May 06, 2004

Nation of Islamリーダー ルイス・ファラカンのスピーチ

ファラカン昨日2004年5月3日にC-SPAN(アメリカのスピーチや講義などを中継放送する番組)でNation Of Islam*のリーダー、ルイス・ファラカンのスピーチが放映された。

彼を見ると信用ならない蛇を連想する。多分、口のうまい詐欺師といった物言いからだろう。
けれども、1995年のミリオンマンマーチのスピーチには心を打たれた。 あの時は、多くの黒人男性が全身全霊をもって耳を傾けるべきメッセージを語ったと思う。

今回のスピーチは主にアメリカのイラク侵攻と現大統領についてのものであり、とても興味深いものだった。
誰から発せられようと真実は真実であり、事実は事実だ。
彼の言葉に何度も強く頷いている自分を見つけた。
下にいくつかの言葉を載せる。

*Nation Of Islam=マルコムXが生前所属していたことで有名な黒人種と白人種の完全分離を唱えた宗教団体。彼の脱退後、暗殺を企てたとの説もある。




●マスリム世界全体がこれを見て、過去に類をみない怒りと憎しみを持って立ち上がっている。これからアラブ・マスリム世界で米国人は殺され、将来米国人は旅行さえ出来なくなる日が来るだろう。

●この戦争はネオコングループの戦略である。ブッシュ大統領がイスラエル援助を固める意向を示しただけのものであり、米国民のためではない。

●(彼が2001年にブッシュに宛てて送った手紙より)「貴方が今現在考えている方法を続ける事は、テロリズムを増加させることはあっても、撲滅することは出来ないと私は信じます。」

●(ジョン・ケリーについて、マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を引用)「黒人の前進・向上において、白人穏健者*は時としてKKKメンバーよりも大きな敵となりうる。何故なら彼らは圧迫された人々(マイノリティー)の味方をして信頼されていながらも、”正義よりも秩序”を優先するからである。」
*「白人穏健者」とは悪の存在を分かっていながらも(政治的・宗教的に)物事を穏便に済ませようとし妥協を促す人々(特に白人政治家など)を指す。

●ブッシュはアメリカ政権をハイジャックした。
(正にその通りである!! テロの行動と並べて彼の不当な大統領就任をハイジャックと呼ぶとはあまりに的を得た表現。)


実際にスピーチを見たい方はこちらをTRYしてみて下さい。

Final Call(Nation Of Islamのウェブサイト)
C-SPAN(ビデオサーチで「Farrakhan」をサーチしてみて下さい)








sistah at 10:14│Comments(3)clip!ニュース・記事 

この記事へのコメント

1. Posted by berry   May 06, 2004 22:39
今のアメリカは全世界を敵にまわしかねない・・・と思います。
ブッシュ政権のせいで・・・。
2. Posted by nee_nah   May 06, 2004 23:08
Sistahちゃん、記事、興味深く読ませてもらいました。無知と差別の違いについての記事もすごく納得した。

知り合いの日本人のおじさんは無知の典型だよ。自分が黄色人種だということを忘れてる。アタシの彼がブラックってこと知ってて平気でブラックのこと批判するんだよ。もちろんアタシは怪しげな笑みをうかべてるけどね。

今朝の新聞で、ブッシュ大統領がイラクのミリタリーがイラク囚人を虐待したことに対して謝らなかったって問題になってた。間違ったことに対して謝れないヒトが国のリーダーなんだから、もう終わってるよね?
3. Posted by nee_nah   May 07, 2004 03:11
↑ごめん。間違えてる。イラクのミリタリーじゃなくてアメリカのミリタリーがイラク囚人を虐待した、ってことを言いたかった。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
全記事リスト
Archives
Categories
Profile
シスタ
アメリカ在住約15年のしすたといいます。