですね。


ホビランのいいところ/もうちょっとなところ
いいところ
・参加費が安め(半卓で1万円くらい)
・私が主力としてる幼女戦記の当日版権許諾が得られる
・参加者やディーラーさんとの交流のゆとりがある

もうちょっとなところ
・午後の過疎感はやっぱりさびしい(毎時間ごとにイベントを挟んでくれてはいるけど)
・売り上げ重視の人には、成果は期待できないかも(来場者の絶対数が少ないので)
・交通アクセスが悪い(次回のホビラン31は浅草に戻るみたいなので個人的にはアクセスしやすくなる)

もちろん売れてほしいけれど、交流もとりたい私にはちょうどいいイベントだなと思っています。なので、手持ちアイテムの在庫があればまた参加したいです。


■技術書典16
技術(プログラムや工作、やってみた知見など)に特化した同人誌を販売するイベントです。
同人誌イベントで有名なコミケとはだいぶ毛色の違う本に出会えます。
24/5/26 池袋のサンシャインシティで開催されました。
24/5/25〜6/9は紙の本をオンラインマーケットでも購入できます。会期後も電子版は引き続きオンラインマーケットで購入できます。

私はガレージキットや3Dプリンタ×デジタル造形についての知見を共有できたらいいなと思って技術同人誌を書いています。
企画からイベント販売までの工程を図にしてみると、非常に多くの作業があることに気づきました。
そして、自分の不得意分野で本にできていない工程も多々見えてきます。
(この辺りは他のモデラーさん/原型師さんにお任せしたい)



今回の技術書典の新刊で節目の5冊になりました。
新刊含む5アイテムすべて持ち込みました。
・(新刊)推しのフィギュアを作って同棲したい!
・LibreOfficeであなたのノウハウを技術同人誌にしよう!
・ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本
・3DCoatでフィギュア製作ブースト作戦
・Shade3Dテクニック集




新刊について
推しのフィギュアを作って同棲したい!」は前半はワンフェスなどで買ったガレージキット(3Dプリント出力品)を組み立てる工程について、後半は自分で原型データを作って3Dプリンタなどを使って仕上げるまでの工程全般について紹介した内容になっています。
技術書典閉会後はBoothでも販売予定ですので、サークルShade3D研究会をチェックいただければ嬉しいです。




当日の雰囲気
池袋サンシャインでの技術書典会場は来場者数は2,600人だったそうです。これはコロナ渦以降では一番多かったのではないでしょうか。
ただ、うちのサークル(CG系)の島はフロアの奥のほうだったのですが、開場2時間くらいは人の流れが少なくちょっと寂しかったです。ジャンル的に主戦ではないのでこれは致し方ないのかな。
売り上げ的にも前半はほとんど売れず(そもそも参加者さんがまばら)、これは大量に持ち帰ることになるかもと覚悟していました。
午後になるとだんだん人が流れてきて、本を買ってくれる人も増え、なんとか心穏やかになりました。


伝えたかった/見せたかったことを見せる
3Dプリンタで自分でこんなフィギュアが作れますの参考になるよう、でふぉるめターニャさんを置いていました。来場さんに紹介すると、キャラは知らなくても、こういうのを作れるという興味をかなり持ってもらえた印象です。やはり現物があると説得力が出るなと思いました。



3DプリンタというとFDM(ソフトクリームのように材料を積み上げる)イメージの方も多そうでした。なので、光造形だと積層跡がかなり目立たないことに驚かれている方もいました。フィギュア界隈外だと、光造形プリンタはまだ認知度は低いのかもですね。

売れ行き
今回の新刊(推しのフィギュアを作って同棲したい!)は50部刷りました。印刷所のポプルスさんは落丁などに備えた予備を1割程度加えてくれるので見本誌などにも回せて助かります。
50部刷るのは多すぎかと心配しましたが、技術書典では6/1時点で半分くらいが売れました。開場販売がメインかと思っていましたが、オンラインで買ってくれる人もたくさんいて、売り上げ的には救われました。
残った在庫はBoothやワンフェスでも販売予定です。

既刊誌はそれほどは売れませんでした。
ただ、2023/10の技術書典で初版で刷った「ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本」は健闘してくれました。今回の技術書典でBoothやガレージキットイベントでの販売も含めて100冊を超えました。
それだけ、フィギュア(ガレージキット)のイベントディーラーに興味を持ってくれる人がいてくれると考えると嬉しいですね。



自分も技術同人誌書いてみようと思ったら
LibreOfficeというソフトが、マイクロソフトのWord感覚で、なおかつ無料で使えるので本を書くのにもお勧めしたいです。
とはいえ、会社の文章を書くのと本の原稿を書くのでは勝手が違う部分もあります。
LibreOfficeであなたのノウハウを技術同人誌にしよう!」では本としての体裁を持った原稿を書くための導入紹介をしています。こちらもぜひ参考にしてください。

あわよくば、模型諸先輩方の知見が本になることを願って




戦利品
技術書典では購入した本を”戦利品”として写真が撮れるコーナーが設けられています。
ワンオペでもあったので会場ではあまり他のサークルさんを巡れませんでした。
慌ただしく駆けて得た戦利品。
他はオンラインマーケットであらためて物色します。




