今日も師匠が撮れと言う

昆虫を中心に様々な自然に遊ばれる

ネコハエトリ正面

「何か用か?」です。

001

ハエトリグモ、これも「お気に入り」です。
別に姿がどうとかではなく、見てると面白いので。

002

レンズを向けるとパッとこちらを見ます、そして様子を窺い次の行動をします。
その目はまさに「何かを考えている」目です。
いえ、そう見えてしまいます。

ハエトリグモの正面顔は、なにか特別な魅力を感じてしまいます。
綺麗とか、カッコイイとかではないのですが、なんと言うか
こちらを見る目に、吸い込まれるような…

超どアップの写真を時々見ます、撮り方も少し調べてます。
しかし出来るかどうか… 何時かは撮りたいで終わるかも。

クワキヨコバイ2

綺麗な翅のクワキヨコバイが撮れました。

001

前回は翅の色が納得できず、かなり迷いました。
個体差、もしくは♂♀の違い? 

002
003

ただ、このクワキヨコバイ「その一種」が多いようです。
前にも書きましたが… いろいろ混ざっているのでしょうか?
まぁ気にせず行きます。

このヨコバイの仲間、愛嬌があって好きな部類です。

なので思わず撮ってしまうこともあるのですが、撮ろうとすると
横這いして隠れてしまうことが多いです。

ムッとしますが、それも可愛かったり?して。

チビタマ

前にも書いたと思いますが。
これがタマムシの仲間とは、今だにビックリです。

001

マジ極小です、肉眼だとゴミ、葉っぱのシミです。
失礼な表現、チビタマに謝ります。でもゴミにしか見えません…

002
003

遅れましたが、多分「クズノチビタマムシ」だと思います。
大きさ3ミリ程です、ゴマ粒です。

珍しく翅が広がったのも撮れたので。

004

このチビタマ、よく分かりません、理解できません。
結構種類がいて、違いが微妙です。

私のいちばん苦手な「専門的な知識」です。

不明クモ

分かりません… いきなりですが、大変申し訳ありません。

001

何かとても存在感があったので撮りました。
簡単には同定できないだろうな〜と思いながら。

002
003

案の定です、分かりません、不明です。

しかしせっかく撮ったし、このまま不明フォルダに入れて置くのも悔しいので。
(自分の実力不足を棚に上げて悔しいとか言う問題ではありませんが)
表に出させていただきます。

オニグモの仲間だとは思うのですが、そこから先が進みません。
「コゲチャオニグモ」が近いような気もしますが、決定打がありません。
いや、それにこだわってるから分からないのかも。

こんなのばかり沢山増えてます…

マルカメムシ

二回目です。
いえ、前回あまりにも酷かったのでもう少し真面目にと思って。

001

相変わらず、う〜〜ん…です。

002

だったら二枚もUPするな! なんですが、なんとなく一枚では寂しくて。

クズやマメ科の植物でよく見られます、結構集団でいることも多いです。
前回も書きましたが、とにかく悪臭とも言うべき匂いを出します。
子供の頃草原を走り回っていて、よく匂いを付けられた事があります。

記憶にありません? 指で触って匂いを付けて、その指を友達の鼻に近づけて…

腹部全体が発達した小楯板で覆われています
要するに三角の部分が無いとゆうことです。
何となくゴツく見えるのはそのためでしょうか。

最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