2005年05月

2005年05月31日

05/31(火) 仕手株ブログコメント

本日の仕手株マガジン銘柄は、先日に引き続き○○○5が二日連続ストップ高買い気配で引けている!! 先週末くらいに安値で仕込めた会員の方、おめでとうございます。中には先週半ばに手仕舞いした方もおられることでしょうが、個々の資金規模は違いますので、次にご期待ください。その他では、2440ぐるなび大幅高!! 2722アイケイも大幅高! 仕手株筆頭だった6316丸山、8291東日カーライフグループも本日高いが、丸山に関しては以前、会員の方にお伝えしたとおりだ。だが、仕手株は、常に状況が変化するもの。情報のスピードが命ということがよくご理解いただけたことと思う。今後の情報に要注目!! 最近、会員のかたにお伝えした情報も上々の展開! 中でも、3○○○は今後が楽しみだ。その他も上げ下げ混合だが、先日に引き続き全体的に高い!! みなさんのポートフェリオも上々でしょう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



先日のNY市場は、休場。本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3100万株、買い2300万株、差し引き800万株の売り越しとなった。寄付き後さえない動きとなっている。ハイテク株が高安まちまち。全般的に、模様眺め気分が強い。日経平均は1万1250円前後で推移している。弱含みのもみあい、利益確定売りも出ている。前場東証1部騰落数では、値上り数742、値下がり数706、変わらず197、となった。前場、日経平均は前場引け11,235円73銭-30円60銭安となった。後場からは、前日比プラスとなり、模様眺めで相変わらず推移した。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1191、値下がり銘柄数333、変わらず122、と買い優勢となった。日経平均は大引け+10円26銭高で引けました。


⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら
⇒本家 仕手株マガジン

2005年05月30日

05/30(月) 仕手株ブログコメント

本日の仕手株マガジン銘柄は、先週、会員の方にお伝えした、○○○5がストップ高買い気配で引けている!! 2721ジェイホーム大幅高!! 4308Jストリーム大幅高!! 8889アパマン、4304Eストアーも高い! これまた、先週にお伝えしたものですが○6○○、2○○○、○5○○大幅高!! その他は上げ下げ混合だが全体的に高い! だが、いずれも深追いは禁物である。がんばりすぎず、降りるべきところに来たら、気持ちよく降りましょう。我々の投資はいつでも参加できるし、トータルで利益を上げることが目的なのだから!ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたいところだ。



先週末のNY市場は、朝方発表された4月の個人消費支出(PCE)は市場予想を若干下回ったものの、3月の数値が上方修正。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の参考にするPCEデフレーターは食品やエネルギーを除くベースで前年同月比1.6%増と、前月から上昇幅が縮小して好感されたが、5月のミシガン大学調べの消費者態度指数の確定値が市場予想を若干上回ったものの、5ヶ月連続の低下となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2890万株、買い3630万株、差し引き740万株の買い越しとなった。寄付きは小幅高となった。発表された4月鉱工業生産にサプライズ感はないものの、外国人投資家の買い越しや前週に引き続き、買い物優勢の展開となった。鉄鋼株・銀行株などが買われ、日経平均は1万1200円台後半で推移している。ヘッジファンドの決算対策売りが一巡したことで需給が改善されてきている。前場東証1部騰落数では、値上り数1240、値下がり数301、変わらず90、と買い優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,273円71銭+81円38銭高となった。後場からは、前場同様の展開で変わらずでした。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1241、値下がり銘柄数313、変わらず93、と買い優勢となった。日経平均は大引け+74円0銭高で引けました。