■次回参加予定イベント
夏のワンダーフェスティバル2024を予定しています。
出品アイテムはまだ許諾が出ていないので確定ではないため、許諾が出たらあらためて告知します。

夏のワンフェス以降はしばらくイベント参加を控えようと思っています。少なくとも秋のホビランと2025冬のワンフェスは。
ここのところイベント続きで。イベントの準備にかかる工数がかなり重しでもありました。
作品作りや、やれていなかった創作ジャンルも覗いてみたさもあり、インプットに時間を取りたいと思っています。


 ■新しい情報はX(ツイッター)で随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

【5月イベント告知】ホビーラウンド30に参加します

ボークス主催のガレージキットイベント
「ホビーラウンド30(通称ホビラン)」にディーラー参加します!

・2024/5/11(土)10:30〜16:30
・TRC東京流通センター第二展示場 Fホール
公式情報
・入場料:当日1,980¥(前売り券1,650¥)

・ディーラー情報:sisioumaru (卓番:G-03)



【新作】
演算宝珠エレニウム九十五式(コミック版デザイン)

・12,000¥
・1/1スケール
・未塗装/未組立(購入者ご自身で塗装や組立が必要です)
・3Dプリント出力品(Saturn3 Ultraで出力)
・備考:サポート材は簡易カットした状態で梱包予定です。






憧れのエレニウム九十五式を自分の手にできるのは何とも言えない嬉しさがあります。










【再販】
でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐(コミック版デザイン)

・10,000¥
・ノンスケール
・未塗装/未組立(購入者ご自身で塗装や組立が必要です)
・3Dプリント出力品(業者出力)
・備考:サポート材は簡易カットした状態で梱包します。





 ■新しい情報はX(ツイッター)で随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru


ワンフェス2024冬/Carat3の振り返りと今後の予定

2024年は2月にワンフェス、3月にCarat3に参加したので振り返りとして。

■ワンダーフェスティバル2024冬
24/2/11 幕張メッセで開催。
国内最大級のガレージキットイベントであるワンフェス24冬にディーラー参加してきました。




・設営
前日設営は毎回のひそかな楽しみでしたが、今年は風邪が治りかけだったので断念しました。
千葉県内住みのメリットで当日は6時出発でも8時に会場入りできました。
9時半には設営完了できました。

今回から展示台はダイソーのマルチフリーパネルを卒業して、メタルラック+アクリル板で自作しました。理由は、観覧者の目線高さに合うようにしたかったのと、アクリル板だと単純に”かっこいい”からです。マルチフリーパネルはメリットが多く使いやすかったのですが個性を出しにくいとも思っていました。
材料費は12,000¥くらいかかりましたが、しっかり感もあるし、フレームのふちが見えずアクリル板の光沢で上質感が出せたと思います。
マルチフリーパネルよりは重いけど、長く使うと考えれば作った甲斐はあったと思います。




当日設営の雰囲気はこんな感じ。
展示台の組立はそれほど難しくなくて、20分くらいでできました。
アクリル板の裏にテープ型磁石を貼り付けたので、メタルラックとの相性もよかったです。




今回から9時半以降は会場までトイレが使えない(転売ヤーが隠れること防止)だったらしく、ちょうど9時半ごろにトイレを出たところで気づいて危なかったです。


・販売内容
出品したのはコミック版 幼女戦記から、
・スケールサイズの”ターニャ・デグレチャフ少佐(再販)”
・デフォルメした”ターニャ・デグレチャフ少佐”(ワンフェスでは新作)

となりのフィギュア原型師からは、
・”滝館おこめ”
・”羽喰ひたき” でした。

スケール版のターニャさんは蔵出しの1個しかなかったのですが、無事お迎えしてもらえました。
新規複製は難しいため、これにて完全終売となりました。

でふぉるめターニャさんは持ち込みの半分くらいお迎えしてもらえました。
あと1, 2回のイベントで終売になるかもしれません。


・会場の雰囲気
私の周辺(1ホール)ではあからさまなディーラーダッシュはほとんど見られなかったと思います。
ゆったりとはじまって来場者がだんだん入ってきて、お昼くらいいなるとかなり賑わっていた印象です。

通りがかりの来場者さん(主に女性)からはターニャさんを見て、”かわいい”と言ってもらえることが多かった印象です。展示台の裏で、そうでしょうそうでしょうと思いながら聞いていました。

あと、ニコニコ生放送からインタビューしてもらいました。
しどろもどろで受け答えになってしまいましたが、初めての経験で楽しかったです。
動画はこちら


ワンオペのディーラーなので、ワンフェス中は常にお客さんが気になってあまり出歩けませんでしたが、モトッチさん(ディーラー名:覇車)のターニャさん胸像は写真に撮れました。
お迎えしたかったけれど売り切れ・・・すごくかっこよかったです。





なんだかんだあってもワンフェスは1年(半期)の大イベントなのでワクワクしながら参加しました。
イベント前は精神的につらくて、早く終わってくれーといつも思っているけれど、いざ終わっちゃうと、さてまた次に向けてやるかという気持ちになりますね。


