工学社様より「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」が発売されました。
今回もぽんさん(加茂さん)との共著で私も参加させていただいています。



詳細は上記リンクの公式目次を見てもらえれば。
私は、後半のキャラクターモデリングについて、ポリゴンを使ったモデリングおよび
ジョイントの組み込み方を紹介しています。
あとは、新機能の紹介などミニコラムもちょぼちょとぼ書いています。


キャラクターの作例では、シンプルなポリゴン構成で、なるべく可愛いキャラクターになるよう
デザインしました。


ジョイントは慣れればすぐ出来ちゃうし、ポーズがつくとぐっと楽しくなりますね。

 

工学社様より発行されているコンピュータ雑誌「I/O」では、 ガイドブックのキャラクターを
Shade3Dを使って、3Dプリンタに適したモデルデータに変換する手順を紹介予定です。
(2017年3月のI/O 4月号 予定?)
具体的にはブール演算による結合(融合)の手順を紹介しています。 

 
組立できるよう、ブール演算を使って体と頭で分割しています。

ブール結合したデータを「DMM.make」にて3Dプリントしてもらいました。
ナイロン素材で10cm程のフィギュアになります。
三千円台でこの仕上がりはかなり良いです。納品も数日でした。 

 


ページ数の都合もあり、モデリングは「Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド」にて、
3Dプリント用データまで作成の手順は雑誌「I/O」にて連動して紹介しています。
ここまで取り組むにはそれなりに根気が必要なのは確かです。が、
フィギュア化はかなり楽しいので、少しでも普及につながると嬉しいな。


 ■ツイッターやってます
上記作品の製作過程含めて、日々の製作進捗はツイッターで随時追加しています。
ツイッター:sisioumaru