⇒極秘情報をいち早くキャッチできる会員入会案内はこちら
⇒本家 仕手株マガジン

2005年05月27日

05/27(金) 仕手株ブログ コメント

本日の仕手株マガジン銘柄は、総合的に見てマチマチの展開だった。年間を通してみれば、こういう日も多々あることでしょう。ということで今日は、仕手マガの早耳情報についてお伝えしたいと思う。早耳とは最近トレードを始めた方にはなじみが無いかもしれませんが、いわば(サイダー)のことだ。もちろん、すべてが予定通りに運ぶわけではないが、それを知らずにトレードするのと知った上でトレードするのとでは大きな違いがある。当サイトでは現在2件早耳情報を掲載している。このような情報は鮮度が命なので内容を知りたい方は、早目のご入会をお勧めしたい。ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたいところだ。



昨日のNY市場は、米国内総生産(GDP)の上方修正発表を受けて、NYダウ、ナスダック総合指数ともに反発。商務省が発表した1〜3月期の米実質GDP改正値は、年率換算で前四半期比3.5%増と速報値の3.1%増から上方修正された。景気の底堅さが確認できたとの見方で、米国企業の先行きに対して楽観的な見方が広がり、反発となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り3160万株、買い3320万株、差し引き160万株の買い越しとなった。寄付きは米国株高を受けて、ハイテク株や自動車株を中心に幅広く買い物が先行し、続伸となった。その後買い一巡し、日経平均は1万1100円台のもみあいで推移し、10時過ぎより再び上値を追う展開となった。HOYA、キャノンなど国際優良株が年初来高値を更新したほか、先物に断続的な買いが入ったことで、優良株・好業績株に買い安心感が出た。前場東証1部騰落数では、値上り数1097、値下がり数415、変わらず122、と買い優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,149円84銭+121円90銭高となった。後場からは、前場同様に大きく変化無く推移し、ただ前場買われた一部の材料株が、週末特有の利益確定売りに押された。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1070、値下がり銘柄数443、変わらず130、と買い優勢となった。日経平均は大引け+164円37銭高で引けました。



  新規会員募集

2005年05月26日

05/26(木) 仕手株ブログコメント

本日05/26の仕手株マガジン銘柄は、4304Eストアー!!ストップ高買い気配で引けている。この銘柄に関しては既に利食っていた方とまだ手仕舞いせずに持っていた方と半々くらいだろうか。今後はより資金効率の良い銘柄に乗り換えても良いかもしれない。7717ブイ・テクノロジーも46000高と大幅高!!こちらはとりあえず大きく下げない限りは暖かく見守り、利益を育てたいところ9○○○も本日、大幅高!!感触としては上に同じだ。その他は、こまごまとした上げ下げ混合だが、くれぐれも深追いはしないように! 良くないものは思い切ってきりましょう。それが相場で最終的に利益を残す為の大きなコツです。仕手株マガジン銘柄は、トータルで利益を出すことを目的としていますので、もちろん、利益のときはよほどのことが無い限りドン!と構えましょう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



先日のNY市場は、下落。原油価格が1バーレル=51ドル台になり、2週間ぶりの高値となったことを嫌気。原油情勢が依然として不透明であることを懸念された。ハイテク株では、ネットワーク・アプライアンスが市場予想を下回る業績見通しを発表して売られたことから、ナスダック総合指数は9営業日ぶりに反落した。航空機大手のハネウエルインターナショナルや3M、建機のキャタピラーなど景気敏感株が下落した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4330万株、買い2950万株、差し引き1380万株の売り越しとなった。寄り付き前の板状況では、大手銀行株が売り優勢となった。寄付きは小反発で始まったが、その後日経平均は1万1000円をはさんでもみあいとなっている。米国株が下落したことから、積極的な買いが入らず、上値の重い展開となっている。鉄鋼株やハイテク株は売り買いまちまちの動きで、銀行株は売り先行。前場東証1部騰落数では、値上り数580、値下がり数914、変わらず135、と売り優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,010円33銭-4円10銭安となった。後場からは、日経平均は、前日終値の1万1000円前後をプラスになったりマイナスになったりする状況が続き、2時半以降からややプラスの展開となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数629、値下がり銘柄数873、変わらず135、となった。日経平均は大引け+13円51銭高で引けました。