■Carat3
24/3/9 浅草の東京都立産業貿易センター(台東館)で開催。
ワンフェスなどで購入したガレージキットなどをモデラーさんが作品として完成させたものが展示されるイベントでした。




私は自前のキット(幼女戦記関係)の完成品を展示しました。
ほとんど展示したことのない作品も含めて一挙放出という感じで。



ターニャさんの胸像はやはり大きくて目立つので、よく見てもらえた感じがします。
また、知っている人は知っている、エレニウム九五式も、気づいた方には褒めてもらえたので承認欲求がとても満たされました。


1日通して会場内は人が多く、歓談が溢れている印象でした。
ワンフェスのような大規模イベントと異なり、展示のみなので、皆さん見に来ること(交流すること)が目的だからでしょう。
私もイベントやねんど会などで知り合った方と話すことができたり、ツイッター繋がりの方とじかに挨拶ができたりと、たくさん話せたのは充実でした。販売ものないのでうろうろしたり雑談していると、思った以上に時間が過ぎるのも早く感じました。


隠しイベントととして、グリズリーパンダさんに見てもらうものを展示する(お題は自由)という企画があったので、私も参加しました。
パンダ店長をレリーフにした金メダル(一等賞、10万円)を作ってみました。



会期序盤はグリパンさんの卓(同人グッズのみ販売)も空いており、ステッカーの購入とご挨拶ができました。ガレキ界隈のレジェンドにお会いできたのが密かなよろこび。


本イベントは塗るマンの作品が集っているので、展示品は力作がたくさんありました。ちょっとご紹介


モデラー:ライ・ヨッパさん
隣卓でご一緒しました。語彙力無いですが塗装がすごくきれいでした。



モデラー:TOMさん
ブリジットちゃんの2次元ゲーム風な陰影が特徴的で、いいなと思いました


モデラー:インデックスさん
フィギュア作品もきれいでしたし、アルコールインクアートの台座がまた綺麗で、試したくなりました


モデラー:ネコタッチさん


モデラー:みちまさん


モデラー:MEGMIXさん
マーズアタックが懐かしい。実物は大きさもあって迫力がありました


モデラー:Masaki Hayashiさん
左上のオリジナル作品が特に目をひきました


モデラー:メモ忘れました
デブはぐちゃんがいる!と思い撮影


モデラー:Stan2222さん


■今後の予定
分かっている範囲では以下のイベントに参加予定です。
・ガレージキット関係
(1)ホビーラウンド30
24/5/11開催予定 場所はTRC東京流通センター
ディーラー参加は決まりました。
版権申請が通れば幼女戦記の新作1点、再販1点を予定しています。

(2)ワンダーフェスティバル2024夏
24/7/28 開催予定
ディーラー参加は決まりました。
版権申請が通ったなら、幼女戦記を数種持ち込み予定です。


・技術書典16
24/5/26 場所は池袋サンシャイン
サークル参加は決まりました。
3Dプリンタ×フィギュア製作に関する新刊を間に合うよう、鋭意執筆中です。



 ■新しい情報はX(ツイッター)で随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

技術同人誌 第5弾 (仮)3Dプリント×ガレージキットがわからん本

フィギュア系技術同人誌の第5弾として、
「(仮)3Dプリント×ガレージキットがわからん本」と題して執筆中です。

ワンフェスなどのガレージキットイベントや、技術書典に参加した時に、
・3Dプリンタでフィギュアを作るにはどうしたらよいか分からん
・3Dプリント製のガレージキットがよくわからん 
といった声を聞いたので本にまとめることにしました。

私もベテランと胸を張って言えるほどの経験は積めていませんが、興味を持ってくれた人にとっての導入になれればと思い原稿を書いています。

執筆や、イベント参加(当選)が順調にいったなら、5/25から開催の”技術書典16”で新刊として出したいなと思っています。


目次は24/3/3時点ではこんな感じ





本当はすごく薄い本(10〜20ページくらい)にするつもりだったのですが・・・
あれを書こう、これを書こうと付け足していたらかなり増えてしまいました。
文章は60%くらい書いて、図が無しの状態で37ページなので、50ページくらいになってしまいそう。

5月は技術書典以外にも、ホビーラウンド(5/11)もあるので、思った以上にきついスケジュールになってしまいました。


■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru


[WF2024冬] ワンフェスにディーラー参加します

年2回のフィギュアの大祭典
ワンダーフェスティバル2024冬にディーラー参加します!

週間予報によるとお天気はもちそう。遊びに来てもらえることをお待ちしています。

・2024/2/11(日)10時〜17時
・幕張メッセ
・ディーラー名:sisioumaru
・卓番号:1-24-02
(今年からディーラーブース配置が大きく変わったみたいで、初めて1ホールに配置されました)

今回は「幼女戦記(コミック版)」から2作品、「となりのフィギュア原型師」から2作品のガレージキットを展示販売します!!


