2024年は2月にワンフェス、3月にCarat3に参加したので振り返りとして。

■ワンダーフェスティバル2024冬
24/2/11 幕張メッセで開催。
国内最大級のガレージキットイベントであるワンフェス24冬にディーラー参加してきました。




・設営
前日設営は毎回のひそかな楽しみでしたが、今年は風邪が治りかけだったので断念しました。
千葉県内住みのメリットで当日は6時出発でも8時に会場入りできました。
9時半には設営完了できました。

今回から展示台はダイソーのマルチフリーパネルを卒業して、メタルラック+アクリル板で自作しました。理由は、観覧者の目線高さに合うようにしたかったのと、アクリル板だと単純に”かっこいい”からです。マルチフリーパネルはメリットが多く使いやすかったのですが個性を出しにくいとも思っていました。
材料費は12,000¥くらいかかりましたが、しっかり感もあるし、フレームのふちが見えずアクリル板の光沢で上質感が出せたと思います。
マルチフリーパネルよりは重いけど、長く使うと考えれば作った甲斐はあったと思います。




当日設営の雰囲気はこんな感じ。
展示台の組立はそれほど難しくなくて、20分くらいでできました。
アクリル板の裏にテープ型磁石を貼り付けたので、メタルラックとの相性もよかったです。




今回から9時半以降は会場までトイレが使えない(転売ヤーが隠れること防止)だったらしく、ちょうど9時半ごろにトイレを出たところで気づいて危なかったです。


・販売内容
出品したのはコミック版 幼女戦記から、
・スケールサイズの”ターニャ・デグレチャフ少佐(再販)”
・デフォルメした”ターニャ・デグレチャフ少佐”(ワンフェスでは新作)

となりのフィギュア原型師からは、
・”滝館おこめ”
・”羽喰ひたき” でした。

スケール版のターニャさんは蔵出しの1個しかなかったのですが、無事お迎えしてもらえました。
新規複製は難しいため、これにて完全終売となりました。

でふぉるめターニャさんは持ち込みの半分くらいお迎えしてもらえました。
あと1, 2回のイベントで終売になるかもしれません。


・会場の雰囲気
私の周辺(1ホール)ではあからさまなディーラーダッシュはほとんど見られなかったと思います。
ゆったりとはじまって来場者がだんだん入ってきて、お昼くらいいなるとかなり賑わっていた印象です。

通りがかりの来場者さん(主に女性)からはターニャさんを見て、”かわいい”と言ってもらえることが多かった印象です。展示台の裏で、そうでしょうそうでしょうと思いながら聞いていました。

あと、ニコニコ生放送からインタビューしてもらいました。
しどろもどろで受け答えになってしまいましたが、初めての経験で楽しかったです。
動画はこちら


ワンオペのディーラーなので、ワンフェス中は常にお客さんが気になってあまり出歩けませんでしたが、モトッチさん(ディーラー名:覇車)のターニャさん胸像は写真に撮れました。
お迎えしたかったけれど売り切れ・・・すごくかっこよかったです。





なんだかんだあってもワンフェスは1年(半期)の大イベントなのでワクワクしながら参加しました。
イベント前は精神的につらくて、早く終わってくれーといつも思っているけれど、いざ終わっちゃうと、さてまた次に向けてやるかという気持ちになりますね。


■Carat3
24/3/9 浅草の東京都立産業貿易センター(台東館)で開催。
ワンフェスなどで購入したガレージキットなどをモデラーさんが作品として完成させたものが展示されるイベントでした。




私は自前のキット(幼女戦記関係)の完成品を展示しました。
ほとんど展示したことのない作品も含めて一挙放出という感じで。



ターニャさんの胸像はやはり大きくて目立つので、よく見てもらえた感じがします。
また、知っている人は知っている、エレニウム九五式も、気づいた方には褒めてもらえたので承認欲求がとても満たされました。


1日通して会場内は人が多く、歓談が溢れている印象でした。
ワンフェスのような大規模イベントと異なり、展示のみなので、皆さん見に来ること(交流すること)が目的だからでしょう。
私もイベントやねんど会などで知り合った方と話すことができたり、ツイッター繋がりの方とじかに挨拶ができたりと、たくさん話せたのは充実でした。販売ものないのでうろうろしたり雑談していると、思った以上に時間が過ぎるのも早く感じました。


隠しイベントととして、グリズリーパンダさんに見てもらうものを展示する(お題は自由)という企画があったので、私も参加しました。
パンダ店長をレリーフにした金メダル(一等賞、10万円)を作ってみました。



会期序盤はグリパンさんの卓(同人グッズのみ販売)も空いており、ステッカーの購入とご挨拶ができました。ガレキ界隈のレジェンドにお会いできたのが密かなよろこび。


本イベントは塗るマンの作品が集っているので、展示品は力作がたくさんありました。ちょっとご紹介


モデラー:ライ・ヨッパさん
隣卓でご一緒しました。語彙力無いですが塗装がすごくきれいでした。



モデラー:TOMさん
ブリジットちゃんの2次元ゲーム風な陰影が特徴的で、いいなと思いました


モデラー:インデックスさん
フィギュア作品もきれいでしたし、アルコールインクアートの台座がまた綺麗で、試したくなりました


モデラー:ネコタッチさん


モデラー:みちまさん


モデラー:MEGMIXさん
マーズアタックが懐かしい。実物は大きさもあって迫力がありました


モデラー:Masaki Hayashiさん
左上のオリジナル作品が特に目をひきました


モデラー:メモ忘れました
デブはぐちゃんがいる!と思い撮影


モデラー:Stan2222さん


■今後の予定
分かっている範囲では以下のイベントに参加予定です。
・ガレージキット関係
(1)ホビーラウンド30
24/5/11開催予定 場所はTRC東京流通センター
ディーラー参加は決まりました。
版権申請が通れば幼女戦記の新作1点、再販1点を予定しています。

(2)ワンダーフェスティバル2024夏
24/7/28 開催予定
ディーラー参加は決まりました。
版権申請が通ったなら、幼女戦記を数種持ち込み予定です。


・技術書典16
24/5/26 場所は池袋サンシャイン
サークル参加は決まりました。
3Dプリンタ×フィギュア製作に関する新刊を間に合うよう、鋭意執筆中です。



 ■新しい情報はX(ツイッター)で随時発信中です!
製作過程など不定期に配信しているので、こちらもチェックお願いします。
ツイッター:sisioumaru