2005年05月25日

05/25(水) 仕手株ブログコメント

本日の仕手マガ銘柄は、まず、6316丸山製作所!! 先日、会員ページにてお伝えした内容の影響もあり大きく下げている。丸山を購入していた会員の方にいたっては、今までの丸山の利益をみすみす減らすことなく、手仕舞うことができたでしょう。このような場面で本物の情報を得ることができるか否かが株式投資では重要になってきます。地合いが悪いときに損失を小さく抑えることが、トータルの利益を大きく残す結果へ繋がります。そんな中、まず、4792TFPコンサルティング大幅高!! お持ちの会員の方は、注意深く見守りながらも、できる限り利益を育てていただきたいところだ。2440ぐるなびこちらも高い! ただ、この銘柄に関してはきっちりロスカットを入れながら管理するのが得策だろう。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい。



先日のNY市場は、反落。この日発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、FRB(連邦準備理事会)が一連の利上げのペースを緩めない姿勢を示したことを受けて反落。ナスダック総合指数は8営業日連騰となり、5年ぶり。NY原油先物価格(WTI)は1バーレル=49.94ドルまで上昇して、引けは1バーレル=49.67ドル+0.51ドル高で再続伸した。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4840万株、買い3060万株、差し引き1780万株の大幅売り越しとなった。寄付きは小幅続落。日経平均は1万1000円台で弱含みの小動き推移となっている。材料に乏しいことから方向感が定まらないことで、買い手控えの状況。全体としては利益確定売りが多く、売り先行の状況。また鉄鋼などの景気敏感株の軟調が目立ち、海外勢の売りが継続していることから、上値の重い展開となっている。信用残高が依然3兆円以上の高水準となっていることが、売り圧迫要因が強く、信用残高整理待ちの状態である。前場東証1部騰落数では、値上り数294、値下がり数1223、変わらず125、と売り優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,047円16銭-86円49銭安となった。後場からは、丸山製作所、沖電線、東光電気、東日カーライフ、ルシアン、石川製作所、など一連の仕手株が利益換金売りから大幅に売り込まれ、大きく値崩れする相場となり、それが他の銘柄にも波及し、仕手株全般に嫌なムードとなった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数199、値下がり銘柄数1379、変わらず68、と大幅な売り優勢となった。日経平均は大引け-119円22銭安で引けました。

 



会員入会案内はこちら

2005年05月24日

05/24(火) 仕手株ブログコメント

本日の仕手マガ銘柄は全体的に冴えない展開だった。その中でも頑張ってくれたのが、4663ATLシステムズ、4792TFPコンサルティング、2722アイケイ、3411オートリだろうか。その他の銘柄は、全体的に少し下げたものが多かったが、ロスカットルールを守っていれば利益を大きく損失を小さくと難なくクリアできる範囲でしょう。株式投資は勝ち続けることは不可能だが、トータルとして利益を積み重ねていくことは十分可能だ。まだ、ご入会がお済でない方も、本物の情報力で取引する楽しさを是非味わってもらいたい今日この頃です。



先日のNY市場は、上昇。石油セクターとソフトウエアセクターが証券会社による投資評価引上げを受けて買われた。ナスダック指数は7営業日連騰で過去半年で最長の上昇となった。原油相場が引き続き低迷推移したことに支えられた。米国経済が安定した状態と判断され好感された。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2680万株、買い3140万株、差し引き460万株の買い越しとなった。寄付きは続伸が始まった。米国市場でナスダック総合指数が7連騰したことから、ハイテク株が全般にしっかりとなっている他、銀行株、自動車株も堅調。日経平均は1万1100円台後半でもみあいの状況となっていて下げ渋る展開だが、利益確定売りに値を崩す銘柄も出ている。外国人がハイテク・自動車にバスケット買いを入れているもようで、堅調に推移。前場東証1部騰落数では、値上り数724、値下がり数763、変わらず155、という状況となった。前場、日経平均は前場引け11,160円68銭+2円03銭高となった。後場からは、模様眺めの中利益確定売りに押され、相場は一段と下落。前場小高い銘柄も、後場から値を消す形になった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数560、値下がり銘柄数971、変わらず114、と売り優勢となった。日経平均は大引け-25円0銭安で引けました。