■[コミック版 幼女戦記] 
でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐

ちょこんと座っている少佐殿がとってもかわいくできました。
小さめで、姿勢も安定しているので、お出かけで同伴してもらったりする楽しみ方もできそうです。

・価格:10,000¥

・スケール:ノンスケール 
・全長:約120mm
・未塗装/未組立/3Dプリント出力品(業者出力)

3Dプリントはエスエス工房さんにお願いしました。
すごく綺麗に、サポート跡も極力目立たないように出力してもらえました。







■[コミック版 幼女戦記]
ターニャ・デグレチャフ少佐


最後の在庫1個となる蔵出し品です。
複製型は残っておらず、数年販売を続けた作品でもあるので、これで終売です。

・価格:15,000¥
・スケール:1/8 
・全長:約180mm
・未塗装/未組立/レジンキャストキット(業者複製)
・瞳デカール付き
・後髪が1点不足しており、3Dプリント品で代用しています。購入される方には当日、ご説明します。





■[となりのフィギュア原型師]
滝館おこめ


在庫残り僅かの蔵出し品です。
数年販売を続けた作品でもあるので、売切れたらこれで終売です。

・価格:8,000¥
・スケール:1/7 
・全長:約180mm
・未塗装/未組立/
3Dプリント出力品(業者出力)
・瞳デカール付き




■[となりのフィギュア原型師]
羽喰ひたき


ワンフェスでの販売は初かも?
少数ですが持ち込みます。


・価格:9,000¥
・スケール:1/7 
・全長:約230mm
・未塗装/未組立/
3Dプリント出力品(業者出力)
・瞳デカール付き

 



■技術書も販売します
フィギュアやモノづくりに関係する技術同人誌も部数は少なめですが持ち込みます。
お土産代わりにいかがでしょうか。

・ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本
800¥




・libreOfficeであなたのノウハウを技術同人誌にしよう!
700¥




・3DCoatでフィギュア制作ブースト作戦
1,000¥




・Shade3Dテクニック集
1,000¥






■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

2024年の抱負

2024年の抱負というか、やろうと思っていることを記録しておきます。
年末に見直したときに、やりきったなとか、全然違うことやってたなとか思い出せたらいいなと思い。


■コミック版 幼女戦記 でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐
2024年2月11日に開催のワンダーフェスティバル(千葉県 幕張メッセ)にて展示・販売予定です。
すでに版権許諾をもらえており、複製も終わっているので当日の体調に問題なければ出します。

商品は2023年10月のホビーラウンドでも先行販売していたものと同じものです。
塗装見本を1から作り直して、すごく良くなったのでぜひ当日の会場で見てほしいです。

ワンフェスのお品書きは後日投稿します。




■コミック版 幼女戦記 演算宝珠 エレニウム九十五式
今の時点では個人的なファンアートとして作っています。
テスト品の時点ですごくかっこよくできています。
こういうアイテム系の版権許諾が下りるものかわからないので、2024年5月開催のホビーラウンド30に申請してみます。許諾が得られたら少数販売します。
許諾NGだったら、自分のためだけの1品物で終わります。もともと自分が欲しくて作ったものなので、それでも満足です。
でもできれば大隊同士にも届けたいので、許諾審査通るといいな。

 

■ガレージキット本の別冊版
2023年に作ったガレージキット本(ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本)で書ききれなかったことを別冊版として書くことにしました。
目次もまだ推敲中ですが、こんなことを書こうと考えています。
目標は2024年の5月か6月ごろに開催されると予想している技術書典に向けています。




■オリジナルキャラクター 狐っ子
イラストレーターさんにデザインしてもらったオリジナルキャラクターを2023年からモデリングしていましたが、寄り道しすぎて23年中に終わらなかったので、今年こそはやり切りたい!




■Carat'3
https://www.artreee.com/post-303/
2024年3月9日に開催のCarat'3にて自作ガレージキットの展示サイドで参加予定です。
これまで作ってきた幼女戦記関連のフィギュアを全部持ち込んで”幼女戦記祭り”にしたいと思います。




■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru

【備忘録】3DCoatアップデート情報の翻訳

3DCoatは頻繁にアップデートされています。

ただ、英語表示なうえ、(少なくともChromeでは)うまく日本語翻訳機能が働かないんですよね。。。

私は英語が苦手なので、テキストをコピペしてGoogle翻訳にかけています。
過去のバージョンは何が変わったのか、見返せるように、翻訳分を記録しておきます。
Google翻訳で直訳しているだけなので、怪しい訳になっているとは思いますが、
英語原文よりは何となく意味も分かると思うので、同じく翻訳が面倒だなと思っている人の
心理的ハードルがちょっとでも下がれば。

アップデート情報を入手したら、できるだけ本記事も更新したいと思っています。




Ver.2024-19  2024 年 5 月 24 日
・自動書き出し設定はシーンファイル(3B)に保存されますので、シーンごとに頻繁に使用する場合に便利です。

- ファイル保存ダイアログは、最後に使用した拡張子を記憶します。たとえば、fbx を選択した場合は fbx です。

- Python: すべての ui.cmd、ui.set(get)SliderValue は、ツールまたは値が現在のルームの UI に存在しないがグローバルにアクセス可能な場合でも機能する場合があります。コマンド ui.presentInUI

- 自動エクスポートに関する複数の改善: (1) テクスチャが途中である場合の問題を修正しました。 (2) すべてを単一のオブジェクト/テクスチャにマージするオプション。 (3) 冗長なレイヤーを削除するオプション。 (4) 自動エクスポートと通常のエクスポートで同じデシメーション品質。 (5) 対称性が有効な場合の問題を修正しました。 (6) 最大 99.9% の間引きサポート。

- スカルプト/トランスフォーム ツールで長方形を含むオブジェクトを選択するときの視覚的なフィードバック。

- Python API: coat.Scene.layerIsEmpty、coat.Scene.removeEmptyLayers、coat.ui.toRoom 追加パラメーター - Force

- フォルダー選択ダイアログは、ファイルを開くダイアログと同様の、より便利なものに置き換えられました。

- 接続的 (トポロジー的に制約された) ペイントはボクセルにも機能します。

- フリーズおよびペイント ツールでは、ペイントおよびサーフェス オブジェクトに対してトポロジー コンストレイントを有効にすることができます。冗長性のため、上部のボリューム/接続ドロップリストが削除されました。


Ver.2024-18  2024 年 5 月 4 日
- デシメーションによるリトポは、選択したすべてのオブジェクトに対して機能し、選択した各オブジェクトは別のグループにリトポされます。

- 環境設定、ツールのオプションにより、オブジェクトごとに 1 つのマテリアルではなく、単一のマテリアルのみを使用してスカルプト シーンをエクスポートできるようになります。

- Live boolean の崩壊と Scale Master の問題を修正しました。

- RMB -> 選択したオブジェクトをエクスポートでは、ライブ ブール値が正しくサポートされます。

- 選択した複数のボリュームをドラッグ アンド ドロップできます。

- 1 つのボリュームが親を変更しない場合の「親の変更」問題を修正しました。

- 新しいスカルプト レイヤ管理の可能性: Sculpt RMB -> Merge / Move -> Merge Selected / Merge Selected (ブール値なし)

- Python クラス `coat.settings` が更新されました。すべての設定をリストする可能性、UI ID または英語のテキストを使用した設定へのアクセス、環境設定を介して公開されたすべての設定が利用可能になりました。

- 承認されたユーザーからの翻訳/修正を自動で取得するシステムを復旧しました。重要な修正を行ったり、一部の言語をサポートしたりしても、テキストが新しいビルドに表示されない場合は、andrew.sh@pilgway.com までご連絡ください。

- ボクセル オブジェクトをサーフェスとして変更し、すぐにベイク処理を試みた後のベイク処理の問題を修正しました。オブジェクトはベイク処理前にボクセル化されます。


Ver.2024-17  2024 年 4 月 20 日
- EPS ファイルをインポートするときに発生する可能性があったクラッシュを修正しました。

- 「COAT_FSERVER」環境変数を定義した場合、通常のライセンスは機能せず、ローカル ネットワーク/fserver のみがライセンスのソースとなります。したがって、何らかの理由でライセンスが機能しない場合は、この変数が宣言されていないか、宣言されているかどうかを確認してください。server_ip:port として正しく宣言されている必要があります。

- AppLink 経由でボクセル モードから Blender にエクスポートするときの頂点 PBR エクスポートの問題 (奇妙なグリッド) を修正しました (サーフェス モードでは正しく動作しました)。

- 自動エクスポートダイアログには、三角形分割スタイルを選択するオプション「正確な三角形」があります。また、そこで正確なエクスポート ポリ数を選択することもできます (デシメーションによるリトポ内でも)。

- FBX インポートの問題 (複数のオブジェクトがある場合にスケールが壊れる) を修正しました。これは、Blender AppLink にとって特に重要です。

- 鋭いエッジを持つオブジェクト (分割法線) がスカルプト ルームに正しくロードされ、鋭さを保つために小さなエッジが作成されます。

- リトポ/モデリングルーム:オプション「シャープエッジを緩和」を追加

- Python を介したレンダリング アクセス、レンダリングへのスクリプト化されたアクセスは非常に役立ちます (例が含まれています)。

- Retopo-> Mesh-> Take Mesh from Paint Room もオブジェクトリストを正しく取得します。 Pythonによるペイントメッシュの取得も正しく動作します。

- マスクされたレイヤーを複数コピーしたときの元に戻す問題を修正

- ペイント ツールセットの非破壊的なテキスト/曲線/画像ツール。レイヤー上に適用された場合、各レイヤーはテキスト/画像/曲線の設定を保持するようになりました。対応するアイコンがレイヤー上に表示されます。


Ver.2024-16  2024 年 4 月 6 日
- 3DCoat は、複数のバージョンの Blender がインストールされている場合でも、AppLink を見つけて更新しようとします。また、すべてのインストール パスは Python: print(coat.io.listBlenderInstallFolders()) でチェックされる可能性があります。

- ペイント条件のサムネイルがスカルプト ルームに正しく表示され、フリーズ プレビューでは現在の色ではなく灰色が使用されます。

- Python: utils.set、utils.get、menu_item(...) は、id = '$execute:path/to/script.py' を介して一部のスクリプトを直接実行するメニュー項目を作成する場合があります。