2005年05月23日

05/23(月) 仕手株ブログコメント

本日の仕手マガ銘柄は、ナカナカ好調!! まず、2721ジェイホームストップ高買い気配2440ぐるなび大幅高!! 8173上新電機も上々! 6887日本エルエスアイカード本日高い目先は要注意! 少し前に配信した8887リベレステ・8894原弘産も大幅高!! 利益を残す為にも厳格にロスカットルールを守りながら取り組みたいところだ。その他の銘柄は上げ下げ混合ではあるが、地合いの牽引もあって堅調だ。他のサイトでちらほら話が出ているが、2○○2○月にある発表があるらしい。時期をみて
すこしづつお伝えしよう。



先週末のNY市場は、反落。過去10年にわたって1万以上のガソリンスタンドに対し、不当に高い価格でガソリンを売っていたとして、裁判所から損害賠償請求が下ったエクソン・モービルの下げが、株価の重しになった。これによりエクソン・モービルは13億ドルのコスト負担になった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4080万株、買い2910万株、差し引き1170万株の売り越しとなった。寄り付き前の板状況では、横河ブリッジが売り優勢。橋梁談合事件で同社の部長が主導的役割を果たしたと報じられ、談合に係わった石川島播磨重工業なども売り優勢になった。寄付きは小反発。米国ナスダック高や1ドル=108円台と為替が円安基調になったことで、ハイテク株が再び売り越しに転じたことで上値は重い展開となった。引き続き、好決算銘柄を買う展開になっているが、商いは低調。前場東証1部騰落数では、値上り数813、値下がり数696、変わらず135、と買い優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,073円20銭+35円91銭高となった。後場からは、全体に買い安心感が出て一段と値上りした。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1004、値下がり銘柄数523、変わらず120、と買い優勢となった。日経平均は大引け+121円36銭高で引けました。


会員入会案内はこちら

2005年05月20日

05/20(金) 仕手株ブログコメント

本日の仕手マガ銘柄は、7717ブイテクノロジーまずまずの値動き、7946光陽社大幅高6316丸山製作所油断はできないがまだ終わりではないだろう。8889アパマンショップも配信以来すばらしいパフォーマンスを出し続けている。その他の銘柄は上げ下げ混合ではあるが、本日は若干、値下がりが目立った。もちろん、こういう日もあるということはご理解いただきたいところだ。当方の情報はサイダーちっくなものが多く含まれるため、株価に反映されるまでに時間がかかることもある。サイダーの大まかな情報もご希望があれば少しづつヒントを出していこう。まだ、ご入会がお済みでない方も、本物の情報で取引をする楽しさを味わってもらえればと思います。



昨日のNY市場は、続伸。4日連続で値上りに。原油価格が3ヵ月ぶりの安値近辺で推移したことが相場に安心感をもたらした。一方この日発表された経済指標はまちまちの内容となったものの、週間の新規失業保険申請件数が前日から改善したことは好材料となった。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り2670万株、買い4470万株、差し引き800万株の買い越しとなった。寄付きは小幅続伸。米国株高を受けた全般に買い優勢が始まったものの、積極的に上値を追う材料に乏しいことから伸び悩む展開になっている。日経平均は1万1100円付近でもみあっている。買い一巡後は伸び悩む展開になった。前場東証1部騰落数では、値上り数648、値下がり数832、変わらず166、と売り優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,063円10銭-14円06銭高となった。後場からは。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数565、値下がり銘柄数945、変わらず142、と売り優勢となった。日経平均は大引け-39円87銭安で引けました。