- アクションがまだ比較的薄いシェル (常に薄いとは限らない) を裏側で貫通していたときのなげなわ/長方形選択の「背面を無視」の問題を修正しました。

- GLTFエクスポートの問題を修正(Blenderとの互換性)

- 成形試験を2024年6月まで延長

- アクションにテキストラベルがない場合に新しいカスタムメニューで発生する可能性があったクラッシュを修正しました

- 対称状態は対称ダイアログから保存/復元できます。

- マスクされたグループに対してレイヤーグループを開いたり折りたたんだりできない問題を修正しました。

- スカルプトルーム: ツール「レプリケーター」 - オプション「U に沿った X 軸」を追加

- ホットキーは任意のメニューおよびサブメニューに割り当てることができるため、必要なときにいつでもすぐにトリガーできます。

- スカルプトルーム:ツール「レプリケーター」 - オブジェクトを作成してファイルに保存した後にパラメータを編集する機能を追加しました
続きを読む

創作(造形)活動で買ってよかったもの5選(2023年版)

今年(2023年)は創作の作業環境を改善したくて、買い替えたり新規に買ったりしました。
お年頃なので、仕事や日常生活をこなしつつ、効率的&身体に優しく作業しないと
いけなくなったなと感じていたので。

何をいまさらと思われるものも多々あるかもしれませんが、
私にとっては良かったものということで記録します。
 
 
■5位 集塵機
3Dプリント品はそのままだと表面がザラザラしていたりするので、
ヤスリで表面を磨かなくてはいけません。

今までは机にチラシとかを敷いて磨いたときの粉を集めていました。
が、よくよく見ると机の周りに粉が飛び散っている・・・
ということで、集塵機を買いました。アマゾンで3千円くらい。
商品分野は「ネイルダスト集塵機」。本来は爪のお手入れ用みたいですが、
アマゾンのレビューを見ると模型用途で使っている人も少なくないようでした。

これを使うと、周りに飛び散っている(付着している)粉が明らかに
減っているのでちゃんと吸ってくれているようです。
健康面でも、家族に嫌な顔されないためにも買ってよかったと思っています。

難点は、音がうるさい。掃除機くらいの音がします。
個室でドアを閉めていれば大丈夫そうですが、さすがにリビングでは厳しそう。


 
 
■4位 塗装筆
自宅ではエアブラシを置けないのでもっぱら筆+水性塗料(ファレホ)で
塗装しています。
今まではタミヤの一番安い(200¥くらい)筆を使っていました。
たまにしか塗装しないしまあいいやと思っていたわけですが。

ガレージキットイベントの売り上げが入ったイベント帰りのタイミングで買った
タミヤ モデリングブラシHGII


ヨドバシで400¥くらい。今までよりちょい価格upなだけなのに、
描き心地が全然違う!滑らかに描けるし筆先のまとまりも良くてすごく気持ちいい。
ほんのちょっとの価格差でこんなに気持ちよく筆が使えるなら、
もっと早くに買っていればよかったと思いました。
さらに上位はもっと違うのかもしれませんが・・・まだ勇気が出ないので
しばらくはHG競轡蝓璽困鮖箸辰討澆泙后


■3位 ノートPC(型落ち中古)
気持ちを切り替えて作業したいときや、外出時にちょっと作業したり、
もくもく会に参加することを考えると、(それなりに使えるスペックの)ノートPCが
あると良いなと思っていました。

最新(良いスペック)である必要はないので秋葉原の中古ショップで型落ち品を買いました。
富士通 LifeBook  S938S
・Corei5 (第8世代)
・メモリ8GB
・SSD 128GB
・13インチ(薄くて軽い。これが重要)
・税込み27,500¥

このスペックでもShade3Dは実用的な体感で使えるし、3DCoatも使える。
何なら起動速度などはメインのデスクトップよりも早いくらい。
真夏の暑い日には喫茶店で技術同人誌を書いたりもできるので、
活動範囲が増えたのが純粋に楽しいです。

画面が小さいので本格的なデジタル造形作業はつらいけれど、
あくまでサブPCなのでちょうど良いのです。
持ち運びメインなので薄くて軽めなのもポイントでした。




■2位 椅子
PC机用にIKEAのフカフカした椅子を使っていました。
見た目がゴージャスで座り心地も好きだったけれど、
・狭い部屋には大きくて動きずらい
・体系(姿勢)に合っていないため腰に負担がある

のが不満でした。
ニトリや東京インテリアなども回ったのですが、最終的には
またIKEAで、ゲーミングチェア(フーヴドスペラレに落ち着きました。



一般的なゲーミングチェアは幅寸法が大きいため、今まで使っていた椅子とサイズが
変わらないので微妙と思っていました。
IKEAのこの椅子はすごくスリム。そして座ったときの(私の)腰へのフィット感も
ちょうど良かったです。背面がメッシュになっているのも良い。
価格も7千円台とリーズナブル。

唯一の不満は肘置きが固定で高さが変えられないこと。
机の天板と高さがあっていないので、Amazonで肘置きクッションを追加。
それでも高さがまだ足りなかったので、タオルを束ねて、
マジックテープ(裏面に両面テープ付き)でくっ付けることにしました。

限られた作業場でもスペース圧迫されず、身体にも優しいので気に入っています。




■1位 デスクライト
今年はデスクライトが圧倒的に一番良かったと実感しました。
オーム電機のODS-LKL6-W
シンプルにON/OFFだけなのがちょうどいい。
明るさも、売り場の中では特に明るかったのが気に入っています。
価格も2千円くらいでリーズナブル。




フィギュア造形趣味を始めてから幾数年、室内照明だけで原型の磨きや
塗装サンプルを作っていました。
デスクライトがあるだけで、今まで見えていなかったものがすごく良く
見えるようになりました。
模型作業にしても事務作業にしても作業効率が歴然と違い、
なんで今まで使わなかったんだろうというくらい。



むしろなんで今まで使ってなかったのと突っ込まれそうですが、とにかく
デスクライトが2023年の買ってよかったもの1位でした。


■選外 テンキーレス キーボード
椅子を買い替えて姿勢が良くなったことで次に気になったのがキーボードでした。
今までフルサイズ(テンキー付き)を使っていました。
これだと、マウスが体から離れたところに位置するため、
少し腕が開いて無理な姿勢になるのが地味に気になっていました。

そこで、テンキーレスマウスを試してみることにしました。
エレコムのTK-FDM105TXBK
どシンプルだけど、こういうのでいいんだよ。




3DCG作業用途がメインなので、右手側にテンキーが無くても不便ではないし、
それよりもマウスをストレスなく使える方が良いだろうとの判断で。

使い始めて1か月ほど。狙い通り、ひじ掛けからマウスまでまっすぐに腕を伸ばす
姿勢になったのでストレスが減りました。
机も若干だけどスペースができました。



今のところはテンキーが無くても特に不便は感じていないです。
しばらくこれで試してみます。
 
 
 
■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru
 
 

技術書典15への出展

23/11/11(土)より開催される技術書典15にて、私も技術同人誌を出展します!
オンラインにて購入できます。印刷本は送料無料なので、Boothなどで購入するより安く手に入ります。

11/12の池袋会場でも出展予定でしたが、家の都合がつかず、参加を見送ることにしました。
そのため、オンライン販売のみとなります。


■新刊「LibreOfficeであなたのノウハウを技術同人誌にしよう!
印刷+電子版:800¥
電子版:600¥

文章(技術系)の同人誌を本という形にしようとするにはどうすればよいか、から、文章作りの流れなどを紹介しています。
裏の希望としては、ガレージキットなどフィギュア/模型を作っている方のノウハウを、本書をきっかけに同人誌化してくれる人が現れてくれたら嬉しいなと思っています。




■既刊「ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本
印刷+電子版:900¥
電子版:600¥

タイトルの通り、ワンフェスなどのガレキイベントにディーラーとして参加した経験を紹介しています。収支なども赤裸々に書いています。初めてイベント参加したい人にとっては反面教師として参考になると思います。




■既刊「3DCoatでフィギュア制作ブースト作戦
印刷+電子版:900¥
電子版:600¥

デジタルデータでフィギュアの原型を作る場合、3DCoatをサポートとして使うと便利ですよという本です。
3DCoatについて書かれた本自体、商業/同人誌どちらも少ないので、フィギュアはやっていないけれど3DCoatについて知りたいという方にとっての参考にもなれれば。

印刷本は在庫1桁となっており、重版の予定もないので、紙本が欲しい方はこの機会にお求めください。




■既刊「Shade3Dテクニック集
印刷+電子版:1000¥
電子版:1000¥

かつては日本での3DCGブームの一翼をになったShade3D。
現在は情勢が大きく変わり、(とくにホビー)ユーザーは限られているかもしれません。
そして、商業誌では書店でほとんど見かけなくなってしまいました。
同人誌にしても、今は本書が細々と残っている状況かもしれません。
しかし、私も含めて、今もShade3D使っているよ!という人にとっては新たな刺激の一端になると思います。




■10月の振り返り
10月のブログ更新をサボってしまいました。
10/1にホビーラウンド29にディーラー参加していました。

新作として持ち込んだ「でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐」は無事、お迎えしていただけてほっとしました。
金銭的には完売には至らなかったけれど、参加費+材料費がトントンになるくらいの結果でしたので、私としては成功。

技術同人誌も少し持ち込みまして、こちらも意外と?買っていただけました。
ガレージキットイベントなので、お土産としてもフィギュア関係の同人誌は親和性がありそうです。

ホビーラウンドは程よく混雑するイベントなので、気負わずに参加するにはちょうど良くて好きなんですよね。参加費もお安い方でもあるし。初めてディーラーデビューを考える人にとっては、場慣れするという意味でもちょうど良いと思います。




■10, 11月の創作活動
コミック版の幼女戦記で少佐殿が装備している「エレニウム95式 演算宝珠」がかっこいいなと思い、突発的にモデリング始めました。
複雑な中身を3Dプリントで再現できるかまだ分からないですが、まずはプリントするところまでやり切りたいと思っています。キット化は・・・そのあと考えます。





■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru
 
 

ホビーラウンド29 出展情報

ホビーラウンド29にディーラー参加します。
新作含めて2作品を持ち込みます。ホビランに遊びに来た際にはぜひ当ディーラーブースにもお立ち寄りください!