2005年05月19日

05/19(木) 仕手株ブログコメント


仕手マガ銘柄は、7717ブイテクノロジーストップ高2326デジタルアーツ大幅高3711創通エージェンシー大幅高
おめでとうございます。その他の銘柄も上げ下げ混合ではあるが、会員の皆様には明らかに全体のパフォーマンス的には、かなり良い水準であることに気付いて頂いていることと思う。ここのコメントに乗る前の仕手マガ銘柄を取引すれば、まず、年間を通しての利益は確保できることだろう。もちろん、厳格なロスカットを実行した上でのことだ。まだ、ご入会がお済みでない方も、本物の情報で取引をする楽しさを味わってもらえればと思います。


先日のNY市場は、続伸。NYダウは5週間ぶりに高値に上昇。この日発表された4月の消費者物価指数(CPI)で振れの大きい食品とエネルギーを除いたコア指数が落ち着いた内容となったことや、原油価格が3ヵ月ぶりの水準に値下がりしたことを受けて、利上げ懸念は遠のいたことで続伸。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4070万株、買い4390万株、差し引き320万株の買い越しとなった。寄付きは堅調。米国株高を好感し、幅広く買いが先行している。外国人投資家が久々に買い越しに転じたことで、買い安心感が広がり、全面高の様相となった。前場東証1部騰落数では、値上り数1380、値下がり数193、変わらず74、と買い優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け11,037円14銭+201円73銭高となった。後場からはジリジリと全体に上がり始め依然として買い物優勢の展開となった。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数1398、値下がり銘柄数194、変わらず57、と買い優勢となった。日経平均は大引け+241円75銭高で引けました。


2005年05月18日

05/18(水) 仕手株ブログコメント


昨日のNY市場は、続伸。スノー米財務長官が公表した為替報告書で、中国に対して、人民元の柔軟性に向け中間的な措置を求めるにとどめたことで、米中間の緊張が緩和された。また、この日発表された経済指標は、まちまちの内容だった。住宅着工件数の増加に対し、卸売り物価指数の上昇などであった。ホームセンター大手のホームデポの決算内容が好調だったことが相場を下支えした。それを受けて本日の東京株式市場は、寄付き前の外国人投資家の売買動向では、売り4500万株、買い2560万株、差し引き1940万株の売り越しとなった。寄付きは反発。昨晩の米国株高を受けて、全般に買い優勢で始まったが、戻り売り圧力も強く、日経平均は1万0800円でもみ合っている。個人投資家の信用買い残高が依然多くあることから、上値を追いにくい展開となっている。今まで下げていた、鉄鋼株、海運株が今日は反発している。前場東証1部騰落数では、値上り数840、値下がり数668、変わらず139、と買い優勢状況となった。前場、日経平均は前場引け10,878円93銭+53円54銭高となった。後場からは、買い一巡後は日経平均は伸び悩んだ。後場東証1部騰落数では値上り銘柄数745、値下がり銘柄数774、変わらず129、となった。日経平均は大引け+10円02銭高で引けました。


本日の仕手マガ銘柄は、8889アパマンストップ高、2721ジェイホーム3日連続ストップ高、3360グリーンホスピタル1対5の分割発表、2722アイケイ大幅高、7618ピーシーデポこちらも大幅高!! 他の銘柄も上がっているものばかりではないが、下げているもので目に付くものはEストアーくらいではないだろうか。すでにご入会いただいている方はご存知だと思うが、仕手マガの銘柄はトータルで見れば、今まで必ず利益でている。くれぐれも、少ない銘柄数に大幅なリスク(リターン)を取ることは避けましょう。株式相場はトータルで利益を出すものである。まだ、ご入会がお済みでない方も、本物の情報で取引をする楽しさを味わってもらえればと思います。



会員入会案内はこちら
sitekabu_magazine at 00:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)