・2023/10/1(日) 10:30〜16:30
・TRC東京流通センター第二展示場 Fホール
・卓番 D-09
・ディーラー名 sisioumaru


【幼女戦記】でふぉるめ ターニャ・デグレチャフ少佐 (新作)

・10,000¥
・3Dプリント出力キット(エスエス工房さんにて出力)
・SK高靭性レジン素材
・未塗装/未組立
・22パーツ
・ノンスケール(全高 約100mm)

コミック版(東條ちか先生のキャラクターデザイン)でのターニャ・デグレチャフ少佐殿です。
手のひらサイズにデフォルメした少佐殿が欲しくて作りました。
机など身近なところにちょこんと座った少佐がこちらを見ているのはたまらんです。




コミックスと比較した大きさはこんな感じです。



目は別パーツになっています。瞳のラインを彫り込んでいるので塗装が苦手な方にはガイドになると思います。




パーツリストはこんな感じ。
塗り分けしやすいようなパーツ単位で分割しました。
エスエス工房さんで3Dプリントしてもらっているのでパーツ精度はよいです。
組立は迷わず/苦労せずできると思います。




【となりのフィギュア原型師】羽喰ひたき(再販)

・9,000¥
・3Dプリント出力キット(エスエス工房さんにて出力)
・SK高靭性レジン素材
・未塗装/未組立
・18パーツ
・1/8スケール (全高 約220mm)
・瞳デカール付き

リアル会場での販売は1年ぶりになります。




パーツリストはこんな感じ。
こちらもエスエス工房さんで3Dプリントしてもらっているのでパーツ精度はよいです。



【その他】
Boothなどで販売している3DCG/フィギュア系の技術同人誌もいくつか持ち込み予定です。
イベントのお土産代わりに!



■新しい情報はツイッターで随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru
記事検索
プロフィール
3DCGソフトのShade3D, 3Dcoat、3Dプリンタ Sonic mini 4k SK版でフィギュア造形する人。サークルShade3D研究会代表。主なジャンルは幼女戦記、となりのフィギュア原型師。フィギュアイベントのディーラー活動もします。日常は金属やモータと格闘するメカ設計者のようなことをやってます。
ホームページのご案内
●3DCGギャラリー
Shadeで描いた作品集

●2DCGギャラリー 
下書き・イラスト・写真

●Shade3Dのコツ 
入門講座・小ネタ集
著書(Booth/Amazonリンク)
「ガレージキットイベントにディーラー参加してみた本(印刷本+電子版)」
自分で作ったフィギュアをイベント(ワンダーフェスティバル)にてディーラー販売するまでの体験記をまとめた本です。初めてディーラー参加したい人にとっては1つの参考事例にもなると思います。




「LibreOfficeであなたのノウハウを技術同人誌にしよう!(印刷本+電子版)」
皆さんが持っているであろう様々なノウハウ。これが世に出ず埋もれてしまうのはもったいない!ということで、技術同人誌を作ってみませんか?




「3DCoatでフィギュア製作ブースト作戦(印刷本+電子版)」
3Dプリントに適したフィギュアデータを作るのは、モデリングとは違った大変さがあります。そんなとき3DCoatならガレージキットに適したデータ編集に便利です。





「Shade3Dテクニック集」 (共著)
基本的な操作を習得したら、次のステップとして豊富な応用作例がたくさんの本書を。書店には売っていない、技術同人誌です!






「3D-CG キャラクターテクニック 〜「Shade 3D」で高度なデジタル造形〜 」 (共著)
Shade3Dの基礎習得後に読んでほしい、応用編。複雑なキャラクターモデルの造形から、リアリティあるレンダリングにするための材質、ライティングなどを解説。






「Shade3Dではじめる3Dプリント」 (自著)
Shade3Dの基本的な使い方を紹介しつつ、3Dプリントに適したモデルの作成方法を解説しています。






「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」 (共著)
ポリゴンを使ってキャラクターモデリングをしたい方にとっての入門用にオススメです。


お勧めリンク集
3DCG(Shade3D) 作家さん
■cactiの日記
フォトリアルなCG。

■流れよわが涙とおぢさんはゆった
女性ポートフォリオと映画レビュー

■Merkmal@prosopopoeia
ハイレベルなShade3D作品。

■CG日記
セミリアルで美しい女性キャラクター。

■美夏屋
スーパーリアルで美人さんモデルがたくさん

■ちょび箱
リアルな女性キャラクター。

CGコミュニティ
■創作庵 寺子屋
活発な投稿があります。

■ポリゴン連盟
Shadeでポリゴン好きが集う場。

■TINAMI
幅広いジャンルの創作コミュニティ

造形作家さん
■C103のblog
フェスに向けての精力的な創作姿勢を見習ってます。
コメント